ブスの瞳に恋してる

著者 :
  • マガジンハウス
3.58
  • (81)
  • (104)
  • (201)
  • (18)
  • (6)
本棚登録 : 607
レビュー : 196
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838715282

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料として図書館。かつてベストセラーだったが、そのときは読む機会がなかった。感想としては、おもしろいのだけれど、あけすけすぎるのもどうかと思った。そこがテレビの人だなと。うがちすぎだが、「ここまで書ける自分、それを許す妻、カッケーだろ?」的な。毒されてるか私。

  • 読み始めは、とても読みやすく面白いと思ったけど、下品なネタが何となくパターン化してきて半ば過ぎから飽きてしまいました。

    おふたりの絆はとてもよく伝わりました!

  • ご夫婦仲がいいのは良いことで、ほほえましい。大島さんが結婚したと聞いた時には、少なからず勇気付けられたし。そう思って手に取ったこの本。下ネタが多すぎ・・・(苦)

    結婚は家同士の格が同じであることも重要。そういう意味でもベストなご結婚だったんだろうと思わずにはいられない。

  • うーん…正直もっと笑えるかと期待してたんですけども…
    なんといっても下ネタが多い!多すぎるー(笑)。
    おもしろそうやったら母に回そうと思っていたのですが、こうまで下の話を連発されるとためらいます(笑)。
    でも仲良さそうな夫婦で、それは大層うらやましいですよ。

  • 『買ってはいけない』という本はあったが、『勃ってはいけない』という本はない。

  • 期待していなかったけど軽いのが読みたくて。指輪の話は面白くて声出して笑ってしまいました。あとライブに飛び入りの話。

  • 2を先に読んでいたので、図書館で発見して借りてみた。
    2の方が面白かったな。
    〔図書館・初読・11/30読了〕

  • 放送作家・鈴木おさむと森三中・大島美幸の赤裸々な結婚生活が描かれています。
    下ネタ満載でここまで書かなくても〜と思いました。

著者プロフィール

4月25日生まれ、おうし座のO型。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本や舞台の制作・演出、小説の執筆などさまざまなジャンルで活躍中。「秘密のチャイハロ」でまんが原作を初めて手がける。

「2019年 『小説 秘密のチャイハロ(3) 天才子役の秘密』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブスの瞳に恋してるのその他の作品

鈴木おさむの作品

ツイートする