きょうの猫村さん 1

著者 :
  • マガジンハウス
3.87
  • (852)
  • (507)
  • (1085)
  • (27)
  • (11)
本棚登録 : 3897
感想 : 798
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838715954

作品紹介・あらすじ

主役は猫の家政婦「猫村ねこ」。昔かわいがってくれた坊ちゃんを探すべく、犬神家に奉公することになるが・・。家庭崩壊しつつある一家を猫村さんが救う!えんぴつの線画がほのぼのとした味わいをかもし出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館で偶然見つけた猫の漫画。

    ズバリ、「猫が家政婦として働く!」というお話。
    面白いし、どこかせつない。
    掃除・洗濯そして【お買いもの!(しかも、一円でも安い店を知っている)】

    そんな、完璧な二本立ちの猫村ネコさんは、ご主人の「ぼっちゃん」に路上にいたときに見つけられて、生活していく。そこのぼっちゃんの暮らしやその家政婦さんを見て少しずつ仕事を覚えていった。が、ぼっちゃんの両親が離婚でアメリカに行くとなり、捨てられた。らしい。

    何とも切ないが、本当に可愛いし、面白い♪
    喋り方も丁寧で「おお~!」と驚いてしまう。

    家政婦初日の前に、緊張しすぎて爪をとぎ過ぎて、ガタガタになったり、寝不足になったり・・・。

    いよいよ、家政婦として働く一家へ行くと、不良の娘・真面目な兄・色々謎な母・学者の父。
    一番、理解してくれるおばあちゃんと、犬。
    中々気難しい娘と猫村さんがどう、仲好くなっていくか・・・それが、気になる1巻でした。

    • kuroayameさん
      おーっ、私の大好きな猫村さんがとうじょうしていてとてもうれしいです♪。
      ステテコちゃんとかとってもキュートで素敵ですよね★。
      市原悦子さんと...
      おーっ、私の大好きな猫村さんがとうじょうしていてとてもうれしいです♪。
      ステテコちゃんとかとってもキュートで素敵ですよね★。
      市原悦子さんとは違った、温かみのある家政婦さんのお話で、時折見せるねこのしぐさとかに心を奪われてしまいますよね★。
      とても素敵なレビューを拝見させていただきありがとうございました♪。
      2012/11/21
    • しをん。さん
      知っていらっしゃっているのですか!!
      図書館で巡り合いもう猫村さんの虜です(●^o^●)
      確かに!そう、犬の名前が中々出てこなくて…。
      「ス...
      知っていらっしゃっているのですか!!
      図書館で巡り合いもう猫村さんの虜です(●^o^●)
      確かに!そう、犬の名前が中々出てこなくて…。
      「ステテコ」!思わず、犬の名前を見たときに吹いてしまいました(゜o゜)
      2012/11/22
  • 松重さんの猫村ねこを見て、また読みたくなり図書館で借りてきました。
    とっても楽しく読みました。

  • キリりとエプロンのリボンを立て結びにして
    今日も家政婦としてせっせと働く猫村ねこ。

    猫村さんの入れるお茶は猫舌なのでぬるいけれど[笑]
    お料理もお掃除も、節約を心掛けた買い物技も完璧!

    嫌いな食べ物も気づかずにおいしく食べられる工夫がされた
    愛情いっぱいのネコムライスっ♡

    段ボールでツメを研いで気合を入れたり、
    シャンプーハットをして頭を洗ったり[*´▽`*]
    肉球でフミフミフミフミ、マッサージをしてくれたり♡

    何度読んでも癒される大好きな猫村さん♡
    かわいくて優しくて愛しすぎる!!!
    働かなくていいから側にいてっっ♡

  • 「空気よんでよ」という台詞にちょっと疲れちゃったあなたに、お勧めです。

  • この漫画が発売された当時、設定と猫村さんのかわいさで衝撃を受けました。

    久しぶりに読み返してます。

    たてむすびとリーゼントにすりすりする猫村さんがかわいいです。

  • 何が引かれる~

  • 山梨に住んでいた時、通っていたピアノの先生の家にあったマンガ。
    意味わからない世界観(ネコが家政婦)で、平凡な日常を描いたこのマンガは当時13際の私には退屈すぎて、なんで先生がこのマンガを全巻持っているのか不思議だった。

    けれど山奥の小さな家で、先生のピアノを聞きながら、ネコのマンガをペラペラとめくっていた私は明らかに幸せだったと思う。

    (急に思い出したから備忘録)

  • ほのぼのしているのにどこか現実的で頑張り屋さんの猫村さんをつい応援してしまう。人間って難しい

  • ゆるい雰囲気。
    猫村さん、優しくて温かいけど、あくまで猫というのがシュールでおもしろかった。
    読んだ後は、何だか懐かしいような気持ちにもなりました。へんな例えだけれど、夕方に歩いていて、通りがかった家から晩御飯の匂いが漂ってきた時のような…

  • 最初は読みにくいなぁと思ったけど鉛筆書きなのがゆるくていいです。猫村ねこさんは働き者の家政婦さん。エプロンにNecoと書いてあったり、くすくすっと笑えるところがたくさんあっておもしろかったです。猫村さんはわんこが苦手なのかな?次が楽しみです。

全798件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

漫画家

「2022年 『ベストエッセイ2022』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ほしよりこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×