ブスの瞳に恋してる

著者 :
  • マガジンハウス
3.58
  • (81)
  • (104)
  • (201)
  • (17)
  • (6)
本棚登録 : 606
レビュー : 195
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838715282

作品紹介・あらすじ

放送作家・鈴木おさむと森三中・大島美幸は、なんと交際期間0日で結婚した!POPEYE好評連載の爆笑スーパーエッセイ!"ブスの時代"をリードする、抱腹絶倒の愛妻物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 寝る前本
    何章か読むと、楽しい気分で眠れます!

  • 読みやすくて面白い。
    愛に溢れてる。
    素敵な夫婦だなぁと思う。
    少し憧れます。(^^)

  • すごいサービス精神というか、自己[自夫婦〕愛。

  • とても外では読めない( ;∀;)笑っちゃって不審人物化するから(笑)
    男性誌に連載してたのかほぼ下ネタばっかり( ̄▽ ̄;)
    でも二人がとても仲がよい夫婦だというのがよくわかる本。寝るときに読んでたけどテンション上がって寝れなかった(笑)
    幸せそうでなにより(*^ー^)ノ♪

  • この夫婦は阿呆だ。笑
    でも、その中に絆みたいなものが見えるのが微笑ましい。

    著者の言葉選びはさすがです。
    読みやすい。

  • 単純に面白かった。元気になれます。

  • 面白いし、心がほんわかして好き。
    永遠に仲睦まじいご夫婦なんだろうな、理想だよね、こういうの。


    だけど
    あまりに赤裸々すぎるのでR指定ですわね。
    こんなHな本とは知らず買ってきて恥ずかしい。
    娘に読まれたら困るので全部読んだらリサイクルショップに売る・・・
    のも恥ずかしいから切り刻んで捨てるしかない( ;´Д`)

  • 面白い。こんな結婚もあるんだな~って。

  • 読み始めは、とても読みやすく面白いと思ったけど、下品なネタが何となくパターン化してきて半ば過ぎから飽きてしまいました。

    おふたりの絆はとてもよく伝わりました!

  • 大島が好きになった

  • うらやましい。大島。

  • 少し前のベストセラー本ですが。
    これ、描き下ろしのノベライズかと思っていましたが、雑誌に掲載されたエッセイだったんですね。
    放送作家鈴木おさむという人間にすごく興味があったんです。
    さすがに作家です。って思いました。
    こんな小さなことをこんな文章にしてしまう。
    内容は単純に「のろけ」なんです。
    ただネタが小さいだけに実話というよりも本当にネタに思えてしまうところがちょっとひっかかりました。
    大島美幸という芸人もすごい人(というより徹底して何でも笑いにするところは尊敬に値する。)ですが、そういう芸人を操る、そして眺める夫もさすがにすごいと思いました。
    少しでも本を読もうと思い読んでいますが、「そんな本」って思ってはいけない。
    本当に愛情が感じられる本です。
    調子に乗って2巻3巻図書館に予約しました。

  • 今さらながら読んでみた。

    想像を軽く越えていく鈴木・大島夫妻の日常に抱腹絶倒。
    気付けば声を出して笑いながら読んでました。

  • 夫婦愛がとても伝わった。
    女性目線で見ると、ちょっと不快なところもあるけれど、
    お互いのあったかい気持ちにほっこりした。
    鈴木おさむの寛大さと、大島のまっすぐな性格が印象に残る作品。
    次作も読みたい。

  • 何回か読み返している本。
    交際期間0日って、私だったらありえない!と思ってしまうけどこの本にはそんな夫婦の生活が描かれていて、世の中にはいろんな夫婦がいるんだなって改めて思う。
    くすって笑ってしまう箇所もたくさんあって、何も考えずに楽しく読める本。

  • 交際0日で結婚して、こちらも幸せな気持ちになるほど愛情あふれる二人の訳が気になり図書館で借りてみた。
    ちょっと人に見られるとはずかしい言葉が多いし(笑)、おもしろおかしく書かれているけれど、本当にお互いを想っていることが伝わってくる。
    大島さんの芸人魂と、それを尊敬する旦那さん。これこそ運命の出会いで、やっぱり結婚って縁とタイミングなんだなーと実感。
    手元に置いて何度も読み返す本ではないけれど、機会があれば続編も借りてみようと思う。
    ちなみにわたしは昔から、大島さんは村上さんよりかわいいと思っています^^

  • 図書館で借りた

    作者と、愛妻の日常を綴った本。

    奥様に対する強い愛情が感じられる。
    2人の日常も、文章の書き方も楽しくて、
    ついつい勢いにのって読んでしまった。

    ここまで旦那に愛されたら、本当に幸せだろうなと思う。

    楽しさと愛情がいっぱい詰まっているので、
    読んだ後はちょっと幸せな気持ちになれるかもしれない。

  • 非常に笑える。面白い~。

    こんな夫婦もありかな。
    ほんとに運命的な出会いだったんだなと思う。
    ここまで自分をさらけ出せる相手ってなかなか見つからないもん。

    ただし、これは電車で読んではいけません。
    笑いをこらえるのに大変だから。

  • いまさらながら図書館にあったので読んでみました。
    率直な感想としてはおもしろい、そして素直に羨ましい。
    野糞したりする仲までなりたいとは思わないけど、すべてをさらけだせるほどな仲は羨ましい
    声を出して笑えるエッセィ。

  • とにかく読んでみて下さい!
    爆笑・爆笑で本をとじても思い出し笑いできる、一度で二度笑える本です。ただし、おもしろすぎるのでバスや電車の中では読まない方がいいですよ。

全195件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

4月25日生まれ、おうし座のO型。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本や舞台の制作・演出、小説の執筆などさまざまなジャンルで活躍中。「秘密のチャイハロ」でまんが原作を初めて手がける。

「2019年 『小説 秘密のチャイハロ(3) 天才子役の秘密』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブスの瞳に恋してるのその他の作品

鈴木おさむの作品

ブスの瞳に恋してるを本棚に登録しているひと

ツイートする