• Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834250985

作品紹介・あらすじ

美しく、怖い話をいたしましょう。女性作家10人が描く異形の世界。いつまでも、終わらない悪夢…恐怖と悲劇の書き下ろし競作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 岩井志麻子、恩田陸、花衣沙久羅、加門七海、島村洋子、霧島ケイ、
    藤水名子、藤木稟、森奈津子、山崎洋子

    女流作家10名による怪談アンソロジー、時代劇調です。

    『溺死者の薔薇園』(岩井)…うすら怖いけど優雅で耽美な怖さ
    『一節切・ひとよぎり』(花衣)…人形もの美しい、静かな怖さ
    『婆娑羅・ばさら』(霧島)…呪、陰陽師系、一番好き!
    『水神』(藤木)…水底の水神様の描写が鳥肌、これも好き!

    期待していた恩田さんと加門さんは…私的には不発に感じた。
    色々な作家さんのライトな会談が楽しめました。

    『婆娑羅』に出てくる八角の『夜の闇より暗い人の闇がある』…
    この一言につきるような気がする。。。
    一番こわいのは生きてる人間かもね。

  • 怪談集…ということですがさほど怖くありません。短編集なのでわりと読みやすいです。
    個人的に「婆娑羅」が一番好き。漫画みたいに一コマ一コマが浮かんできて。「長虫」は読み終えたあと寒気しました。

    07'6'13

  • 恩田陸と岩井志麻子目当てで読んだ。どの作品も恐ろしくて、けれど美しい。「溺死者の薔薇園」「紅差し太夫」「水神」がとても魅力的だった。もっと続きを読みたいと思った。

  • 3

  • タイトルと装丁に惹かれて。
    目次や各作品のタイトルも雰囲気が統一されていてよかったです。
    「左右衛門の夜」「ついてくる」が印象的でした。

  • スピンオフだろうかと思えるものもあったが、雰囲気のある作品が多く、なかなか面白かった。期待していた作家さんより、そうでなかった作家さんのほうが意外と楽しめたりするのも、アンソロジーならではと言えるかもしれない。

    <収録>
    『溺死者の薔薇園』岩井志麻子、『一千一秒殺人事件』恩田陸、『一節切』花衣沙久羅、『左右衛門の夜』加門七海、『紅差し太夫』島村洋子、『婆娑羅』霜島ケイ、『ついてくる』藤水名子、『水神』藤木稟、『長屋の幽霊』森奈津子、『長虫』山崎洋子

  • 怖かったのはさすが山崎洋子さん…
    霜島ケイさんのは面白かった!

  • 昔の怖い話のように語られるオムニバスの一冊。
    個人的には、左右衛門(加門七海著)の夜と水神(藤木稟著)が気になった。

    左右衛門の夜は、辻斬りを生業にしてる男、左右衛門が一晩を過ごそうと空き家に忍び込み、
    そこが、以前、恋仲になって自殺された女の家だと気づく。
    以前は辻斬りをなんの罪悪感も感じずなかった左右衛門だが、
    ある日を境に、死者の声が聞こえるようになる。
    そしてその夜、聞こえてきたのは、あの女の声なのか。。。それとも。。
    と、じわじわと暗闇からやってくる恐怖みたいな物を感じた。

    水神は。。以前レビューした、恋都のきつねさんに出てくる話に似てた。
    水の中には違う世界があって、そしてそこに1歩踏み込むと帰って来れない。。
    興味本位で覗いてみたら大変なことになる。。。
    おばあちゃんの言うことを聞かなかった子供たちが見たものとは。。


    全体的にそう怖くはなかったのだが、江戸時代や昔の独特な陰気さや雰囲気は、
    日本ならではのあのじめじめとしたやりきれない逃げ場のない、怖さがあった。
    いろんな作家さんが読めるというとこでは良かったかな。

  • 女流作家による、時代物の怪談アンソロジー。
    どれも雰囲気あって面白かった(´∀`*)

    いやあこういうのが書けるようになりたいもんです。

  • 詩的なタイトルと装丁の美しさが素晴らしい!
    表紙を見るだけでも価値がある。実際に見ないとこの美しさはわからない。

    藤水名子が絡んでいるということで、時代ものを期待してチョイス。
    時代もの半分、明治以降半分くらい?
    人気の高い様子の『婆裟羅』は、確かに面白かったけど、これは"怪談"ではなく"ファンタジー"の域ではないかな…。
    『一節切』『左右衛門の夜』が怪談らしい話の気が。
    『長屋の幽霊』はちょっと笑えて、『長虫』は嫌な話。
    他も作家さんごとの個性がはっきり出ていて、読みがいあり。
    恩田陸と藤水名子が案外平凡な感じだったのがちょっと残念。

    でもとにかく装丁が素敵。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年、岡山県生まれ。99年に「ぼっけえ、きょうてえ」で日本ホラー小説大賞を受賞。また、同作を収録した短編集により山本周五郎賞も射止める。他に『岡山女』『魔羅節』『チャイ・コイ』(婦人公論文芸賞)、『自由恋愛』(島清恋愛文学賞)など著書多数。

「2018年 『現代百物語 終焉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩井志麻子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする