NHK「その時歴史が動いた」コミック版 幕末回天編 (ホーム社漫画文庫)

制作 : NHK「その時歴史が動いた」取材班 
  • ホーム社
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (504ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784834273229

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • NHKで「歴史秘話ヒストリア」の前に放送されていた、「その時歴史が動いた」で取り上げたテーマをコミック化し、テーマごとにまとめた文庫本です。今回は幕末6本。

    1)検証 桜田門外の変
    井伊直弼って実はけっこういい人なのでは?と思った。
    2)必勝の方程式、江戸を制す
    大村益次郎が彰義隊を撃破した時の話。大村益次郎が美形すぎるのが気になる。もっとおでこ出てるやろw
    3)大江戸発至急便黒船あらわる
    ペリーと阿部正弘の交渉の話。この人けっこう頑張ったと思うよ。
    4)勝海舟江戸無血開城はなぜ実現したか
    事前準備や和宮、篤姫などが動いていたこともあるでしょうが、結局は交渉人お二人がお互いをよく知っていたというのが一番作用したのではと思う。
    5)外交立国の志いまだ死なず
    榎本武揚、函館戦争終結の話。開陽が沈んでなかったらどうなってたかな。
    6)幕末日本、幻の遷都計画
    大久保利通が天皇を京から江戸にいってもらおうとした話。実は幕府以上に腐ってたのは公家たち?

  • 感想は後日

  • 【目次】<br>
    ・検証桜田門外の変 幕末大転換の時<br>
    ・必勝の方程式、江戸を制す 大村益次郎彰義隊撃破の時<br>
    ・大江戸発至急便黒船あらわる 幕末日本の情報ネットワーク<br>
    ・勝海舟江戸城無血開城はなぜ実現したか<br>
    ・外交立国の志いまだ死なず 榎本武揚箱館戦争終結の決断<br>
    ・幕末ニッポン幻の遷都計画 江戸か大坂か?大久保利通の大改革

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×