マンガ版 ちょっとだけ・こっそり・素早く「言い返す」技術 (単行本)

著者 :
  • 三笠書房
3.37
  • (13)
  • (45)
  • (47)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 969
感想 : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837928331

作品紹介・あらすじ

10万部突破の人気の書、待望のマンガ化!

「言い返したい! でも、言い返せない……」
そんな悔しい思いをしているすべての人へ!
やっかいな人から自分を守り、「コミュニケーション能力」に自信がつく方法を、
ネコの「ゆうきみゅう先生」が、やさしく、ときにはビシッと教えます!

 *たちまち形成が逆転する「絶妙な切り返し」術
 *無神経な相手から「心を守る」方法
 *正面から反撃せずに「さりげなく水を差す」コツ
 *どんなキツイ攻撃も「巧みにかわす」テクニック
 ……

仕事で、プライベートで……
無神経な言動を繰り返すあの人、この人に 
「そのひと言」で、人間関係がみるみるラクになる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最近は書店に行くことも少なくなってしまった。
    珍しくジュンク堂書店で雑誌をチェック。
    新刊を手に取ってパラパラめくっていたら、面白そうで買ってしまった。

    会社でも家庭でも色々な集まりでも口論とか議論とかする機会はあまり無いのだけど、
    他人からの口撃に何かしらの切り替えしをしないと、周りは言われた方(攻撃を受けた方)
    が劣っていると見なすらしい。だから一線を越えたら反撃をしなければいけない。

    実践的なのは第2章の「5つの戦術」
    「反射」相手の話を要約して返す
    「分散」相手の主張を分散させて一部だけのみ認める
    「質問」それで?どうして?だから?
    「延期」そのまま
    「フィードバック」相手の話し方や言い方を指摘する

    第3章、第4章にも細かなノウハウがちりばめられている。
    なにか嫌な事を言われたら「それ、どういう意味ですか?」とか

    意外とと言うか、いやな奴から身を護るにはかなり役に立つ手法がたくさんあって役に立つ。
    まあでも、この年になると、そういう機会もあまり無いのだけどねえ。
    こういうノウハウを知ってて、いつでもOKの気持ちで居ると、そういう嫌なコト言ってくる奴も居なくなるんだよね。
    格闘技やってると、喧嘩売られることや因縁付けられることが無くなるに近いかな。

    人間関係で日常的に嫌な思いをしている人には「簡単&実践的」で役に立つと思いました。

    内容(「BOOK」データベースより)
    人気精神科医・ゆうきゆう先生の「心理メソッド」を今、注目の人気漫画家Jamさんがマンガ化!「言い返したい!でも、言い返せない…」そんな悔しい思いをしているすべての人へ!相手を完膚無きまでにたたきのめす必要はありません。大切なのは、「ちょっとだけ反撃」をして、自分の身を守ること。「巧みにかわす」「賢く言い返す」「反応しない」人づきあいには、この“賢さ”が必要なのです。

    • nejidonさん
      nonoさん、こんにちは(^^♪
      いつもいいねを下さってありがとうございます。
      この本、面白そうですね!
      ゆうきゆうさんのメルマガを長...
      nonoさん、こんにちは(^^♪
      いつもいいねを下さってありがとうございます。
      この本、面白そうですね!
      ゆうきゆうさんのメルマガを長年とっていて、本の存在は知っていましたが未読です。
      おかげさまで他人の口撃で嫌な思いをすることは殆どありません。
      (だって他人の言うことだから・笑)
      それでも技術として知っておいて損はなさそうですね。
      賢く言い返す技、読んでみたいです。
      また興味深い本に出会いましたら教えてくださいね。
      よろしくお願いします(*^-^*)
      2020/09/19
    • nonoさん
      nejidonさん、コメントありがとうございます。
      一つ一つは、目新しいノウハウではありませんが、まとまっていると成程ねと思いました。
      ...
      nejidonさん、コメントありがとうございます。
      一つ一つは、目新しいノウハウではありませんが、まとまっていると成程ねと思いました。
      nejidonさんの本や読書にフォーカスした書棚を見るたびに、ああ読書が好きな方なんだなあと思います。
      これからもよろしくお願いします。
      2020/09/20
  • 「やられっぱなしで終わらせない」
    「無神経な言動を繰り返すあの人に!」
    「そのひと言」で、人間関係がラクになる!」← ~帯の文章より~
    この本の技術は使える!!
    「言葉や態度で傷つけられた」ことがあり、とっさに言い返せずに後で悔しい思いをしたことがある人には、特におすすめです…
    「具体的な言い返し方」が、マンガでわかりやすく表現されています。読んだら即やってみたくなる…。「誰か嫌みを言ってくれないかなぁ~…今ならちゃんと言い返せるのになぁ~」と、変な期待をしてしまう(^o^;)

  • 端的で相手の攻撃に対しての戦術をマンガでも学べるから、読んでて面白い。延期の戦術とフィードバックの戦術が個人的に試してみようと思えるものだったから、もう人とぶち当たっても怖くないと思えた。

    言い返す事が喧嘩を生むと思ってたけど、言い返し方を心得ていて、自分と相手はフェアであるというマインドセットで人と関われたら、気持ちも楽になりそう。

  • やられっぱなしではなく、
    「ちょっとだけ反撃」をして自分の身を守る
    「巧みにかわす」
    「賢く言い返す」
    「反応しない」

    具体的には中を読んでもらうこと。
    ペラペラ話す相手の勢いを削いで、
    リズムを狂わせてしまいましょう
    そのテクニックが紹介されています。

    妙に納得したのは、どんな人の意見がもっとも通りやすいか
    「もっとも多く話していた人の意見」ということ。
    小難しい理屈など必要なく、「発言量の多さ=意見の先導者」

