図書館の神様

著者 :
  • マガジンハウス
3.58
  • (330)
  • (562)
  • (1004)
  • (66)
  • (9)
本棚登録 : 3241
レビュー : 633
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838714469

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公の清と垣内くんとの爽やかな関係と、清の不倫の話が、半々の比重で書かれてる印象です。私としては、清が教職員としてひどい手抜きをしたり、教員採用試験に受かっていない教職員を見下したりしているのに、それらが全部帳消しになって、生徒たちに認められている描写が、どうしても納得いかないです。

著者プロフィール

瀬尾まいこ(せお まいこ)
1974年、大阪府生まれ。大谷女子大学国文科卒。2011年の退職までは、中学校で国語教諭として勤務する傍ら執筆活動を行っていた。2001年『卵の緒』で第7回坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、これが翌年単行本デビュー作となる。2005年『幸福な食卓』で第26回吉川英治文学新人賞、2008年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞をそれぞれ受賞。これまでに映画化された作品に、代表作『幸福な食卓』、『天国はまだ遠く』『僕らのごはんは明日で待ってる』。『そして、バトンは渡された』は第31回山本周五郎賞候補、2018年「本の雑誌が選ぶ上半期ベストテン」1位、「キノベス2019」1位に選出、さらに2019年本屋大賞を受賞。2019年6月13日、『優しい音楽』(新装版)を刊行。

図書館の神様のその他の作品

図書館の神様 (ちくま文庫) Kindle版 図書館の神様 (ちくま文庫) 瀬尾まいこ

瀬尾まいこの作品

ツイートする