わるい食べもの

著者 :
  • ホーム社
3.69
  • (23)
  • (60)
  • (40)
  • (3)
  • (6)
本棚登録 : 626
感想 : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834253252

作品紹介・あらすじ

「いい食べもの」はもうたくさん!
気高き毒気が冴えわたる、異色の食エッセイ

WEB連載中からじわじわファンを増やし続けた話題作が、ついに書籍化!
幼少期をアフリカで過ごし、デビュー作『魚神』が小説すばる新人賞と泉鏡花文学賞をダブル受賞。『男ともだち』でも高い評価を得るなど文芸界のフロントを駆ける作家が、「食」をテーマに幼少期の記憶から創作の裏側、世の中への疑問まで多彩につづる初のエッセイ集。
「いい食べもの」情報が氾濫する今だからこそ、「わるい」を追求することで食の奥深さを味わい、ひいては生き方そのものを問う意欲作。

【内容紹介】
●アフリカ時代に経験した、米とアイデンティティの関係性…「おかかごはん」
●お洒落カフェで体にいいメニューを選んだら「鳥の餌」になった話…「『いい』食べもの」
●映画『グラディエーター』における衝撃の食シーン…「パンを投げる」
●食い尽くすはずが「食われた」、尾道の思い出…「ひとり旅」 etc.

【各氏絶賛!!】
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
チハヤは、見た目こそお洒落さんだが、中身は偏屈なジジイだ。
彼女が自分を基準に普通だと思っていることは、たいがいおかしい。
そんなチハヤがあるとき真顔で、
「エッセイってどう書くのかわからなくて……」と言った。
何を言ってるんだ、こんな凄いものを書いておいて。
千早茜はやっぱりおかしい。――作家・村山由佳
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
ユーモラスな毒と愛を持って綴られた食べ物たちは、
驚くほど魅惑的だ。
千早茜さんのエッセイは、日常的な食事さえも、
特別な一口に変えてしまう。――作家・島本理生
●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

【著者プロフィール】
千早 茜(ちはや・あかね)
1979年北海道生まれ。小学生時代の大半をアフリカで過ごす。立命館大学文学部卒業。
2008年「魚神」で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。同作で泉鏡花文学賞受賞。
2013年『あとかた』で島清恋愛文学賞受賞、直木賞候補。2014年『男ともだち』が直木賞候補、吉川英治文学新人賞候補となる。
近著に『人形たちの白昼夢』『クローゼット』『正しい女たち』など、共著に『犬も食わない』がある。本書が初のエッセイ集となる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 千早茜さんの初エッセイ!食に対する偏屈な自論がつまっていて、とてもおもしろかった。一つのエッセイの内容は軽すぎず重すぎずで、優雅な午後のおやつにちょうどよい口当たりです。

    美食家ではなく、好きなものを好きなときに好きなだけ食べることが好き。これまで読んできた食エッセイの中でいちばん共感しながら読めた気がします。
    卵からは生命の気配がしてはやく調理したいとか、学校給食の牛乳がどうにも薄気味悪く吐き気がするとか、童話の世界のまだしらないカタカナのお菓子にうっとりするとか、幼少時の食の記憶も重なるところが多い。
    身近な人のことや、作家になる前のフリーター時代のエピソードも隠すことなく書かれていて、千早さんがより身近に感じられた。ツイッターで普段たしかに食べ物の写真が多いなぁ!とは思っていたのですが、なんか他者の意見を寄せ付けないような尖った雰囲気のある人だと思ってたので尚更。
    エッセイでも偏屈っぷりは健在ですが、その食に対する姿勢が深く知れて良かった。帯に、「気高き毒気冴え渡る異色の食エッセイ」とあってみょうに納得しちゃいました。
    何を食べるか、大人になった私たちはもう全て自分で決められる。好きなものも嫌いなものも。千早さんに教えてもらって、そのとてつもない自由に胸が震えた。

  • 独身で一人暮らしの社会人。
    これまでの人生の中で、今がもっとも自由だな、と感じる。
    その理由は、なるほど、食の自由を謳歌しているからだとこの本を読んでしみじみと実感した。

    私も生粋の食いしん坊である。
    本の中に、物事がうまく進まない時に暴飲暴食に奔るエピソードがあったが、強く共感した。
    食いしん坊にとって、食は生活そのものであり、褒美でもあり、戒めでもあると思う。
    できるだけ好きな時に好きなものを食べたいから、そこそこ身体に気をつける。食べることを我慢するよりは、運動する方がマシだと感じる。これを食べたいから、頑張ろう、と気を引き締めてさせてくれる。
    ちなみに、私は物事がうまく進まないときはとりあえず辛いものを食べます。(できれば、蒙古タンメン中本のラーメン。)

    学生の頃に戻りたい、と言う人がよくいるけれど、あまりそうは思わないのはこういうことなんだろう。私は、好きな時に好きなように好きなものを食べたいです。そのためにも毎日きちんと働こうと思える。

    ただ不思議なことは、食事を共有できる人がいると何故だかもっと美味しく、幸せに感じるということだ。
    一人の方が自由であるはずなのに、とっても不思議。

    自由のそのもう一歩先の「美味しい」は、きっとこれから見つかるんだろうな。


    あとひとこと言いたいのは、「溶けない氷」のかき氷の話。本当に美味しいかき氷って、水の風味を楽しむことができると思うんですけど、どうですか?

