東京タワー

著者 :
  • マガジンハウス
3.29
  • (266)
  • (455)
  • (1548)
  • (167)
  • (53)
本棚登録 : 3970
レビュー : 646
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838713172

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 劇的な展開はないけど、ゆるゆると過ぎて行く少年たちの物語。
    さらっときれいで、こういう系の江國ワールド結構好き。
    好きな人がいて、たとえ両思いでも、恋って思い煩うもの。
    失恋直後の私にはそんな苦しさも懐かしかったり、、、恋がしたいわーって思わせてくれる一冊^ ^

  • 江國さんの作品は初めて読んだのかもしれない。この種の作家は好き。そういう女流作家が書く男性主人公だったのだけれど、読んでいて思うのは男性主人公にこうやって想われたいと思っているのか、それともこうやって想いたいと思っているのか、それとも男性主人公の内面の好きな人への好意以外の何かに惹かれているのか、どれなのだろうと。

  • けっこうチープ。

    耕二くんサイドみたいにどこまでもチープなほうが私にとっては感じがいい。
    高尚な雰囲気を醸し出しつつ、ありきたりな不倫をしている詩史さんって、ぜーんぜんいい女じゃないとおもう。

    この"大人っぽい”俗っぽさというのに、惹きつけられる人は惹きつけられるんでしょうかね。年をとったら分かるんだろうか。
    江國香織大好きだけど、これは好きじゃないというか嫌い。

  • 振り出しに戻る的エンディングにすごく疲れるというか、不遜な感じです。透にいたっては何も始まらずに終わってるし。

  • “世の中でいちばんかなしい景色は雨に濡れた東京タワーだ。”で始まる、「東京タワー/江國香織」再読、読了。読み終わったら、雨に濡れた東京タワーが思い浮かび、悲しかった。きっと、恋をする苦しさが浮き彫りだからだ。

  • お風呂によく入っているなーという印象が強いです。いま思い起こすと。

  • 映画のキャスティングを知った上で読んだため、頭の中で各シーンをイメージしながら読めた。
    大学生が母親の友人と恋をする不倫の話だけど、江國香織が描くと美しい。

  • 以前持っていて、今回出だしが読みたくて読み返した。
    「世の中でいちばんかなしい景色は雨に濡れた東京タワーだ。
     トランクスに白いシャツを着ただけの格好で、インスタントコーヒーをのみながら、小島透は考える。」

    年上の女性と付き合う、大学生の男の子二人が主人公。
    読者の鼻につかないように、一般人に「格好付けている」と言わせている。

  • 何だかな・・・
    こういう「恋愛小説」苦手
    わたしの心が渇ききっているのでしょうか(涙)
    ドロドロしたり、誰か死んだりしないの?

  • 読みやすかった。一日で読んだ。
    場面が変わる描写がなくてもセリフで変わったことがわかるのがさすが江國香織だとおもった。
    年下男年上女の話。
    どう考えてもうまく行きそうな感じはしない子に、なぜか気になってしまう。

全646件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

江國香織の作品

ツイートする