東京藝術大学大学美術館所蔵 柴田是真の植物図 (趣)

  • 光村推古書院
4.83
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838104956

作品紹介・あらすじ

江戸時代から明治を生きた漆芸の職人、柴田是真。東京藝術大学大学美術館に所蔵されている柴田是親の傑作、「明治宮殿千種之間天井綴織下絵と写生帖から、植物の写生を選りすぐって掲載する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幕末から明治にかけて活躍した絵師・柴田是真(しばたぜしん)の遺した植物画を多数収録。素晴らしい描写力に驚くばかりです。むせかえるような花の匂いまで感じることができました。墨の線画が勢いがあり正に名人芸です。

  • 桜の章がすごく楽しかった(桜華百色) あとオミナエシが好き

  • たまたまこの本を図書館で見かけて是真と出逢いました。
    こんなに躍動した植物図は初めて見ました。
    植物の描写力に加え、いかに人の目を楽しませるか、演出する力も持っていた人ではないでしょうか。
    他の作品も見たいです。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784838104956

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京藝術大学大学美術館准教授。

「2007年 『海野勝珉 下絵・資料集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横溝廣子の作品

ツイートする