並行宇宙でしか生きられないわたしたちのたのしい暮らし

著者 :
  • ホーム社
4.00
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 62
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834253429

作品紹介・あらすじ

共感かドン引きか――あなたはどっち?
ポストひきこもり作家の勇気がわくエッセイ

「ドヤ感を包み隠さないのって、すごい能力だなって思うんです」
――小説家・住野よる氏

あれもこれもできない日常を、誰も予想できない方向へ飛び越えていく……驚きの発想、自虐とユーモアが炸裂する全25篇。
さらに『君の膵臓をたべたい』『青くて痛くて脆い』などの人気小説家・住野よる氏との特別対談を15ページ収録。
『出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと』イラストが話題の内山ユニコ氏による、美麗カラー口絵+モノクロ挿絵も多数!

【内容】
・車の運転が驚くほどできない「運転」
・注射が笑いのツボに入りすぎる「注射」
・コールセンター勤務では、クレーマーに癒されていた「コルセン」
・自分はいま全裸なんじゃないか?「不安」
・30歳を過ぎて医師に「テレビゲームを控えなさい」と言われるなんて「空」
・素敵なカフェーで、衝撃の裏稼業に手を染めた話「クワガタ」
・番外編「俳句甲子園観戦記/松山旅行記」
・特別対談×住野よる:「それぞれの不思議な宇宙とやっかいな自意識」 ほか

著者:渡辺優(わたなべ・ゆう)
1987年宮城県生まれ。宮城学院女子大学卒業。2015年『ラメルノエリキサ』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。著書に『自由なサメと人間たちの夢』『アイドル 地下にうごめく星』『悪い姉』などがある。

巻末特別対談:住野よる
装画・挿絵:内山ユニコ
装丁:佐藤亜沙美(サトウサンカイ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 独自の感性で書かれたエッセイ。
    個性的な着眼点とテンション低めな文体がよかった。
    ワッフルの話が特に好き。作者の食べ物系エッセイをもっと読んでみたい。

  •  もし、著者が自分の家族だったら、すごく心配だったりお小言を言ってみたりするんでしょうね。
     友達だったら、面白くて長ーく付き合えそうだと思う。
     全体的に、淡々と面白い事を言ってる女の子って感じ。

  • このエッセイを読んで思ったのは「あ、私は私でいいのか」でした。そして、作者である渡辺先生が面白いのです。自分では普通と思っていた事、不安や苦手なものが他の人からすれば「分からない」ものだったりして、そんな事柄を「私はこうだ。どうですか!」といい放つ。苦手なものに怖いけど突っ込んでいく姿は清々しくて一気に読んでしまいました。左右が咄嗟にわからなかったり、飛びたい一心で大学生の頃浮遊する練習をしていたり、人には分からない自分の中の宇宙。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1987年宮城県生まれ。宮城学院女子大学卒。2015年に『ラメルノエリキサ』で第28回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。他の著書に『自由なサメと人間たちの夢』『地下にうごめく星』がある。

「2021年 『きみがいた世界は完璧でした、が』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺優の作品

ツイートする
×