チーズと塩と豆と

  • ホーム社
3.33
  • (34)
  • (120)
  • (191)
  • (38)
  • (10)
本棚登録 : 1197
レビュー : 194
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834251685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この手の企画もののアンソロジーってあんまり好きじゃなくて手に取っていなかったけれど、私の好きな作家ぞろいな事だし気が変わって読んでみた。
    そうそう、思い出した!
    これってNHKの紀行番組の企画だったんですよね。
    当時(って今もだけど)BSの見れない我が家だったから、番組を見れなくて悔しい思いをしたんだった。

    筆を取るのは今をときめく四人の直木賞受賞作家。
    角田光代、井上荒野、森絵都、そして江國香織。
    さすがにみなさん力があります。
    ヨーロッパの田舎が舞台になって登場人物も日本人ではなくヨーロッパの人々という縛りがあるから設定も雰囲気も似たりよったりだけれど、それぞれの作品に作家の個性が出てますね。
    読み比べるとホント面白い。

    私が一番好きだったのは井上荒野さんの「理由」。
    圧倒的に他の作品より良かったと思う。
    彼女独特のえぐ味がイタリア人気質やイタリアの風土に妙に馴染んで。
    森絵都さんはよく分からないけれど、角田さんや江國さんの小説の中にも食べ物はふんだんに登場している。
    でも井上さんの書く食べ物が断トツで美味しそうだなと日頃から思っていた。
    今回も登場するミネストローネがなんとも美味しそうで。
    こっちまで匂ってきそう(笑)

    角田さんと森さんの作品は内容も似ているけれど、作品自体も日本人作家が書きましたーって感じかな。
    ヨーロッパが舞台なのが無理があるというか。
    森さん、久々に読んだけれどなんだか爽やかだな。
    四人の中では一番アクがない。
    他の作品も読んでみようかな。
    江國さんの話、これ読んだことあるー!ご自身の短編集に入ってるのね。
    楽しみにしてたのに・・・。いや、良いんですけどね。
    あ、江國さんは日本が舞台だろうと外国が舞台だろうと気になりませんね。
    どこが舞台でもふわふわと非日常的なのは変わりないから(笑)

    読み終わってみて・・・。
    やっぱり番組が見たかった!
    自分の好きな作家が実際に異国を旅して美味しいものを食べてそれをドラマにして。
    うーん、悔しい。

    • メイプルマフィンさん
      vilureefさん:私もまたまたおじゃまします。
      このBSの番組、私、見たんですよ。角田さんのとこだけ。
      めっちゃ楽しみにして見た割に...
      vilureefさん:私もまたまたおじゃまします。
      このBSの番組、私、見たんですよ。角田さんのとこだけ。
      めっちゃ楽しみにして見た割には、あまり印象に残らなかったな~。
      ドラマ部分も、海外の方達が演じているのにちょっと違和感感じました。
      いい話だったのだけど、仰る通り「日本人作家が書きました」って内容だったので、
      日本を舞台に見てみたかったなと思いましたわ。
      あくまでも私の個人的な感想では、そんなに悔しがらなくても大丈夫、というところです(^_^;)
      2014/07/07
    • vilureefさん
      メイプルマフィンさん、こんにちは♪

      おおっと、番組ご覧になったのですね!
      いいな~。
      でも期待するほどのものでもないのですね・・・...
      メイプルマフィンさん、こんにちは♪

      おおっと、番組ご覧になったのですね!
      いいな~。
      でも期待するほどのものでもないのですね・・・(^_^;)
      作家さんて林真理子さんとか故渡辺淳一さんとか一部の人以外はあまりテレビでもお見受けしませんよね。
      単純なファン心理で見てみたかったなと・・・。
      サラメシに角田さんが登場した回も見逃しました。
      そうそう、3月に東京で開催された公開トークショーも私の体調が悪く行けなかったし・・・。
      はぁ。
      作品を読むしかないですね(^_^;)
      2014/07/08
  • ヨーロッパの4つの国を舞台にした短篇小説です。
    4人の女性作家がそれぞれの国を実際に訪れ、その土地の取材を通して紡ぎ出した物語なのだそう。
    それぞれの土地が醸し出す空気感もすてきですが、なにより料理がすばらしく美味しそうなのです!

    4つの物語のうち、江國香織さんの「アレンテージョ」から立ち上る、気だるげで色っぽい雰囲気にどきどき。
    森絵都さんの「ブレノワール」はドラマを1本観たような、短篇であることを感じさせない充実感でした。

    どの物語も食にスポットが当てられていますが、ほのかなセクシーさが感じられるのが印象的でした。
    食と性ってどこかで通じているんだな。

  • 四人の直木賞作家の書き下ろしアンソロジー。という事で、角田光代さん井上荒野さん森絵都さん江國香織さんの短編集。

    この四人の中では、今までに江國香織さんの小説しか読んだ事がありませんでしたので、その他の方々はお初になります。たまたま図書館で目に止まり借りてきましたが、思いの外良かったです。

    ヨーロッパの田舎を舞台にした食と愛にまつわるお話。
    とにかく出てくる食事がとても美味しそうなんです。豆のスープやミネストローネ、ガレットなど。なんていうか、アルプスの少女ハイジに出てくるパンにチーズが乗っかっているだけなのにそれがとても魅力的に見えるみたいな感じで。

    4人の作家さんたちがそれぞれ現地に滞在して書き上げたそうで、なるほど〜と納得しました。この4作品は似てるというか、同じ様な空気があったので。

    井上荒野さんのはちょっと重かったけど、どの作品も素敵でした。

  • ヨーロッパの田舎を舞台に食べ物と絡めた話を4作。「直木賞作家が食べて書くヨーロッパの田舎」がテーマで以前BSプレミアムで紀行番組を放送し、それにより生まれた物語たちらしい。
    イタリアのピエモンテ(井上荒野)、フランスのブルターニュ(森絵都)、スペインのバスク(角田光代)、ポルトガルのアレンテージョ(江國香織)。私は行ったこともない場所だが、読みながら一緒に旅する気持ちになれた。
    私もちょっと遠出した時は、それぞれの場所でその地のものを食べる。不思議と食べ物でその地が分かる気がする。食べ物と土地と人は密接に繋がっていると思う。そんな事も感じられた一冊だった。

  • 表紙が可愛く、タイトルも素敵。
    それに人気作家さんのオムニバスなのでちょっと読んでみた。

    タイトル通り、4作品とも食事がらみ。
    そしてオシャレな外国が舞台で、登場人物ももちろん外人。

    私は森絵都さんの「ブレノワール」が好き。
    母と息子の関係、最後にじわっときた。

  • 表紙もタイトルも一目惚れ。角田光代、井上荒野、森絵都、江国香織が食とヨーロッパの田舎町をテーマに書いたアンソロジー。テーマが決まっているからか全体的な雰囲気にまとまりがあってひとりの作家が書いたと言われてもおかしくなく、それでいて4人の個性が出ている。物語のみならず、表紙、裏表紙、各話の扉、著者紹介などに添えられた写真もいい。

  • 4人の作家が描く食卓のお話。

    角田光代さんの「神様の庭」が良かった。泣いてしまった。

    食事の時間を栄養補給のための時間と考えるか、人生の中の重要な時間と考えるか、あるいはもっと違う意味を持つのか、その価値観が一致していないと共に生きるのは難しいのかもしれない。
    食べるということは、それ程重要で基本的な問題なのかもしれない。

  • スペイン語ができたらなぁと思う。
    (フランス語は、ダヴィンチコードにはまった時に少しだけそう思ったけど。)
    スペイン語の世界って、こんな感じなのかなぁ。
    実体験でのほんの少しのスペイン語の世界は、ただただ明るいそれを感じただけだったので、この本の中にあるそれぞれのストーリーから感じる様子はなかった。
    でも。
    こういうストーリーが背景にあるときのスペイン語の世界観はこんな感じなのかな?

    などとばかり考えてしまいながら読んだ。
    時々出てくる料理はおいしそうだなぁと思ったけれど。

    次はがっつり系の小説がよみたいとそろそろ思い始めてしまいました。

  • タイトルに惹かれたアンソロジー。

    一つ一つの作品は面白かったのだけれど、「食事=主人公、主人公の心境=脇役」というのを少し期待しすぎてしまったのかもしれない。

    本作は、あくまで主人公があって、彼/彼女らの気持ちが食事というツールで強調されている感じではあるものの、主人公の心境描写が若干強すぎる...ような。あくまで好みの問題だけど。


    個人的な趣味では、数としては圧倒的に少ないけれど、敢えてその(上記の)逆をやってしまうアンソロジーの方が好き。食事、という身体を形成するものに身体を動かされてて、衝動のあとに気付きがあるような描写に静かな野性のようなものを感じるから。

    江國香織の、バターに纏わる話とかその最たるものだと思うのだけれど。
    あの、こっくりとした一口の描写は目から染み渡る。バターが。

    私は少し乾いてしまったけれど、ヨーロッパの田舎の情景が大好きな人にはおすすめの一冊だと思う。

  • 4人の直木賞作家の短編集。各土地の習慣や料理や情景が描かれている。

    共通する料理の話は、料理が人や土地にとってどれほど大事かというのがわかるし、それで涙することも、怒ることもある家族や恋人などの関係も描かれていて面白い。美味しいものを食べたくなった。

    とても読みやすいけど読み応えがあって、こういう感性って素敵だなと思うところがたくさんあった。

全194件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

チーズと塩と豆とのその他の作品

角田光代の作品

チーズと塩と豆とに関連する談話室の質問

チーズと塩と豆とを本棚に登録しているひと

ツイートする