  • 千早茜さんの初エッセイ集だそうだ。食べ物に関するエッセイ。面白かった。サラメシが好きとか、コーヒーが飲めないとか共通点もあって嬉しい。年も近いしな。前に勤めてた病院の先生とか、がんで入院したのに我慢できずモンブラン食べた洋菓子屋の奥さんとか、魅力的な人がいっぱい出てくる。担当T嬢しかり。続編もあるようなので、また読みたいな。

  • 帯にある通り「気高き毒気」を感じる食エッセイ。食の好みは少し合わなかったが「酒のせいじゃない、お前のせいだろうが!酒が好きならちゃんと味わえよ!」に共感した。
    味わうことを大切にし、甘いものを愛する気の強い人という印象を受けた。

  • 「胃袋も味覚もその人だけのもの」だから、体に悪くたって「自由という味を堪能する権利が人にはある」。
    これは確かにそうだと思った。
    体に良いことも大事だけど、胃袋が求める自由という味を堪能する幸せに身を任せてしまうことも生きることだと思う。

    人間は、おいしそうな描写に惹かれてしまうものだなぁ。

  • 文体が自分とは合わなかったので、斜め読み。

    ---
    ・小さいころから結婚欲がなかった。・・・結婚という概念は長らく私の中になかった。生涯を共にすることだともわかっていなかっただろう。言葉は知っていても、それがどういう意味を持つのか理解できない。臆病だったので、わからないことをしたいとは思わなかった。(p.139:このあと、『結婚した今も、やはりよくわからない』という記述があって「結婚したんかーい!」とツッコミをいれた)
    ・人に会うと暴食話をよく聞くようになった。・・暴食暴露会を開催してみたいとよく思う。(p.159)
    ・無数の本の中でまるで自分の半身のような物語に出会えたら、それは人生を支える宝物のひとつになる。(p.179)
    ・食いしん坊の恋愛猛者たちの食傾向と恋愛傾向は似ているところがあるように感じる(p.195)


  • 小説も好きだけどこのエッセイ読んで、千早さん自体がめっちゃ好きになってしまった\♡/"

    なかなかの暴食!笑
    気持ちいい食べっぷりです♬

    たとえ、なんの栄養にもならなくても美味だけのために口に入れる。
    お酒、お茶、お菓子、そういった嗜好品を愛する千早さん♡♡
    いわゆる美食家ではなく、好きな食べ物を好きなだけ食べる。
    共感したり、びっくりしたり、吹き出したり、面白かった〜!

    私もチョコレートはガーナが好き!
    ハチミツレモンも常備
    そしてケチャップまみれのナポリタンが好き〜
    続編も早く読もう!

  • 小説はどこかひんやりとした印象だけど、エッセイはすごく温かい。

    あまりにも食べ物が出てくるので、読んでるだけでお腹いっぱいになるから、ダイエットに効果的かもしれない。(笑)

  • 作者自身の食に対しての考え等を書いている。
    考えを突き詰めて突き詰めて、綺麗な話ができているのか
    ぶれずに、欲に従っているからなのか
    どっちかわからないが、どちらにしても綺麗な話の裏には甘いもので成り立っているのかとなんとなく思えた楽しいエッセイでした

  • 千早茜さん、小説はあまり好みではなかったが、図書館で見かけ借りて読んだ。
    面白い!
    軽いエッセイばかりなので、あるある〜と思ってる間に読み終わる。
    流石に文章が上手いので本当に読みやすい。

    親知らず抜糸の時、ご主人が作ってくれたすり流し、食べたい…

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1979年北海道生まれ。2008年『魚神』で小説すばる新人賞を受賞し、デビュー。09年に同作で泉鏡花文学賞を、13年『あとかた』で島清恋愛文学賞、21年『透明な夜の香り』で渡辺淳一賞を受賞。他の著書に『からまる』『眠りの庭』『男ともだち』『クローゼット』『正しい女たち』『犬も食わない』(尾崎世界観と共著)『鳥籠の小娘』(絵・宇野亞喜良)、エッセイに『わるい食べもの』などがある。

「2021年 『ひきなみ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千早茜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×