考える前に動く習慣: 始める、進める、続ける――禅の活かし方 (単行本)

著者 :
  • 三笠書房
3.75
  • (8)
  • (16)
  • (14)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 223
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837926238

作品紹介・あらすじ

「あれこれ考える前にまず動く。
そのほうが物事は絶対にうまくいく」――著者

◎行動するのに、いちいち「理由」を求めない
◎「行動、身体、心」の順で自分を変える禅の教え
◎大事なことは、「頭」ではなく「身体」で覚える
◎「100日続ける」と、それは習慣になる
◎「ルーティン」が、ちょっとした体調の変化も教えてくれる
◎人間のバイオリズムに反することを習慣にしない
◎不安でしかたないときこそ「忙しくする」
◎「掃除三昧」――心と生活を整える禅的習慣

禅僧にしてベストセラー作家でもある著者が伝授する、
もっと前向きで行動力にあふれた人生のつくり方

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 動くこと。
    昨日の自分より半歩でも先に進む。
    少欲知足。

  • やるべき事を習慣にしてしまう。
    禅の考えに基づいて教えてくれる。
    定期的に読み返したい内容でした。

  • 【再読】2020/4/28

  • 一つのことに集中して今を生きる。と書かれてあったり、休む時は休めと書いてあったりなかなか、自分の今の状況と折り合わないところがあるが、書いてあること自体は納得できる。多くを求め過ぎてはいけないということかな。

  • 役に立つ内容もありつつ、読んでる間心穏やかにいられる文章にスッとした。とにかく謙虚と即行動。考えたらだめだ

  • この本にも、睡眠が大切だと書かれていた。仕事の前日は日付が変わる前に寝てるけど、休日の前日は夜更かししてた。気を付けよう(と言いつつ、今は3時前…)。「挨拶は自分から」は、前から実行してた。その方が気持ちいいから。行動のハードルを下げる七つのポイントは守りたいと思う。和顔施も心がけたい。和顔愛語もいい言葉やなぁ。「お天道様が見てる」というのは、忘れたことないし、忘れたくないな。

  • 忙しい時が続いたり、心がザワザワすると枡野さんの本を手に取ってしまう。
    禅語が本の中にたくさん出てきて、読んでいるとまた心を整えがんばろうと思えるのです。
    朝のお務めで座禅を組んで説法を聞くような感じです。

    2018.10.2

  • 日常生活のなかで禅の教えを生かすことを指南してくれる本。
    数々の「禅語」が出てきて、目から鱗が落ちる。
    いままで禅について知識がなかったため勉強になりました。

  • 禅の話

  • 無の状態からとりあえずはじめて
    あとは淡々と続けていくという、
    とにかくあれこれ吟味したり
    善し悪しの価値観で判断することを一度やめて
    やってみましょうよということを
    禅の言葉と共に教えてくれます。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

建功寺住職、庭園デザイナー

「2020年 『限りなくシンプルに、豊かに暮らす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

枡野俊明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
アーノルドベネッ...
スティーヴン・ガ...
北野 武
三谷 宏治
有効な右矢印 無効な右矢印

考える前に動く習慣: 始める、進める、続ける――禅の活かし方 (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×