    つまり「多くの時間・量をしゃべったモン勝ち」
    「量さえしゃべれば、たとえ低レベルな意見でも、ほぼ確実に勝つ」
    本当にそうだなあと思いました。

    そして個人的に、コロナのおかげでリモートが入ってきて
    それが良い方に働いていると思います。

  • 星3.7。自分、アサーション能力低いなぁと思うシーンがあり、本作を購入しました。すらすら読めますが、すべて参考にはならないかな。誰かと戦いたいわけでは無い。しかし、伝えなければいけない事もある。まずは、何か言われた際、落ち着いて、あえてゆっくり話すことを意識することから始めてみようと思います。

  • 心理学を背景として身近な対人関係における交渉術を示した本。
    マンガがあることで印象に残りやすく、なかなか良いと思う。

  • 新聞広告だか電車広告で気になったので図書館で借りた。内容が反撃とか言い返すと言うことだが、読んでいてなんだか嫌な気持ちになってしまった感じ。嫌な人にはなんとかしたいものだが、こんな嫌な人にはなりたくないな、と思った本でした。

    以下メモ。
    ●不快なことを言われて動揺する1番の理由は、自分自身が相手の発言を認めてしまうこと。なので鵜呑みにせず「それはあなたの主観でしょ」のスタンスで聞く。
    ●人は「みんなが自分と同じ考えを持っている」の思い込みやすいもの。他のやつもそう思っているはずという根拠のない自信に支えられた勝手な解釈を真に受けて心を乱す必要はない。

  • 2020年8月刊。人に何かを理不尽なことを言われた際、適切に言い返す方法ついて、精神科医がテキストで語り、『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』の筆者がマンガを添えた一冊。
     「理不尽なことを言われた時には、きちんと言い返さないと、余計に自分の首を絞め、周囲の評価を落とすことになる」という本書の指摘は、胸に痛かった。
     まさに中学生時代の自分に、読ませてあげたかった本。
     中学時代の私は、クラスメイトからの理不尽な言動にも、とくに言い返しもせず、無抵抗を貫いた。その結果、相手側の嗜虐心そそったのか、やがて日常的に暴力を振るわれる毎日を送ることになったからだ。
      クラスの誰も助けてくれなかったのは、
    「あいつ、無抵抗なんだから、何をされても当然だ」
     と周囲に思われていたからなんだな、と本書を読んで、今更ながら気づかされた。   
     本書には、具体的な言い返し方、何故、その反撃方法が有効なのか? などのテクニックと考察が分かりやすく書かれている。
     もしあなたが、他人からの暴言に悩んでいるなら、ものは試しに本書を読むことを勧める。繰り返すが、本当に、中学時代にこの本を読みたかった。どうせ殴られるにしても、言い返すべきことは、きちんと言い返しておくべきだったのだ。後悔することしきりである。あまり本書の感想になっていないが、書いてて辛くなってきたので、ここで筆を置く(苦笑)。

  • チクリとでも言い返せたら、今よりも少しは楽な人間関係でいられただろうかと思う事有ります。大体わかりましたと答えて請け負ってしまう事が多いし、責められると自分が悪いような気がしてしまうし。口喧嘩でまず勝てないと自分で分かっています。
    この本を読んでちくっとでも爪あと残したいものであります。

    • workmaさん
      ありんこゆういちさん

      悔しい思い、察します。まずは、「え?」「どういう意味ですか?」など…少しずつ爪痕が残せるといいですねp(^-^)q
      ありんこゆういちさん

      悔しい思い、察します。まずは、「え?」「どういう意味ですか?」など…少しずつ爪痕が残せるといいですねp(^-^)q
      2022/02/24
    • ありんこゆういちさん
      ありがとうございます( ノД`)そう!その「どういう意味ですか?」から是非言ってみたいです!
      ありがとうございます( ノД`)そう!その「どういう意味ですか?」から是非言ってみたいです!
      2022/03/09
    • workmaさん
      ありんこゆういちさん

      思いやりがあって、やさしい人ほど人間関係で苦労するんですよね…
      共にがんばりましょp(^-^)q
      ありんこゆういちさん

      思いやりがあって、やさしい人ほど人間関係で苦労するんですよね…
      共にがんばりましょp(^-^)q
      2022/03/09
  • 心理学の実験結果などを交えながら、他人に攻撃(無神経な言動など)されたときの対処法について説明してくれます。

    マンガなのでささっと読めて、2時間程度で読了できました。
    適切に言い返す重要性はとてもよくわかりました。


     過去に言い返せなくて悔しかった経験を思い出しながら、「あのときはどう対処すればよかったか」と考えつつ読みました。ですが、現実には漫画の例にでてくるようにあからさまな攻撃を仕掛けてくる人ばかりではないので、実際の場面で反撃してもいい状況をその場で判断するのは難しいなぁと感じました。
    本の最後にも触れられていましたが、受け手側の心理状態によって実際以上にネガティブに言葉を受け取ってしまうこともあるし、相手の言葉の裏を読みすぎてマイナスに受け取っちゃうこともあると思います。

    実際の場面で活用するには、練習が必要です。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ゆうきゆう精神科医。マンガ原作者。東京大学医学部卒業。『マンガで分かる心療内科』(少年画報社)など著書多数。ゆうメンタルクリニック・ゆうスキンクリニックグループ総院長。

「2022年 『心の不調がみるみるよくなる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゆうきゆうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
砥上 裕將
宇佐見りん
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×