知るだけで数字に強くなる技術: 楽しみながら「計算力」「算数力」がつく (知的生きかた文庫)

著者 :
  • 三笠書房
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784837982913

作品紹介・あらすじ

たとえ「数字嫌い」な人でも、こんなことができるようになる!

・電卓なしで2ケタ×2ケタの暗算ができる
・「税込の価格」を頭の中で計算できる
・数の増減を「%」でサラッと表現できる
・仕事が終わる見込みの時間を計算できる
・カロリーや塩分量を正確に求めて健康管理……

【著者の言葉】
タイトルを見て、「“知るだけで”そんな簡単に数字に強くなれるの?」と思われた方もいるかもしれません。でも、安心してください。
数字に強くなるためには、小学校で習った算数や計算をうまく使うだけで十分なのです。数字に強いかどうかは、その人の素質では決まりません。小学校レベルの算数や計算で理解できる、ちょっとしたコツや技術をマスターできているかどうかによって決まるのです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 暮らしに役立ちそうな簡単な算数の知識や計算のコツが紹介されている。

    お父さんとお母さんの身長から、子どもの身長を予測する計算式がおもしろい。

    男の子の予測身長=(両親の身長の合計+13)÷2+2
    女の子の予測身長=(両親の身長の合計-13)÷2+2

    これによると、うちの場合、男の子なら176cm、女の子なら163cm。

    そのほか、2ケタのかけ算の暗算テクニックや、食品に表示されているナトリウム量を食塩量に換算する方法、二日酔いしないための飲酒量を計算する方法などもあり、少しだけ数字に強くなれた気がする。

  • 1÷8が0.125、3÷8が0.375、5÷8が0.625、7÷8が0.875は覚えてなかったので、覚えようと思った。
    カロリーや食塩の計算など、生活に役立つ話題があって算数や数学は苦手意識があるが、身近に感じられ読みやすかった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

東京大学経済学部卒。プロ数学講師。志進ゼミナール塾長。プロ家庭教師、SAPIXグループの個別指導塾の塾講師など15年以上の豊富な指導経験があり、常にキャンセル待ちの出る人気講師として活躍している。現在は、学習塾「志進ゼミナール」を主宰し、小学生から高校生に指導をおこなっている。毎年難関校に合格者を輩出している。数学が苦手な生徒の偏差値を18上げて難関高校(偏差値60台)に合格させるなど、着実に学力を伸ばす指導に定評がある。暗算法の開発や研究にも力を入れている。著書は、『小学校6年分の算数が教えられるほどよくわかる』(ベレ出版)、『小学校6年間の算数が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)、『中学校3年間の算数が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)、『ビジネスで差がつく計算力の鍛え方』(ダイヤモンド社)、『この1冊で一気におさらい! 小中学校9年分の算数・数学がわかる本』(ダイヤモンド社)など多数。

「2018年 『中学校3年分の数学が教えられるほどよくわかる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小杉拓也の作品

ツイートする