子供の十字軍

  • マガジンハウス
4.33
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (75ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838702978

作品紹介・あらすじ

戦乱のポオランドをのがれて子供たちが行く、平和の地を求めて。ブレヒトが魂をこめて謳いあげた感動的な名作。美しい銅版画を添えて贈る宝石のような詩集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 矢川澄子訳、山村昌明の銅版画によるブレヒトの詩です。

  • ドイツの劇作家であるブレヒトが第二次大戦中のポーランドの子供たちを
    うたった詩です。
    国籍や民族を越えて集まった子供たちが、戦地をさまよう姿が描かれます。
    最終連を読むと、胸がいっぱいになります。
    山村昌明氏の銅版画も美しい詩集です。

    大分県立芸術文化短期大学:
    国際総合学科(日本近代文学) 教員 野坂昭雄

  • 絵も美しかったし、文章もたんたんと読みやすかった。しかし情景の悲惨さ、不気味さ、悲しい滑稽味がひしひしと伝わってきた。長谷川四郎版も読んでみたいところ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1898年生まれ。ドイツの劇作家、詩人。「叙事的演劇」を提唱して、劇団「ベルリーナー・アンサンブル」を創設し、二十世紀の演劇に大きな足跡を残す。1956年心筋梗塞のためベルリンで死去。代表作に本書収録作のほか『三文オペラ』『マハゴニー市の興亡』『肝っ玉お母とその子どもたち』『ガリレイの生涯』などがある。

「2020年 『アルトゥロ・ウイの興隆/コーカサスの白墨の輪』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ベルトルト・ブレヒトの作品

ツイートする
×