東京タワー

著者 :
  • マガジンハウス
3.29
  • (266)
  • (455)
  • (1548)
  • (167)
  • (53)
本棚登録 : 3970
レビュー : 646
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838713172

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「対岸の彼女」を見た後のタイミングでこれw
    病的な女の後は病的な男の話。当時話題になったそうだけど全然面白くもわくわくもなかった。

  • けっこうチープ。

    耕二くんサイドみたいにどこまでもチープなほうが私にとっては感じがいい。
    高尚な雰囲気を醸し出しつつ、ありきたりな不倫をしている詩史さんって、ぜーんぜんいい女じゃないとおもう。

    この"大人っぽい”俗っぽさというのに、惹きつけられる人は惹きつけられるんでしょうかね。年をとったら分かるんだろうか。
    江國香織大好きだけど、これは好きじゃないというか嫌い。

  • こんな女はいない。
    いなくてもいいんだけど、持ち味であるさらっとクールな雰囲気も出せておらず、半端に生暖かくて心地わるい。
    こんな恋愛も特に憧れない。

    江國の小説はたぶんどれも、感情移入したり共感したりを読者に要求するものではなくて、その雰囲気を楽しめということなのだと思っているのだけれど。
    楽しめなかった。

  • こんな関係もありなのかなとは思いますが、羨ましくはないなぁ。閉ざされたサイクルに嵌っているだけな気がする。

  • キャラ設定とか情景模写が細かいのって好きじゃない。
    でも潤くんがこれ原作の映画に出演したのと、リアルに本棚に入ってるんで、はい。

  • 映画のほうがいいかもしれない。

  • 文章や言葉や描写は美しいけど、オチのない話でがっかり。
    江国さんてどうしてこうなのか(笑)

  • 何が良いのかさっぱり。
    最後まで読んでないけど、この文、受け付けない。

    カルチャーとしての愛だの恋だのなんて、どーだっていい事なのだ。
    こんな男の子や、共感する女の子も沢山居るのかもしれないけど、だったらその程度の事を本にまとめる必要があるか?
    いくらでも腐るほど転がってる事、しょーもない合コンだけで盛り上がればいいだけの話なのだ。

  • パスタ(笑)セレブ(笑)年上の女性との恋愛(笑)恋はするものじゃなく、おちるものだ(笑)

  • 内容忘れた。不倫とかそんな感じ?
    ・無理
    ・生理的に受け付けない
    ・だからなんだ
    ・それで終わりってか

著者プロフィール

江國 香織(えくに かおり)
1964年、東京生まれの小説家。1986年、児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。2004年、『号泣する準備はできていた』 で、第130回直木賞を受賞。他、山本周五郎賞、中央公論文芸賞、川端康成文学賞、谷崎潤一郎賞など受賞歴多数。代表作として、映画化もされた『きらきらひかる』や『冷静と情熱のあいだ』など。女性のみずみずしい感覚を描く作家として、多くの読者を魅了している。また、小説から絵本から童話、エッセイまで幅広く活躍中。翻訳も手がけている。2019年5月2日、2年ぶりの長編小説『彼女たちの場合は』を刊行。

江國香織の作品

ツイートする