もみじの言いぶん

著者 :
  • ホーム社
4.00
  • (7)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834253276

作品紹介・あらすじ

Twitterで共感・感涙の大連鎖!
作家自身が撮影した愛らしい写真たちに、
愛猫のつぶやきを添えたオールカラーエッセイ。

――うち、ここにおるやん。
そばにおって欲しいなぁ〜思たときは、ぜったい居てるねんで。(本文より)

作家・村山由佳の盟友であり、17歳で今生(こんじょう)を旅立った三毛猫・もみじ。
彼女の軽妙洒脱(しゃだつ)な関西弁のことばが、時にユーモラスに、時に厳しく、時に切なく、私たちの心に沁みこんできます。
ペットの看取りやペットロス克服のバイブルとして。
大切な存在を失ったことのある、すべての人に贈りたい一冊です。

村山由佳ともみじの歩んだ道のりを中心につづったエッセイ『猫がいなけりゃ息もできない』は、発売後すぐ重版するなど、多くの読者から支持されました。
本書はそんなもみじの「言いぶん」を、作家自ら撮影した愛あふれる写真に沿えたフォトエッセイ。
連載最終回には「『もみロス』になってしまいそう」「また泣いてしまった」「励まされた」「勇気を持って一歩踏み出せそう」など、異例の大反響が寄せられたWEB連載が、オールカラーで待望の書籍化です!

【著者プロフィール】
村山由佳(むらやま・ゆか)
1964年東京都生まれ、軽井沢在住。立教大学卒業。93年『天使の卵―エンジェルス・エッグ―』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2003年『星々の舟』で直木賞を受賞。09年『ダブル・ファンタジー』で中央公論文芸賞、島清恋愛文学賞、柴田錬三郎賞を受賞。近著に『燃える波』『猫がいなけりゃ息もできない』『はつ恋』『まつらひ』などがある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もみちゃんのいない季節を春夏秋冬とぐるっとひとめぐりした感じ、よくわかる。その季節毎に思い出がたくさんあって、それを笑ったり泣いたりしながら家族で話す時、もういないんだという気持ちと、姿こそ見えないけれどいつもそばにいるんじゃないかという気持ちの両方がする。我が家の長男猫は甘いお菓子が好きだったので、私が食べている時などは絶対に隣にいると思う。

    長男猫を亡くしてから、村山さんのようにネットではなく、保護猫の譲渡会を二度程訪れた事がある。長男猫の生まれ変わりを探しているつもりではなかったけれど、どうしても同じ色、同じ模様の子に目が行ってしまい、どこかで探している気持ちがあったのかなと感じた。少し時間が経ち、もしまたどこかで生まれ変わった時は、探さなくてもきっと会えるだろうからなどと考えていた頃、次男猫に出会った。そして家族みんながこの子は長男猫の生まれ変わりなどではなく、この子はこの子なんだと笑い、それでいいと思った。だって私たちは今生で長男猫の生まれ変わりに出会ったら、絶対にわかる自信があるし、次男猫とも前世で出会っているはずだもの。

    村山さんのように上手に出来る訳でもなく、下僕体質でもないつもりだけれど、我が家の息子猫たちに言わせれば私は遣えない下僕なのかもしれない。いや、きっとそうだ。
    『猫がいなけりゃ息もできない』『もみじの言いぶん』と続けて読ませて頂き、猫を愛する者として純粋で切ない気持ちに共感し泣いた。


    もみちゃんへ
    もみちゃんは次はどんな高貴で麗しい毛皮を纏って生まれて来るの?どんな毛皮でもかーちゃんはきっと、もみちゃんだとすぐに気が付いて、お帰りって抱き締めてくれるよ。そうしたらもみちゃんは何て答えるの?かーちゃんと、とーちゃんのところに生まれ変わって来たらまた教えてね。楽しみにしています。

  • 村山さんの小説は随分昔に読んだことがあったくらい。この作品はネットで知った。猫好きで猫と一緒に暮らしていることも初めて知った。見た目の愛くるしさと、こってこての関西弁での口の悪さが妙にマッチして、しばしば泣きながら笑った。愛情ダダ漏れの写真と文章、ほんまによかった。

  • Twitterで見かけて、読みたいと思った。

    村山さんのTwitterフォロワーで、もみちゃんのことは知っていた。
    虹の橋を渡った時のこと、覚えている。
    その後、「ねこいき」を出されていたことは知らなかったので、先にこちらを読んでしまった。
    このあと、「ねこいき」を読みたいと思う。

    もみちゃんの関西弁、とっても良い。
    誇り高いもみちゃんの言葉の裏には、かーちゃん、とーちゃんへのとっても深い愛が含まれている。
    優しく優しくなれる。

    もみちゃん、もうちょいしたら、かーちゃんのとこへ戻ってあげてな。

  • もみじの関西弁、好きだわ。

  • 前作の『ねこいき』は積んであって、まだ読んでません(web連載はチェックしてました)。こちらを先に読んじゃった。
    私は犬派ですが、もみちゃんは特別。村山さんのファンだからということもありますが、写真を見てもとても可愛くて美しいにゃんこだと思う。
    文を書いているのはもちろん村山さん。でもきっともみちゃんは、ここに書いてあるような関西弁で、ここに書いてあることを、本当に思ったり考えたりしてた(してる)んじゃないかな。

  • 2019/03/28Mリクエスト
    村山由佳はすきだけど猫が苦手…

  • ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。特別編 「村山由佳ともみじ 軽井沢の日々よ 永遠に」- NHK
    http://www4.nhk.or.jp/P4383/x/2019-02-16/31/34902/2405231/

    ホーム社のPR(版元ドットコム)
    Twitterで共感・感涙の大連鎖!
    作家自身が撮影した愛らしい写真たちに、
    愛猫のつぶやきを添えたオールカラーエッセイ。

    ――うち、ここにおるやん。
    そばにおって欲しいなぁ~思たときは、ぜったい居てるねんで。(本文より)

    作家・村山由佳の盟友であり、17歳で今生(こんじょう)を旅立った三毛猫・もみじ。
    彼女の軽妙洒脱(しゃだつ)な関西弁のことばが、時にユーモラスに、時に厳しく、時に切なく、私たちの心に沁みこんできます。
    ペットの看取りやペットロス克服のバイブルとして。
    大切な存在を失ったことのある、すべての人に贈りたい一冊です。

    村山由佳ともみじの歩んだ道のりを中心につづったエッセイ『猫がいなけりゃ息もできない』は、発売後すぐ重版するなど、多くの読者から支持されました。
    本書はそんなもみじの「言いぶん」を、作家自ら撮影した愛あふれる写真に沿えたフォトエッセイ。
    連載最終回には「『もみロス』になってしまいそう」「また泣いてしまった」「励まされた」「勇気を持って一歩踏み出せそう」など、異例の大反響が寄せられたWEB連載が、オールカラーで待望の書籍化です!
    https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784834253276

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

村山由佳(むらやま ゆか)
1964年7月10日生まれ、立教大学文学部日本文学科卒業。不動産会社、塾講師などの勤務を経て作家となる。
1991年 『いのちのうた』でデビュー。1991年『もう一度デジャ・ヴ』で第1回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞佳作、1993年『春妃〜デッサン』(『天使の卵-エンジェルス・エッグ』に改題)で第6回小説すばる新人賞、2003年『星々の舟』で第129回直木三十五賞、2009年『ダブル・ファンタジー』で第4回中央公論文芸賞、第16回島清恋愛文学賞、第22回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。ほか、代表作として『おいしいコーヒーのいれ方』シリーズがある。

村山由佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする