半壊の花 (eyesコミックス)

著者 :
  • ホーム社
4.03
  • (12)
  • (10)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 96
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834262841

作品紹介・あらすじ

どんなに長いこと会わなくても、俺はおまえらのこと絶対に間違えたりしない──。
高校時代、そっくりな双子の兄弟・ハルとユウを唯一見分けることができた豊樹。三人の関係はうまくいっているように見えたが、高校卒業と共になぜか双子と連絡が取れなくなってしまう。そして数年後、豊樹が彼らと再会したのは、ユウの葬式だった──…。
切ない約束を巡る三角関係を描いた表題作ほか、三編+描き下ろしを収録した早寝電灯デビューコミックス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 双子の片割れ×親友。卒業以来、音信不通の親友・双子の弟が事故死して、葬式で再会した受け攻め。双子は受けによってなんでもわけあってきたバランスがくずれてしまったわけだけども、それはある意味スタートに立った感じ。後書き読んでて、後ろ暗い攻めには受けのようなかかあ天下でピッタリですね。
    双子の絆は、また兄弟とも恋人とも友達の絆とも違う、特殊で不可思議なものだなぁとしんみり思う。他の収録作品も良かったです

  • 素晴らしい!素晴らしいよ。絵もさることながらお話三編共に新鮮で甘酸っぱくて切なくてあたたかい。どのカプも良いなぁと思っていたら超短い頁でその後が描かれる究極の書下ろし。好きな作家さんが出来て嬉しい。作家買い決定。

  • 双子と同級生
    双子の片割れが亡くなった

  • 二次創作から好きだった早寝電灯先生のデビューコミックス。やはり最高でした。
    描線と絵柄が好きなんだけど、それ以上に心象風景の表現が本当に卓越していて、不思議な読後感がある。短編集としてもすごく粒ぞろいで良いBLを読みました…。
    そして最初の話設定の時点であっ(察し)となったよね。

全6件中 1 - 6件を表示

早寝電灯の作品

ツイートする