うたのしくみ

著者 :
  • ぴあ
3.56
  • (2)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784835618760

作品紹介・あらすじ

ブラジルのサンバの高揚感、ユーミンの歌唱の特異性、きき手を裏切るaikoの歌詞、ブルースのはじまり、ロックンロールの誕生…目からウロコの古今東西名曲の"しくみ"!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 曲でもなく歌詞でもなく「うた」のしくみ。
    聴きながらぼんやり心地いいなぁとか面白いなぁと思えるところを説明してくれている。

  • この方のブログをいつも読んでいたが書籍は初。
    後半のレビューや寄稿文よりも、前半の「うたのしくみ」が
    断然面白い。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784835618760

  • コール&レスポンスは、長い労働の最中にお互いに歌い合う労働歌

    フィールドホラー

  • 歌詞だけでもなく、メロディだけでもなく、その両面や曲の背景までを含んで、筆者は古今東西の名曲を解説していく。
    ユーミンの歌詞の特徴や歌い方、モーニング娘。『LOVEマシーン』や岡村靖幸『Dog Days』の世界観などなどが深く考察されていて、それでいて軽妙でわかりやすい。感心させられる内容がふんだんにあった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

早稲田大学文学学術院教授、滋賀県立大学人間文化学部名誉教授。専門は人間行動学。相互行為場面における声と身体の時間構造の分析を行う一方、さまざまなジャンルの作品批評も行っている。主著に『二つの「この世界の片隅に」』『絵はがきの時代』『浅草十二階』(青土社)、『介護するからだ』(医学書院)、『ミッキーはなぜ口笛を吹くのか』(新潮社)、『うたのしくみ』(ぴあ)、『今日の「あまちゃん」から』(河出書房新社)他多数。編著に『ELAN入門』(ひつじ書房)。

「2020年 『漂流の演劇 維新派のパースペクティブ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細馬宏通の作品

うたのしくみを本棚に登録しているひと

ツイートする
×