自信 (知的生きかた文庫)

著者 :
  • 三笠書房
3.68
  • (17)
  • (12)
  • (25)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 174
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837971481

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本では自信を得たければそれまでの依存の人間関係を断ち切り、新しい人間関係をつくることだ、とあります。

    でも、それは容易なことじゃないです。
    以前そんな関係にいた私だからこれははっきり言えます。
    衝撃的なきっかけでも無い限り、よほど本人の変わりたい意思が強くない限り、それは無理です。

    私は数年前にある事がきっかけで、それまでの人間関係を全て自分から断ち切りました。
    今でも、あの事が無ければずっとあの中にいたのだろうと思います。

    依存の関係にいると、どこかおかしいと思う事があっても、居心地も良いのです。
    だから薄々やめた方がいいと分かっててもやめられない。
    まるで麻薬のようなものです。

    この本にこんな事が書かれてました。
    「他人から自分が行きたくないところに誘われたりした時、断ったら嫌われるだろうと恐れて、いやいや一緒に行く人がいる。この人は自分を誘ってくれた人に嫌われたくないために、自ら自分を嫌いになることを許してしまっているのである。」

    これは正に以前の私だと思いました。
    今でもまだその習性は残ってます。
    だって40年近く、行きたくなくても、したくなくても、人を失望させないために、嫌われないためにした方がいいという考え方だったから。

    結局そうやって嫌々相手に合わせても、その人から感謝されるでもなく、私もしんどい思いをするだけ。
    私は私のしたい事をしたらいいんだ。
    したくない事はしなくていいんだ。
    関係を切ってそう思えるようになりました。

    自分の人生を生きる。

    まずは小さい事からでも実行していって、自分を尊敬できるようにしようって思っています。
    そして、そんな風に思えるようになった事が幸せだと思ってます。

  • 母娘共依存症の原因となった理由が
    はっきりした本です。

  • 久し振りに読みました。改めて、行動を促してくれる本であり、思い込みをほぐしてくれる本だと思いました。

  • 色々自分の弱い部分に向き合わされる本だった。
    でも、確かにそう思える部分もあり、弱い部分を克服するにはいい機会になったと思う。

  • なぜ自信が持てないのか、また自信のなさを誤魔化すためにどんな行動をとってしまいがちか確認できる。理路整然分かりやすく、納得できる。うまくいけば、自分の弱さに立ち向かう力が沸いてくると思う。
    でも、今にも泣いてしまいそうなくらい落ち込んでいるなら、この本ではきつすぎるかも。
    先ずは少し柔らかい本でも読んで心を整え、休んでからがおすすめ。
    私の場合はこの本読めたときは比較的調子が良かった。

  • 読みながら「そう、そう!」と共感する箇所がいくつもあった!他の本も読んでみたい。

  • 僕の人生を変えた本。自分が好きになれない理由、人生が楽しくない理由がこの本のおかげで見つかった。

  • 実際に読んだのはこの本ではない。
    加藤諦三氏の著は、高校生の頃の僕の青春バイブルであった。
    読み漁っていたのだけど、当時の著作名はすっかり忘れていて、氏の経歴からみると「若者の原点」というタイトルは覚えがある。
    当時40代であった氏の主張は10代の僕たちの心に刺さるものがあった。
    自分が青春論に傾倒していたことに懐かしさを感じるとともに、ふと今の著書を読んだらどう感じるだろうか そんなことを思った。

  • 「避けることからは、いかなる自信も生まれてこない…」。それは日頃から、私自身も気づいていたことだけに、やっぱりショックでした。さまざまなことに挑戦し、自分を試して自分限界を知りさえすれば、たとえ実際の自分がどうであれ、人は本物の「自信」を見つけることが出来るんです。ずっと自分が切望する「自信」を手に入れるには、やはり自分自身が行動しなきゃ駄目なんだと知りました。

  • 単身赴任の中、自宅の断捨離対象になった。 2001年の本。
    仕事の壁に行き詰まっていたんだろう。内容は全く覚えていない。
    役に立ったのかも不明。 勉強熱心だったんだと過去の自分に感心。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1938年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程修了。現在、早稲田大学名誉教授、ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員、日本精神衛生学会顧問(元理事)。ニッポン放送系ラジオ番組「テレフォン人生相談」のレギュラーパーソナリティを約半世紀つとめている。

「2018年 『怒ることで優位に立ちたがる人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

加藤諦三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
フランツ・カフカ
村上 春樹
デイル ドーテン
ジェームス W....
デール カーネギ...
デール カーネギ...
スペンサー ジョ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

自信 (知的生きかた文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする