ツインクル (Mag comics)

著者 :
  • マガジンハウス
3.78
  • (162)
  • (70)
  • (257)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 731
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838708970

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み終わったら世界が輝いて見える。ピアノの話はとても悲しかった。

  • こどものころってこんな風に世界をみてた気がする。かわいいだけじゃなくて、怖いところが好き。混沌としてるかんじも、夢のような、こどもの脳みその中のような、そんな感じがして好き。

  • 傑作『CLOUDY WEDNESDAY』が入ってます。かわいい絵柄の裏にストイックなマンガ表現が。視点についてここまで意識的な作家はそうはいないでしょう。

  • 旧来の漫画の話法を解体していく恐ろしく前衛的な手法と本質的な叙情性がギリギリのところで拮抗した、漫画史に残る大傑作。これ以降の作品は「解体」のベクトルがやや勝っている部分がある。

  • 子供の頃のことを思い出す。

  •  冬野さほさんは、とても気になっていた作家さんでした。高野文子さんが『コミック・キュー』で「CLOUDY WEDNESDAY」をカバーしていたのをきっかけに原作が読みたくなり購入したのですが、この世界観、とっても好き! ざわざわした雑踏の中にいても、自分のストーリーがしっかり展開されている、というかんじがします。

  • 昔に読んだ時よりも今読んだ方がこの人の世界観ってのがわかるなぁ、と感じながら読んでいた。その見方か、という部分が多々ある。忘れてしまったものを思い出す。(10/5/26)

  • とにかく、絵がかわいすぎる。

    話より絵を楽しむ感じ。

  • 全てがすき。ストライク☆

  • ピアノ教室に通う女の子のクリスマスの話がなんか切なくてすきです

全108件中 1 - 10件を表示

冬野さほの作品

ツインクル (Mag comics)を本棚に登録しているひと

ツイートする