ロンリのちから: 「読み解く・伝える・議論する」論理と思考のレッスン (単行本)

  • 三笠書房
3.40
  • (6)
  • (19)
  • (22)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 250
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837926160

作品紹介・あらすじ

物語の舞台は高校の演劇部。意見が対立し、撮影が中断。そこに現れるのは、顧問の溝口先生。「ロンリのちから」で鮮やかに問題を解決していきます――。

ドラマ仕立てで「論理の仕組み」が楽しくわかる。NHK・Eテレ『高校講座』人気番組の待望の書籍化!
「あの『ロンリのちから』はスゴイ!」
「自分も学生時代に出合っておきたかった!」
 ……ビジネスマンにも話題となった『ロンリのちから』が内容をさらにパワーアップ、1冊に!

監修は、東大大学院教授の野矢茂樹先生。ロングセラー『論理トレーニング101題』(産業図書)をはじめ、「論理」「哲学」の第一人者。
書籍化にあたり、番組では伝えきれなかった「論理の仕組み」について、野矢先生の書き下ろし解説を収録。番組のファンばかりでなく、始めて知った人もためになること請け合いです。
本書で、仕事、勉強の底力、「論理力」をどんどん鍛えてください!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ■推論
    いかなる推論も二段論法と三段論法で捉えられる
    二段論法:一つの前提から一つの結論を導く
    三段論法:二つの前提から一つの結論を導く

    ■正しい推論の二つの条件
    ①前提が正しいこと
    →正しい事実認識が必要
    ②飛躍がないこと
    →正しい論理が必要

    ■水掛け論をさけるために
    水掛け論:理由の説明なく独断的に主張しあうだけの状態のこと
    これを避ける2つの方法
    ①理由を挙げて意見を言う
    ②相手の挙げた理由を検討する
    検討の際の観点は
    a.前提が正しいか=正しい事実認識か
    b.飛躍はないか=正しい論理か

    ■合意形成のために
    合意形成:分かれた意見を一つにまとめること
    その際の注意点
    ①意見の対立を人の対立にしない
    →相手に勝とうとせず、自他の意見を客観的・俯瞰的に見ること
    ②他の意見から学ぶ
    →それぞれの意見の利点欠点を出し、相互に補完する別の意見を形成する

    ■仮説形成
    ある事柄の「なぜ?」を説明する仮説を立てること
    ①「なぜ?」を説明する仮説を考える
    →独断的になるのを避け、複数の仮説を立てる
    ②仮説の正しさを検証する
    →仮説が正しい場合どうなるかを予想し、その予想が的中するかを検証する
    ③検証結果から仮説を修正・再立案し、再び検証する
    →①②を繰り返す

    ■正しい推論のためのサブ観点
    ・暗黙の了解
    互いがわかっていると思って口に出さない前提
    時に話を飛躍させてしまう

    ・全体と部分の推論
    全体→部分=正しい
    部分→全体=間違える

    ・逆は必ずしも真ならず
    前提と結論をひっくり返すときは要注意

    ・接続表現
    論理とは、言葉と言葉を適切に接続すること
    根拠:なぜかというと
    解説:つまり、どういうことかと言えば
    付加:そして、しかも(累加)
    転換:しかし、ただし

    ・否定の論理
    主張Aの否定=主張Aの打ち消し(A以外の全ての可能性)

    ・類比論法
    似ているものを持ち出して自分の主張に説得力を持たせる論法
    →「似ている」は「同じ」ではない、相違点に注意

  • 論理的思考力を鍛えたいと思って読んだ本。

    7つくらいの項目に分かれているが、その中で、
    自分か仮説形成が弱いと感じた。

    なぜ?という答えのないものに対して、
    仮説がいつも1つしかない状況を創ってしまう。
    今後は、なぜ?に対する答えを3つほど異なる視点から出せるようになりたい。(視点の違い:人、時間、場所)などなど。

  • 本書はNHKの高校講座、『ロンリのちから』を書籍化したもの。日常で使える論理のみに絞って解説してあるので、論理学を真剣に学びたい人には本書は向かない。しかし、そもそも論理は日常生活でどのように関わっていて、論理を学ぶとどのようなメリットがあるのかを知りたい方、また、論理を日常生活で生かしたい方には、うってつけの書だろうと思う。

  • 仕事で、ロジカルシンキングの研修を勧められたため、事前学習として読んでみた。一朝一夕で身につくものではない。というのは分かってはいるけれど、やっぱり何度も読んだり、実生活で意識して実践したりしなければ、論理思考もただの知識で終わるんだろうなぁ。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50114332

  •  三段論法
     誤った前提・危険な飛躍
     逆さまのロンリ
     接続表現・ことばをつなぐ
     水掛け論・理由を言う
     暗黙のロンリ
     仮説形成
     否定のロンリ
     類比論法
     合意形成
     

  • 高校が舞台のドラマ仕立てで、論理が開設されます。
    誤った論理の、どこが間違っているかも丁寧に解説されています。
    テレビ「高校講座」番組の書籍化だそうです。
    推論も、割と詳しく書かれています。
    入門にも、少し知っている方にも、良いかもしれません。

  • Eテレ高校講座。
    高校の演劇部を舞台に、劇中劇をしながら、「このセリフ、なんかおかしくない?」と論理的思考能力(ロジカル・シンキング)を養っていく構成。
    番組は映像と音楽がシュールらしいので、多分見る方が完成度高いのだと思われます。
    多少かじったことある人にはもの足りず、説明設定である演劇部の面々に突っ込みたくなるようです。
    三段論法、誤った前提・危険な飛躍、逆さまのロンリ、暗黙のロンリ、否定のロンリ、類比論法、合意形成……初歩の初歩を初めて掴むには○な本かと。
    高校生だけでなく、自分が学生の時に、ディベートやアクティブラーニング、グループディスカッションが一般的ではなかった大人にも。

    カバー写真 / getty images
    カバー・本文イラスト / 3rdeye・瀬川 尚志
    カバーデザイン / 三笠書房装幀室

  • NHKの同番組をまとめた本。
    三段論法、水掛け論といった、論理と思考のための考え方、思考法をまとめた本。
    ある演劇部の物語と絡めて進んでいきます。

    復習で見るのはいいんですが、番組の作りが独特、シュールで、言い回しが回りくどいので、映像で映えていたものが、文面だとしつこく思えてしまう。
    この本単体ではなく、番組とセットで読みたい。

  • 三段論法は一段目に全体、二段目に一部を言うことで三段目に結論を述べる

    全体的に読みやすい。

全31件中 1 - 10件を表示

NHK『ロンリのちから』制作班の作品

ロンリのちから: 「読み解く・伝える・議論する」論理と思考のレッスン (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする