目を閉じても光は見えるよ (アイズコミックス)

著者 : 丸木戸マキ
  • ホーム社 (2017年12月25日発売)
4.15
  • (11)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834262988

目を閉じても光は見えるよ (アイズコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女性向けゲイビのバツイチ子持ち男優×ワケアリ男優。
    身体から始まる…というか、身体のお仕事仲間…の二人が真実の愛に目覚めるまでを描いたストーリーで、興味津々に!

    女性向けゲイビという仕事場が今時のBL事情と重なっていて面白かったです。
    初っ端の撮影シーンで何で作り手に女が??と疑問に思ったら、そういうことで納得いきました。マリ子さんがいい味出してます。パーセンテージで市場を語られると頷きますね。
    きわどい職業だと思うし、光の背負うものも決して軽くはないけれど、カラっとした雰囲気で時に熱い人情を織り交ぜて仁と光が愛を自覚するまでを、グイグイと引っ張って見せてくれる展開で、胸アツになりました。
    仁が醒めた中年男かなと思ったら、どんどん包容力抜群な男に変化していってカッコよかったです。

    仁の息子の斗真も、すごく良かったです。若いって怖いものなしだね…って感じで、ズバズバものを言うのが爽快でした。そのくせ、とっても甘えたさんで…!
    自分の過去の辛かったことを明るく告白するけど、やっぱり胸がチクチクしちゃいます。
    でも将来がとても有望株!!仁と光と3人でドタバタで胸キュンな展開が今後あるといいなと妄想させられてしまいました。
    描き下ろしの斗真に大爆笑~!

    一歩間違えるとどんよりしそうなストーリー展開を、笑いも交えながら明るく描いて、うまくハピエンにつなげていてよかったです。

  • ゲイビの人気バディとして先に体の関係(仕事だけど)があり徐々に親しくなっていくのが不思議と自然で面白かったです。光が自分の過去を乗り越えて、カンちゃんの事を思い出にするための物語だったと思います。個人的に、仁さんの息子であるとーまくんが苦労症な感じで(尖ってたけど根は素直だし)可愛いなと思いました(笑)

  • ポルノ作家の次はポルノ男優です、本っとこういう世界を描くのがうまい。
    ゲイビの絡みが多く、バディといわれる攻め受け。年上攻め様です。攻めの息子は親の職業でいじられるのとてもかわいそう…将来、受けをNTRしちゃっても許す(笑)受けはワケアリなんですが、もうひきこまれちゃって読みごたえありました…!にしてもゲイビはひかる君が多いの…?と思ってたけど光が結構キーワードだった

  • 初読作家さん。ぐわ〜超良かった。主カプのそれぞれの背景や過去、現在に至るまで説得力あり過ぎて涙。加えて絵も好み。後のSSの息子をおちょくる攻めに笑。2人には幸せになって欲しいと心底願う。お気に入り作家さんになりそう。

全4件中 1 - 4件を表示

目を閉じても光は見えるよ (アイズコミックス)のその他の作品

丸木戸マキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

目を閉じても光は見えるよ (アイズコミックス)はこんなマンガです

ツイートする