TAJIRI ザ ジャパニーズバズソー

著者 :
  • マガジンハウス
3.55
  • (0)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838713844

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 嘘ではないんだろうけど、ひと頃アメリカではイチローや松井より有名な日本人だっだそうだ。
    イチローや松井がアメリカでどれだけ有名かは知らないので、比較されてももうひとつ分からない。
    しかし、WWEがプロレス団体の枠大きく越えて巨大なスポーツ・エンターティンメントを取り扱う会社であるというのは大体わかる。
    確実日本の総理大臣よりは知名度はあるとおもう。

    物心ついた時からのプロレスファンだが、TAJIRIがアメリカで活躍していた時は、ちょうどプロレスから離れていた時期だった。
    総合格闘技やK-1が台頭し、馬場さんが亡くなり猪木が引退した。プロレスの軸が揺らいでテレビの放映もなくなった。
    前のように状況を追いかける気も失せていたのだ。
    しかし、その少し前、TAJIRI(田尻)が大日本プロレスでグリーンボーイだったころに、一度試合を観て、非常に印象に残った記憶がある。
    「ん、コイツは!?」と思ったのだ。動きに切れがあってダイナミック。すごくいいレスラーだという印象を受けた。
    その勘を信じて追いかけて(と言っても、すぐに日本から単身メキシコへ行ってしまったので、追いかけられなくなったのだが)いれば良かった。
    アメリカで成功したと聞いたときも、あの地味な顔を思い浮かべてピンとこなかったのだが。

    いまはYouTubeもあるので、遅ればせながら、WWEスーパースターとしてTAJIRIを観ることができる。
    やはり素晴らしいムーブがより一層研ぎ澄まされている。
    武藤とは違うタイプのプロレスの天才なのだろう。

    文章も多分、自分で書いているようだ。基本的には。レスラーに憧れて、WWEで大ブレイクするまで。

    日本でのキャラクターもまずまずのようで。あとはブレイクせずとも、楽しいプロレスを見せてくれればいいね。

    見たところ、自分のチームなり弟子なりを作るタイプでもなさそう。
    TAJIRI≒田尻をどのように魅せてくれるか。

    読みやすく面白い。TAJIRIももう40歳なんだが、もうしばらくは楽しませてくれそうだ。

    全く書評になっていないが。

  • 地味なプロレスラーがメキシコに渡り、アメリカに流れ着き、世界一の舞台で活躍するまでのブレイクストーリー。
    海外でも何とかなるという勇気を与えてくれる。

  • 読め!!

  • WWE日本人選手のTAJIRIの自伝。選手のオフショット等貴重なものも収録。クリスチャン好きはどうぞ。

全4件中 1 - 4件を表示

TAJIRIの作品

ツイートする