scenario experiments lain/シナリオエクスペリメンツ レイン[新装版]

著者 :
制作 : 安倍吉俊 
  • 復刊ドットコム
4.20
  • (14)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 164
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784835445670

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本自体の評価よりも、『lain』という作品に引っ張られてたいへん面白く読めた。難解なシナリオを文字媒体で改めて味わうことで、ちょっとだけ『lain』の本質に近づけた気がする。脚本家である小中氏の脚注解説も絶妙。巻末のインタビューも面白かった。
    コンテカットなどは(個人的には)おまけ程度でしかなく、正真正銘のシナリオ本。『serial experiments lain』のシナリオが好きな人なら満足できる出来だと思う。

  • シナリオを読むことで、自分のペースで「lain」の世界を追体験できた。
    ゲームもアニメも完全に後追いですけど、この一連の作品は、なんかやっぱ、スゴいわ。

  • アニメの方は好きで全部見てたんだけど、店頭でふと見かけてしまい購入。
    シナリオ本って初めて読んだけど、これが意外にいけた。
    何より脚注が熱かった!

    またアニメも見たくなりました。

  • 復刊ドットコムで注文したから発売日前に届いた。アニメを某動画共有サイトで見てハマったクチ。 映像的にもすごい作品だったのだと、脚注からわかる。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1961年東京都出身。成城大学(映画記号学専攻)在学中より特殊映像専門のライターとして活躍。卒業後、映像ディレクターを経て『邪願霊』(88年)で脚本家としてデビュー。以来、ホラー/SF/ファンタジー系の脚本家として幅広く活動。幼少期から特撮作品に親しんでいたこともあり、『ウルトラマンティガ』など、特撮作品にも数多く携わる。代表作に『くまちゃん』(93年)、『エコエコアザラク』(97年)、『THEビックオー』(99年)、『ウルトラマンマックス』(05年)など。また近著に「恐怖の作法:ホラー映画の技術」(2014年/河出書房新社刊)、「光を継ぐために ウルトラマンティガ」(2015年/洋泉社刊)などがある。
アマチュア・ベーシストの一面を持ち、高校~大学時代はクロスオーバーなどのコピーに勤しんだ。NHKの『BABYMETAL現象〜世界が熱狂する理由〜』(2014)を見て、2015年よりブログ『BABYMETAL試論』の執筆を開始、彼女たちの活動を追い続けている。

「2016年 『BABYMETAL試論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小中千昭の作品

scenario experiments lain/シナリオエクスペリメンツ レイン[新装版]を本棚に登録しているひと

ツイートする