「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)

制作 : Bren´e Brown  本田 健 
  • 三笠書房
3.58
  • (8)
  • (9)
  • (11)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 135
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837957454

作品紹介・あらすじ

自分の弱さ、不完全さを受け入れ、自分らしく生きるには?
――この本にあるのは、「ポジティブ思考」だけでは解決しなかった
人生の問題を、劇的に変えてくれる画期的な手法。
一度知ってしまえば、一生役に立つということをお約束する。

キーワードは“恥”と“弱さ”。

心理学者である著者は、
世界的な講演家たちが集まるトークイベント「TED」で、
絶大な支持と賞賛を受け、本書は大ベストセラーになった。

ベストセラー作家、本田健の翻訳で日本初上陸する。

各国から届いた大絶賛の数々――

☆「人生というゲームのルール」を変えてしまう本

☆自分自身と、まわりの人を見る目が変わりました

☆「ハート」の奥深くにまで届く貴重な本だ

☆大事なところに黄色のマーカーを引いたら、どのページも真黄色になってしまった

☆まわりの人にプレゼントしたい本、ベスト1

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大事なことを書いているんだろうけども何となく頭に入りづらくて、何の話だったっけ?と思っていた。構成がうまく飲み込めなかったのかも。読みやすいようでいて、実はかなりじっくり読まないとわからない本なのかも

  • 読んでみて『ネガティブな感情の魔法』という題名が残念に感じるくらい、中身は魔法だなんて軽いものではなかった。
    地に足がついている方法である。

    英語タイトルは『The gift of the imperfection』。

    著者(心理学者)の実際の経験談が元になっているが、アメリカで行われているTEDのプレゼンターを務めたほどの著者ブレネーブラウンでさえも、ネガティブな感情や不必要な完璧主義や、自分自身への羞恥心と闘ってきた事にまずは、とても共感をさせられる。

    日常自分が感じていた違和感が『あぁ自分だけじゃないんだ』とほっとし、安心して読み進めることができる。

    ★5つをつけたが、内容がてんこ盛りすぎてまだ自分の中で消化しきれていない。何度か読み直したいと思っている。

  • ブレネー・ブラウンのTEDのプレゼンをみて、インパクトをうけたので、本も読んでみた。
    原題は、"the gifts of imperfection"。タイトルだけで、これ、これ、これですよ!!!と思う。本当にこのタイトルだけで、OKな本です。

    ありのままの自分でいる、ということがどういうことなのか。それは、かっこわるいところを自分らしいものとして、受け入れること。そこをから、始まるんですね。
    共感。

    といっても、すぐできるわけではない。

    が、「すぐできるわけでない」自分を受け入れるというわけですね。

  • ありきたりであまり頭に入って来なかったが最後は良かった。

    ???「もっと熱くなれよ!」

  • うーむ
    当たり障りなくって感じ

  • ・恥や怖れ、不安などの弱くてもろい感情の中に、人生をよりよく生きる鍵が眠っている。

    ・その人が一流であればあるほど、深く悩んでいることがわかった。彼らはいつもリスクや不安と隣り合わせで、自分と向き合い、悩み尽くした末に「えいやっ」と大きな仕事をしている。絶えず自問自答するということが、より素晴らしいものを生み出す原動力になるのだろう。

    ・「ダメだな」「不安だな」「自信がないな」という思いは、実は素晴らしいことにつながると気づいた瞬間に、人生は大きく変わっていく。

    ・「本当の自分を生きる」ためには、もっと知識を深め、自分がまだもっていない能力を追求するだけでなく、「自分のもろく壊れやすい部分を受け入れること」が不可欠。

    ・思いやりは、傷を癒す人と傷を負った人の間にではなく、対等な関係の中にのみ存在する。自分の闇を深く理解してこそ、他人の闇に共感できる。人間性を分かち合えたときはじめて、思いやりが生まれる。

    ・思いやりとは無制限に人にやさしくすることではない。本当に思いやりのある人は、自分の「できること」「できないこと」の境界線をはっきりと意識している。

    ・政治や経済から、職場、家庭まで、どんな分野にでも言えることだが、自分勝手に怒りをぶちまけたり、思いやりに満ちた行動をとれないのは、「怒ったり非難したりするだけで、自分の思考パターンを見直さないこと」が原因。

    ・「つながり」を言い換えると「自分のことを見てくれている、聞いてくれている、価値を認めてくれている、と感じるとき、また批判せずに、ギブ・アンド・テイクができるとき、そして、お互いの関係から栄養や力をもらえるときの、人と人との間に存在するエネルギーのこと」。

    ・羞恥心とは「自分には欠陥があるので、愛される価値や人とつながる価値がない」という悲観的な思考から生じる、痛ましい感情や経験。でも、どんな人でも羞恥心は克服できる。恥の感情は打ち明けると消えていく。羞恥心を口に出すことで、自分を変える力を得ることができる。

    ・完璧主義はベストを尽くすこととは違う。目指すべき目標でもなければ、成長でもない。それは完璧に生き、完璧に見られ、完璧に行動したり、非難、批判、恥を最小限に留めたり避けられたりするという「守りの信念」のこと。あなたが引きずって歩いている、いわば重い盾。

    ・不安は「避ける」より「向き合う」といい。

    ・周囲の人に不安を伝染させたいですか、それとも、平常心を忘れず、自分も周囲の人も癒したいですか。もし後者を選ぶなら、平常心を身に付ける努力をしてみましょう。大切なのは毎日のほんのちょっとの積み重ね。

  • ネガディブな感情は誰にでもあるものです。自分も何かネガディブな感情を感じるとふとした瞬間、この本を再読しています。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

ブレネー・ブラウン
ヒューストン大学ソーシャルワーク大学院研究教授。その画期的な研究は、公共放送サービスPBSと公共ラジオ放送NPRで紹介され、TEDトーク「傷つく心の力」(2010年)で知られる。
『ニューヨーク・タイムズ』紙No.1ベストセラーに輝いた著書多数。
邦訳に、『本当の勇気は「弱さ」を認めること』(サンマーク出版)、『「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 』(三笠書房)などがある。

「2017年 『立て直す力 RISING STRONG 感情を自覚し、整理し、人生を変える3ステップ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブレネー・ブラウンの作品

「ネガティブな感情」の魔法: 「悩み」や「不安」を希望に変える10の方法 (単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする