ブスの瞳に恋してる

著者 :
  • マガジンハウス
3.58
  • (81)
  • (104)
  • (201)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 606
レビュー : 195
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838715282

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 森三中の大島さんが旦那さんに出会って結婚するまでの話である。みゆきは女優を目指しながらラーメン屋でバイトをしていた。しかし、ブスと言われ、自分がやりたいような仕事に出会えなかった。そんな中放送作家であるおさむに出会うが、おさむには恋人がいた。おもしろいものが好きなおさむはみゆきのことを気に入るがそれは恋愛にどう変わっていくのか。みゆきは女優を目指していたが芸人の道を歩むことを決める。周りの人の支えで恋に仕事にうまくいくのかが見どころ。

  • これは森山中の大島がいまの旦那さんに出会って結婚するまでの話で当時彼女は芸人ではなく女優を目指しながらラーメン屋でバイトをしながら生活をしていた。そして旦那はこの当時もう、番組プロデューサーとして仕事をしていた。そして面白い人材を探していたけれどイメージする人がなかなか見つからなかったけれどある日二人が出会う。そして旦那さんの方が人材として使いたいのでそこからもうアプローチが始まる。その趣旨を知っているため大島はあまり乗り気でないし、よい印象はなかった。それがいつか恋愛に変わっていき今現在結婚している。

  • 女優をめざしてがんばる女性と放送作家の恋愛のお話。この話は森三中の大島と鈴木おさむさんが結婚するまでの話である。女優になりたいがお笑い芸人をすすめられはじめは嫌々だったが芸人のよさをわかってくる。

  • この本は、ある男の人がモデルと最初付き合っていたけどある日突然ブスの女の人に一目ぼれをしてしまう話です。
    ドラマも本も両方楽しかったです。

  • すごく面白かった。どんなに不細工な人でも恋はできる。人は顔ではないんだなとこの本を読んでわかった。彼の職業は放送作家で、彼女で笑いをとったりしていて最悪だなと読んでいたが、最後は彼女の魅力に築き恋に落ちるという話。皆、顔が大事という人が多いが違うのかなと少し考えがかわった。やっぱり中身もすごく大切だ。どんなに顔が可愛くても性格が悪かったら可愛くみえない。性格がよく、愛嬌がある人は素敵だということが改めてわかった。

  • 放送作家の鈴木おさむと、森三中の大島美幸はなんと交際期間0日で結婚したそうです!!
    それで、この本の内容は笑いあり涙ありの結婚生活を赤裸々に書いたものです。ぜひ読んでみて下さい。

  • なかなか面白い作品だと思う。この年で青春は楽しいと思うし、実際にあった話なのでなんだか勇気ずけられた気がします。ぜひ、皆さんも興味があったら読んでください。

  • 「スマスマ」「めちゃイケ」など人気バラエティ番組を担当する売れっ子放送作家・鈴木おさむ。交際期間0日で結婚した妻・お笑いトリオ「森三中」大島美幸との衝撃的な出会いから現在に至るまでの結婚生活を赤裸々に告白した、爆笑スーパーエッセイ。ポパイ好評連載の単行本化。



    こんな形というか話もあるものだなぁ・・・
    なんて思ったりします。
    お笑いの放送作家だけに、私生活も楽しい!?

  • 友達に借りて読んだ本。笑えます。鈴木おさむの語り口が軽快すぎて面白い。売れている放送作家ってのが分かる気がする。そして大島美幸との結婚生活。なんか読んでいて笑顔の絶えない夫婦だな、と思うし、こんなに息の合う夫婦もなかなかいないと思う。素敵だな、って感じます。

  • 鈴木おさむおもっしろい

    この夫婦、とても素敵だと思う
    結婚したい女の子は絶対読んだ方がよいと思う
    久しぶりに面白い本だと思った

全195件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

4月25日生まれ、おうし座のO型。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本や舞台の制作・演出、小説の執筆などさまざまなジャンルで活躍中。「秘密のチャイハロ」でまんが原作を初めて手がける。

「2019年 『小説 秘密のチャイハロ(3) 天才子役の秘密』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブスの瞳に恋してるのその他の作品

鈴木おさむの作品

ツイートする