千葉敦子のななめ読み日記―365日の読書ノート (知的生きかた文庫)

著者 :
  • 三笠書房
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 27
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837901969

作品紹介・あらすじ

残された時間を常に意識しながら、第一線で活躍する国際ジャーナリストとして過ごす超多忙な毎日。そうしたなかでも、感性を磨き、自分の人生を豊かにするための「読書」はかかさなかった。最後までジャーナリト魂は不屈だった。やり残しのない人生を願い、自分に挑み続けた著者の1年間の読書記録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • まえに「ニューヨークの24時間」の感想で書いたが、歯切れのよさでフリーランスジャーナリスのト千葉敦子さん、好きだった。そんなに断定してよいのかと思うほどに、はきはき文章を書いている。

    この本は壮絶なガン死の5年前の、死を覚悟した多忙な日々1982年一年間の読書日記である。
    出てくる書名は半分は英語の原書であるし、私の傾向とはちがうが日記の行間が興味深く好感を持った。

    千葉さんらしく面白くない本くだらない内容と思った本は即、投げ出す。否、一気呵成に読了しても『何か参考になるかと思って読んでみたが、特に目新しい話はなかった。』と斬る。大切と思ったフレーズは書き出し、適切なコメントを添える小気味のよさ。

    もう20年以上も前になるジャーナリストキャリアの女性の読書日記だから、この現代ではどういう風だろうかとも興味湧くが、わたしは自分流で確立したいと思う。やはりわたしがななめ読みだった。

    彼女の「よく死ぬことは、よく生きることだ」もおすすめ。あ、これは「ニューヨークの24時間」の感想の書いてあった。

全1件中 1 - 1件を表示

千葉敦子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
千葉 敦子
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×