傭兵のお仕事―The Battle Field Bible

著者 :
  • 文芸社
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 28
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784835526393

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 傭兵になる為に必要な基礎知識を紹介している本。

  • お金のためではない、のは分かる。

    自国ということでもなく、信仰する神様でもない。何のために戦場を転々とするのか、もう少し傭兵の本を読みたくなった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

高部正樹
1964年愛知県に生まれる。高校卒業後航空自衛隊に航空学生として入隊。
航空機操縦要員として訓練を受けるが訓練中の怪我が原因で除隊。傭兵になる事を決意し、80年代後半アフガニスタンで実戦初参加。
90年代に入りミャンマーのカレン民族解放戦線に参加した後、旧ユーゴスラビアに渡りボスニア・ヘルツェゴビナでクロアチア勢力の一員として戦う。
その後再びミャンマーに戻りカレン民族解放戦線に再参加。2007年引退し帰国。
帰国後はタレント、フリーライター。「戦争ボランティア」(並木書房)、「傭兵のお仕事」(文芸社)、「傭兵の誇り」(小学館)、「戦友 名もなき勇者たち」(並木書房)など著書多数。

「2020年 『日本人傭兵の危険でおかしい戦場暮らし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高部正樹の作品

ツイートする
×