東京タワー

著者 :
  • マガジンハウス
3.29
  • (266)
  • (457)
  • (1550)
  • (167)
  • (55)
本棚登録 : 3992
レビュー : 649
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838713172

作品紹介・あらすじ

「恋はするものじゃなく、おちるものだ」。ふたりの少年と年上の恋人-恋の極みを描く待望の長篇恋愛小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学生、19歳の透と耕ニ。ふたりの共通点は同じ高校に通っていたこと。そして人妻と付き合っていること。

    詩史に夢中になる透。透明な魔女みたいな魅力を持った人妻・詩史に、彼は心の底から依存し、弄ばれる。現実的には彼女と一緒に暮らすことなどできるはずはないと理解しつつ、透は詩史と一緒に生きていくことを選ぶ。

    女と別れるときは自分からと決めている耕ニ。情熱的で感情的な人妻・喜美子、大学生・由利。ふたりを交互に回し、イニシアチブをとっているのは自分だと信じていた耕ニだったが、かつて手を出した人妻・厚子の娘、吉田が現れ、喜美子に翻弄され、由利にも別れを切り出される。

    ----------------------------------------------------------

    前に読んだのは大学1年のころだったから、もう5年くらい前のことで、そのころとは違う部分が今回は気になった。

    透が目の前の詩史だけでなく、過去の詩史をも追いかける姿や、過去の耕ニを追いかける由利の姿にゾクゾクした。

    そのひとが昔好きだった本や音楽、過ごした場所、なんでもいいからそのひとを追いかけて、そのひとのかけらを集めたくなる気持ち。

    「そのひとの過去が知りたいと思ったら、そのひとのことが好きなんだぞ。それも相当にな」と言っていた中学の社会教師を思い出した。

    中学1年生に対して、何でわざわざそんなこと言ったんだろうと思ってたけど、
    彼も誰かを想っていたんだろう、今ではそう思う。

  • 再読。19歳の二人の青年と二人の人妻、それぞれの恋愛模様。15年前に読んだ時には青年側の心情に同調したのに、今は人妻側の揺れる気持ちの方に共感できる。読書の醍醐味ですね。耕二の欲望そのままの刹那的な恋愛と、徹の真っすぐで深くて揺るぎない恋慕の対比が素晴らしい。一緒に暮らさないで一緒に生きる・・・ある程度の年齢と経験が言わせた、含蓄あるこのセリフが心に響く。

  • 二人の結末が書かれておらず、すっきりしない終わり方。
    なのに、すごく「いい本だった~。」と思った。
    言葉選びがいいんだろうな。
    言葉が気持ち良く、心にはいってきた。

    映画の予告だけみていたから、
    岡田くんと黒木瞳、松潤と濡場の女王・寺島しのぶで読んでしまった。
    だからよかったのかも。

  • すごく昔の自分を思い出す。
    これはありそうな話だなーって読んでました。
    これは今の私が読むからしっくりくる本なのかもしれない。若い頃に読んでも難しく考えるだけ。
    読むタイミングが良かった。とても心地よく読めた。

    まだ若かりし頃、歳上の人って、考え方とか時間の感覚が違うんだなってずっと思ってました。
    大人になってから、その時理解できなかった言葉の意味を理解できるようになって、あとから答え合わせのような感じです。
    できるだけ一緒にいたいと思う人と楽しい時間をお互いに共有できるだけでいいと思う人。
    同じ好きでも種類の違う好き。
    私は上手くいかなかったな。いろいろ経験した結果、やっぱり恋もシンプルがいいと思う。現実的には複雑な恋はいつか疲れるから。

  • 「言葉は僕を裏切る」「理性をかき集める」。表現がきれいなので、不倫の話だけど読んでいて心地良かった。読後に結末が欲しかった私にとって、エンディングには少し歯がゆさが残るので−★。江國さんの本、他にも読んでみたいな。

  • はじめての江國さんの作品。
    独特の空気感がとても心地よいなあと
    思いながら読み終えた気がします。

    透の、心の透明感が
    すごくすきでした。

  • 映画から先に観てしまったため、映画のイメージが入ってきてしまったのですがとても面白かったです。江國さんの作品は今回がはじめてだったのですが、とても読みやすく雰囲気も好きです。書き方が好きなのかもしれません。

  • お金も夫も店舗も別荘も自由もある美しい詩史と、
    優しい大学生・透の静かな恋愛‥
    そして透の同級生・耕二と人妻喜美子の濃密な情事‥
    二組の対比を、弟の打ち明け話を聴くように読ませていただきました。

  • 東京タワーって夜のライトアップはすごく幻想的だけど、昼間はすこし興ざめする気がする。鉄塔のフォルムは美しいけれど、館内は年季が入っていて「昭和だな」という雰囲気がある。

    このお話の女性たちも、暗いところでは魅惑的で奔放だけど、お天道さまのもとでは社会人として年相応の生活をしながら上手に仮面をかぶってる。若い男の子たちは、魅惑と現実の間を行ったり来たりしながら、大人のずる賢さに翻弄されてしまう。

    前に読んだときは男の子たちと同じ年代、今回は女性たちと似たような年代。あのときは「?」だったものがなんだか理解できるような気がして、年を重ねても重ねたなりに味わえる小説はいいなと思いました。今みたいにケータイも普及していない時代ならではのもどかしさもまた、なんかよい。

  • 表現がきれいだったので雰囲気で読了できたけれども、二人の少年が両極端で妄想的だったので全然共感できなかった。
    妄想的な恋バナに終始。
    ここまで共感できないものを読んだのは、久しぶり。

全649件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

江國香織の作品

東京タワーを本棚に登録しているひと

ツイートする