また明日会えるよ (eyesコミックス)

著者 :
  • ホーム社
4.59
  • (23)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 199
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834265293

作品紹介・あらすじ

ヤケ酒した日の翌日、見覚えのない一軒家で目を覚ました会社員の木村。泥酔し倒れていたところを介抱してくれたのは、その一軒家の持ち主・国島だった。落ち着いた様子の国島と温かい家の雰囲気に、木村は久しぶりに心の安らぎを感じる。その後、国島と会社で再会し同じプロジェクトに参加することになり、困惑しつつも交流を深めていく二人。次第に国島の存在がかけがえのないものになっていく木村だが…。
穏やかで朴訥な研究員×真面目で繊細な営業マンが紡ぐ、不器用で愛おしい大人たちのラブストーリー。
恋愛とは 恐ろしいものです

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一つ一つの描写にものすごく惹き込まれる作品です

  • 何度も何度も読み返していて、世界のなかに実はあった優しさとか愛おしさとか、幸せになる可能性とかについて考えてしまう。幸せにはたまにズタズタにされるけど、その幸せを探して、求めて、欲しがって、幸せになっていくひとたちの姿はなんていじらしいのか。狭い世界の気まずさと、逆にその安心感と。語られてきた物語のようなのだけど、何か、この作品が持つ色、香り?なにかとくべつなものをかんじ、とても好きな本。

  • 空気が美味い

  • 【俺……寂しかったです。木村さんに会いたかったです。すごく(国島)】

    エロス度★

    国島と木村が紡ぐリーマン同士の不器用な恋物語。゚(゚´ω`゚)゚。

    2人の距離が〝友達〟から縮まっていく様子がほっこりしたりピュアだったりするのが尊く、最初は木村に苦手意識を持っていた国島が彼の事を知れば知るほど変わっていく認識、そして失恋を引き摺っていた木村が国島が側にいてくれたことで前に進めるようになるのがたまらなかったですପ(´‘▽‘`)ଓ♡⃛

    個人的には2人の表情の描写がとても大好きで、木村の笑った顔や赤面した顔が可愛かったり、ちょいダウナーっぽい国島が木村に向ける顔の機微な変化などがよかったです⁽⁽ଘ( ˊᵕˋ )ଓ⁾⁾

  • 真面目な二人のお話、良きでした。
    ずっとその穏やかな幸せが続きますように…と、読み終わった後、ほっこりしながら願っちゃう、そんな感じ。

  • かわいい

  • 久々にこんなリーマンBLの超良作に出会えた〜!!!!!!年齢からみたら逆の先輩後輩関係萌えまくるし、同じ速度、熱量で惹かれあっていくふたりがたまらん尊い、、、、、「こんな人だとは思わなかったなあ」の真意の移り方の描写がグッときた 屋上のシーンなんか、高校生がやるような青春をスーツきた男性ふたりがやってるなんて、、最高最高最高

  • 好きだった恋人のことを「願い下げだ」って言えない木村さんも、それに気づいた国島くんもどちらもいとおしい

    「これからもし怖いことがあったら言ってください。俺も言いますから。それでその度に一緒に考えませんか 寂しかったり不安に思ったら」って国島くんのセリフが100点満点で泣けた 泣
    そのあと、ふたり見つめ合ってるコマがもう……しあわせすぎる!国島くんはそんなやさしいお顔で好きなひとのことを見るんですねたまらんです!!

    「今日から帰ったらただいまって言ってください」もよかった!!

    そんでコンタクトとかレーシック考える国島くん大好き!!

全10件中 1 - 10件を表示

奏島ゆこの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×