病気にならない全身の「ツボ」大地図帖 (知的生きかた文庫)

  • 三笠書房
3.68
  • (6)
  • (6)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 129
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837978121

作品紹介・あらすじ

本書では、素人でも見つけやすく、安全で、確かな効果がある「ツボ」を、症状別に説明しています。ツボとは、様々な神経や筋肉、血液が集中したり分岐したりする重要な部分。刺激すると、全身の「気と血」の流れが根本から整います。血液や栄養、酸素が、体のすみずみまで行き届き、頭の回転が促進され、ストレスが自然に解消され、内臓が丈夫になり、老化を防ぐことまでできるのです。痛みなど、辛い症状はもちろん、なんとなくだるい、元気がない、疲れがぬけない…そんな病名のない不調も、根こそぎ退治する効果があります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読書録「病気にならない全身の「ツボ」大地図帖」3

    著者 帯津良一、藤井直樹
    出版 三笠書房

    p172より引用
    “でも、ストレスを受ける→食べる→血糖値
    が上がる→幸福感、という回路がつながって
    悪い連鎖ができあがってしまうと太る一方な
    ので、ストレスから遠ざかるのが一番の対策
    です。”

    目次から抜粋引用
    “なぜ、ツボを押すと健康になるのか?
     胃の痛み
     二日酔い
     禁煙
     食欲コントロール”

     幅広い方面から医療を行う著者による、体
    のツボを紹介する一冊。
     ツボ押しと健康との関連性についてから
    各症状別のツボの位置と押し方についてまで、
    ツボの場所がよくわかるイラストと共に記さ
    れています。

     上記の引用は、ストレスによる過食に効く
    ツボについて書かれた項での一節。
    ストレスから離れられるのであれば、それが
    何よりなのでしょうが、生活する上で離れら
    れないストレスも多々あるでしょう。
    少し自分の体の一部を抑えることで、悪循環
    から逃れられるのであれば、こんなに簡単な
    方法もないのではないでしょうか。
     著者の略歴を見てみると、少し首をかしげ
    たくなるような事も書かれていますが、ツボ
    押しなら気軽に試せていいと思います。

    ーーーーー

  • いざっというときに知っておくと便利。不整脈でひまなときに試してみたい。

  • 体調不良とか、体のどこかが気になったら読みたい本。頭痛、腹痛、肩こり、眼精疲労他いろんな症状に効くツボがあるので、いろいろ試してみたい。

  • 貰ったんで読みました。ツボの効果を否定する材料は自分にはないけど、効くという実感もないんでなかなかやってみようという気にならないのが正直な気持ちです。

  • 肩こりがひどいく痛くてどうにもならない。ということがたまにありますが、つぼを押すと少し良くなったような気がします。(気のせい?)
    その他「食欲のコントロール」「体脂肪」「デトツクス」「うつ」など便利なツボも紹介取れているので何かと便利。

  • 意外と効くなと思いました。
    この年末年始の間に有用なものだけでもマスターしようと思います。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

医学博士、帯津三敬病院名誉院長、日本ホリスティック医学協会会長。

「年 『自然療法Ⅲ 疾病別治療法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

帯津良一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
ジェームズ アレ...
ロンダ・バーン
内田 和成
鈴木 陽一
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×