暮し上手の家事ノート (知的生きかた文庫)

著者 :
  • 三笠書房
4.03
  • (34)
  • (15)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 243
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837907268

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今、羽仁さんの家計簿にとても興味があります。その家計簿を愛用していたという明治生まれの町田さんの家事ノート。私は母や祖母と同居していないため、なかなか家事について教えてもらう機会が少ないので、この本からいろいろ学びたいと思います。当然ながら自分の家事の改善点がたくさん見えてきて、家事への欲が高まりました。家にいる時間が大好きなので、もっともっと心地いい家にしていきたいな。

  • ふた昔前の「主婦」の家事指南本。それも、ちょっとエエトコの、ちょっと高尚な。近寄りがたい感じも受けたが、掃除など参考になった。

  • 2015-133
    内容は少し古い感じはするけど(当たり前か)家事に対してプロフェッショナルな感じ。

  • -

  • 出産後、思い通りにはかどらない家事をなんとかしたくて購入。
    質素で、整然とした合理的な家事運営について記されています。
    背筋がしゃんとする内容。

    私には、レベルが高すぎて、無理だと思ったが、それでも折に触れて読み返してみる本。

    家庭を営む上での理想として、ずっと手元に置いておきたい。

  • 心の祖母の一冊。気持ちが乱れたときにぱらぱらと読むと落ち着きます。

  • 著者は明治生まれの女性。合理的でぬくもりがある家事の知恵、実践出来る人になりたいです。

  • カーリルの「家事のやる気がでる本」というレシピで紹介されていた。一緒に紹介されていた「きのう何食べた?」も読みたいな。

    言葉の一つ一つに説得力がある。浮ついた所など少しもない。彼女の人生の中で学んできた、魂にまでしみこんだ真実だけを言葉にしているからだろう。
    この人のような生き方がしたい。

    ハブ茶ってどんなお茶だろう。スーパーにあるかな。胃腸が強くなるのは実にいい。

  • 20060122読み終わった
    明治生まれで一男四女のお子さんを育てられ、 合理的な家事を研究された著者。 暮らしを楽しむエッセンスが詰まっている。読んでいると、まるでひいおばあちゃんから 語りかけられているような感覚に陥ってしまう。整理術や家計の管理術は一人暮らしにも役立つし、「家庭」に対する考え方は将来参考になりそう。主婦ってすごい!としみじみ思い、家事の深さと魅力に気付かされた一冊。

  • 明治生まれのおばあちゃんが日々の暮らし方を厳しく指導してくれます。

    私もこういう風に暮らしたい、とは思うけど、難しいかも……。

全28件中 1 - 10件を表示

町田貞子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

暮し上手の家事ノート (知的生きかた文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×