ブスの瞳に恋してる 2

著者 :
  • マガジンハウス
3.72
  • (40)
  • (48)
  • (84)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 256
レビュー : 69
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838716753

作品紹介・あらすじ

交際期間0日で結婚した放送作家・鈴木おさむと、森三中・大島美幸。さらにパワーアップして、今回は"チョイ泣き"も期待できる、爆笑夫婦愛の物語、第二弾。POPEYE連載に加え、今回は書き下ろしも多数収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夫 鈴木おさむの本。面白い人間という大島へのリスペクトを持っていたらしい。
    父親が1億の借金。しんどかったが、笑いながら他人にしゃべったら気持ちが楽になった。
    その日から辛いことや悲しいことは全て人に面白い出来事として笑ってもらおうと決めた。

    ・誕生日プレゼントというのは何が欲しいかと聞くんじゃなくて、その人がどうしたら喜ぶか考えることが楽しいことなんだ、と妻に怒られた。
    ※ そっか、「何を」ではなく「想う」ことが大事なんだ。

  • 第二弾(`ー´ゞ-☆またしても笑わせてもらいました。凹んでいるときにもこの本を読めば元気を貰える気がする(笑)最後はしんみりだけど幸せないー話でした(*^ー^)ノ♪

  • ウンコとか屁とか満載で笑った。
    特に夢の中で出産・・・のくだりは読み返した。

    こんな結婚っていいなぁ

  • 表紙からしてズルい(笑)

    妻の裸がテレビで全国に流れることが誇らしいという夫。
    ものすごく大きく、傍から見れば滑稽な愛の形を見せ付けるエッセーの第二弾。

    面白かった。

  • うらやましい

  • 前作のがおもしろかったと思うのは多分衝撃的だったからで、2の方は彼らの愛ね形に慣れてしまってるからか衝撃が少なかった、いい意味で。

    しあわせな本です

  • 素直におもしろい。そしてちょっぴり泣ける!?
    呼び名とか記念写真の話を読んで、
    結婚したからってすぐに夫婦になるわけじゃなく
    日々積み重ねてお互いを知っていくんだな、
    なんて思ったりした。

  • ここまでプライベートを、赤裸々に書いてしまって良いのか?という問題作?

    デブ、ブス、セレブスなど自虐的に書かれていますが、ラブラブなお二人の様子が、ありありと伝わって来ます。

  • 2010/6/18 読了(2010-033)

  • おもしろすぎた!

全69件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

4月25日生まれ、おうし座のO型。19歳で放送作家デビュー。バラエティーを中心に多くのヒット番組の構成を担当。映画・ドラマの脚本や舞台の作演出、小説の執筆などさまざまなジャンルで活躍中。マンガ原作は、「秘密のチャイハロ」が初となる。

「2019年 『秘密のチャイハロ(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ブスの瞳に恋してる 2のその他の作品

鈴木おさむの作品

ツイートする