ねっとのおやつ

著者 :
  • マガジンハウス
3.60
  • (29)
  • (17)
  • (71)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 220
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838713509

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 四国はどこまて入れ替え可能かが一番笑った。子供忍者ちび丸、賞味期限、ミニ象が好きだったな!

  • 元々Web上て配信されていたショートアニメーションを漫画化したもの。

    アニメの方は見たことありますんが、本をよんでいると映像画浮かんでくる気がします。

  • 画のタッチが可愛くって、一日に一個ずつ読んでいったら、それが楽しみになるって思った。

  • 視点の変化がたのしー
    四国交換

  • (2014-10-18L)

  • すべてが、かわいい!

  • 佐藤雅彦さんのかわいいまんが。

  • ピタゴラスイッチ大好きなので読んでみた。
    かわいいぞおお!!
    なんだこの和む感じは。
    かなりツボでした。
    この人の字がまたかわいい。

    「ミニぞう」と「ちび丸」にやられた。

  • ほのぼのでアル。

  • 佐藤雅彦さんらしい視点や挑戦に魅せられワクワクしながらページをめくり、あっという間に読み終えてしまった本。

    「くすっ」とか「はっ!」とすることが多くく、表情がくるくる変える。

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年、静岡県生まれ。東京大学教育学部卒。慶應義塾大学教授を経て、現在、東京藝術大学大学院映像研究科教授。主な著書に『経済ってそういうことだったのか会議』(竹中平蔵氏との共著・日本経済新聞社)、『新しい分かり方』(中央公論新社)、『考えの整頓』(暮しの手帖社)、『差分』(美術出版社)、『毎月新聞』(中公文庫)ほか多数。また、ゲームソフト『I.Q』(ソニー・コンピュータエンタテインメント)や、慶應義塾大学佐藤雅彦研究室の時代から手がけている、NHK教育テレビ『ピタゴラスイッチ』『‪0655/2355』『考えるカラス』など、分野を越えた独自の活動を続けている。2011年に芸術選奨受賞、2013年に紫綬褒章受章、2014年にカンヌ国際映画祭短編部門招待上映。‬‬‬

「2017年 『行動経済学まんが ヘンテコノミクス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐藤雅彦の作品

ねっとのおやつを本棚に登録しているひと

ツイートする