「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55

著者 :
  • マガジンハウス
3.42
  • (151)
  • (352)
  • (632)
  • (73)
  • (31)
本棚登録 : 2810
レビュー : 442
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838717774

作品紹介・あらすじ

起業したい人、年収UPしたい人、MBAを取りたい人、TOEIC900点を取りたい人、スキルUPしたい人、転職したい人、資格試験に合格したい人、留学したい人、夢を実現させたい人、何から始めたらいいのかわからない人…。現状に不安・不満を抱くすべての人に贈る具体例いっぱいの実証ずみ勉強法。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一日の勉強時間を30分に抑える。 それを長く続ける。 それが自分自身のためになる。

  • 30分は難しいけれど…「1日5分」は続けたい!

  • ■勉強時間を捻出する方法

    ●テレビを見ない

    ⇒平日1日2時間、土日は5時間ずつテレビを見たとすると、1年で約2ヶ月分、起きている時間を浪費している

    ⇒テレビの電源を切っても、無意味にネットサーフィンをしたら同じ時間の浪費になる


    ●職場で

    ⇒昼食は30分で切り上げて、残った30分を勉強に充てる

    ⇒仕事の処理時間を先に決める


    ●勉強に集中する方法

    ⇒集中力がとぎれて勉強がイヤになる前に、勉強を(一時)中断する

    ⇒「集中力が落ちてきた」もしくあ「飽きてきた」と感じ始めたら、即刻勉強を中止する

    ⇒気分が乗らない時は、思い切って勉強をやめて、2~3日手を付けないでいると、また意欲が湧いてくる


    ■英語勉強法

    ●なぜ英語が習得できないのか

    ⇒大きな理由は圧倒的に勉強量が不足しているから

    ⇒週1回40分のペースで1年間(52週)勉強しても、たった34時間


    ●英語勉強法(会話)

    ⇒ネイティブが多用するフレーズを丸暗記する

    ⇒英語のテレビ番組(ホームコメディ)を見てフレーズを習得し、慣れてきたら目で見えることを実況中継するように英語でしゃべる

    ⇒ビジネス英会話では、多少専門用語が使われる以外に、日常英会話との違いはない


    ●英語勉強法(リスニング)

    ⇒基本フレーズの暗記量を増やす

    ⇒英語の字幕を表示しながらDVDでドラマを見る(「リスニング&シーイング」)

    ⇒発音を勉強する(自分で発音できない音は聞き取れない)


    ⇒胃に負担をかけない食事にする(野菜とご飯を中心に)

    ⇒必読書、「フィット・フォー・ライフ」


    フィット・フォー・ライフ ——健康長寿には「不滅の原則」があった!
    要約すると、「文明が発達するにつれ人間は、本来口にしなかったようないろいろな食べ物を同時に胃に詰め込むようになった。この食べ物の組み合わせが悪いために、人間は消化の作業に身体の膨大なエネルギーを使い徒労感を感じる」ということです。

  • 考え方そのものに影響された本。

    ・自分を向上させる努力をせずに、このまま10年が過ぎた時の将来の姿を想像してみる。

    ・数年間の過去の蓄積で現在の収入を得ている
    ・今日1日と翌日の2日間のトータルで勉強の効率が一番上がる方法を考える。
    ・少ないかな、というくらいの量に抑え、これを続けるのがコツ

  • やること
    - 本は読みたいと思ったときに読む
    - セミナーなどは身銭を切る
    - 「フレンズ」を見る
    - 英字新聞を読む
    - AMに果物を食べる
    - 「思考は現実化する」を読む

  • 「1日30分」を続けなさい!
    著:古市 幸雄

    投資と聞くと、金融の投資を思い浮かべるかも知らない。しかし、自分の勉強のためにお金と時間を使い、その結果、昇進や給料アップにつながったり、リストラを回避できれば、これは立派な投資である。金利の高い金融商品が見つからない超低金利の現代では、自分自身への投資が一番リターンの高い投資なのである。


    本書の構成は以下の8章から成る。
    ①人生は勉強した者が勝つ
    ②勉強時間を捻出する方法
    ③勉強に集中する方法
    ④短期集中型・長期計画型の勉強法
    ⑤本気の人のための英語勉強
    ⑥勉強を成功させるための目標設定法
    ⑦勉強効率アップのための食事、睡眠
    ⑧勉強効率アップのためのツール

    今から勉強を始めたい人には体系的記された本はそのまま型を取り入れることができる。既に始めている人にとっては背中をぐいっと押してくれる応援本となっている。

    いつまでたっても勉強の大切さは痛感する。
    まだまだやれること出来ることは多い。

  • 具体的な方法を述べている本

    ・1日30分。続けることが大事
    ・勉強は、楽しくなくなる少し前に止めていい
    ・生理的に快適な環境で勉強しよう


    ・飽きてきたら、即勉強を中止せよ
    ・平均の勉強量は、平日3時間。休日8時間

    ・英語をモノにしようとしたときの必要勉強時間は、
    1,000時間/年間 = 1日3時間!
    ・フレーズを丸暗記すること

    ・勉強の目標を紙に書き出す
    ・中間目標を決める

    ・英語の勉強は、
    1.行き先を決める(目標の英語力を決める)
    2.ルートを決める(勉強の仕方や質を決める)
    3.アクセスを踏む(日々勉強を続ける)

  • 30分 短いように思えるが、
    集中力の面、
    毎日無理のかからない面、
    取り組みやすい面、
    などを含めて最適な時間なのかなと思う。

    あとは、
    目的を持って、計画性をもってするとより良い
    時間を区切って集中すること。

    時間の通しこそ、力になる。目指せ1000時間。

  • 本の題名がそのままの本。
    とにかく勉強を続けましょう。
    そしてそれを記録しましょうということが書いてあった。

  • これと言った新たな発見はない本。

    元々は数万円払って知れる情報だったらしい。
    もし、数万円払ってこのネタが来たら金返せって思いそう。
    それだけありふれた話を書いている。

    ただ、この本を契機かどうかは定かではないが、ここ最近は朝活をしている。
    そういう意味では、知らず知らずにキッカケを与えてくれたのかもしれない。
    でも、何万は払わんけどね。

    内容的には星二つくらいだけど、無意識のうちに行動を変えてくれたので、星3つ。

全442件中 1 - 10件を表示

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55のその他の作品

古市幸雄の作品

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55を本棚に登録しているひと

ツイートする