孫子の兵法がわかる本―“生きる知恵”の最高のバイブル (知的生きかた文庫)

著者 :
  • 三笠書房
3.25
  • (6)
  • (12)
  • (51)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 287
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837908036

作品紹介・あらすじ

『三国志』の英雄、曹操・諸葛孔明、「風林火山」の武田信玄、そして、皇帝ナポレオン-百戦錬磨の名将たちが座右の銘とした『孫子』とは。現代にも通じる深い人間心理の洞察と勝ち残りの戦略。そのエッセンスを説く「孫子の兵法」入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昨日の放課後、一人の男子生徒がカウンターで
    「先生~・・・・・。」と明るく、でも少し真剣に、悩んでいることがあると話しかけてきました。
    何でも、切れてしまうから切れないようにするにはどうすれば、と言うようなことでした。
    よく聞いてみると、クラスが真面目でない時にもっと真面目に、と言うのだけれど、不真面目なクラスメートが聞いてくれないどころか反対に真面目であることをからかわれるから、そうすると切れてしまうのだそうで、切れずに対処する方法はないものか、切れなくするにはどうすれば・・・・となぜか私に相談(?)してくるので、悪いのはあなたでなく、不真面目な相手だから、本来反省しなければいけないのは相手でしょう、と言うのですが、とにかく切れる自分が嫌だと言う。

    で、書棚を回りながら、この「孫子の兵法」を一緒に見ながら
    「ほら、彼を知り、己を知れば百戦危うからず・・・とか・・・」
    とにかくあなたは悪くない。。。
    温厚な先生でも生徒の授業態度が悪かったら切れるときもあるでしょう、とかいろいろい話していると、少しホッとしたようで、
    「うん。この本借りていくわ。このあたりの本、もう少し見てみる」と言いながらそのあたりの本を見ていました。
    そして、帰りにその孫子の兵法ともう一冊、分類159の人生訓の本を借りて帰っていきました。

    悩み事があったときに、【本】から何かしら得ることができるということ、素敵ですね。
    K君、頑張れ!

  • 戦わずして勝つ、勝算なきは戦わず、など、当然であるが人生のいろんな局面で役立つ言葉が数多くあった。
    あくまで戦うのは最終手段で交渉で勝負を付ける発想には共感する。恐らく、自分がどういう境遇、年齢かに寄ってどの言葉が響くかも変わってきそうだと感じた。改めて読み直したい本。

  • ・進ンデ名ヲ求メズ、退イテ罪ヲ避ケズ

  •  誰ですか、仕事中に携帯いじりながら「孫子って誰よ?」とか言ってるのは! 孫子を知らなくても「諸葛孔明」「武田信玄」「ナポレオン」3人の中の誰かは知ってることと思います。この本では、百戦錬磨の英雄たちが愛した「孫子」を、例を挙げてわかりやすく説明しています。上昇志向を持つサラリーマンの必読本。

  • 有名な孫子の兵法を分かりやすく解説した本。
    三国志が好きなら、尚のこと良し。
    でも、なかなか現代社会への応用が解説されていない面、読み物としての本で留まっている。

  • 一時の感情で動かない。
    準備情報が大事。
    負けそうな戦しない

  • 著者の説明が素晴らしい。さまざまな歴史的な事例を参考にわかりやすく孫子を解説してくれる。

  • 孫子の兵法本は初。有名な言葉は知っていましたが、改めて2000年以上前の教えである事にはただただ驚きを覚える。戦争というシチュエーションにおいてMECEに状況を整理して明確な対策が記されている。また、戦略を遂行する人の感情を大切にするべきであるとも。知識は時間の流れと共に移り変わるものの、知恵というのは普遍的なものであると感じられた。

  • 素晴らしい内容であるが、実際現代社会で、どこまで内容が通じるのか、よくわからない。

  • 内容はわかりやすく事例を交えて解説されており、説得力があり、読みやすかった。個人的には、挿絵があんま好きじゃない。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

著述業、中国文学者

「2022年 『世界のビジネスエリートが身につける教養 論語と孫子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

守屋洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
松下 幸之助
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×