パスタマシーンの幽霊

著者 :
  • マガジンハウス
3.64
  • (54)
  • (160)
  • (115)
  • (24)
  • (7)
本棚登録 : 920
レビュー : 155
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838721009

作品紹介・あらすじ

「クウネル」の人気連載-深々と心にしみる短篇小説集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 川上さんに関しては、恋のような憧れのような不思議な感覚をいつも抱かされる。透明感があって、頭が良くて、穏やかそうで、もし私が男性だったら彼女にぐいぐい惹かれてしまう。でも同性だから分かる。この人はきっと、激しい人だ。

    コロボックルの山口さんと普通サイズの人間 誠子の初々しい交流、中林さんに振り回されるアン子と呆れながら見守る修三ちゃんのコンビ、「ざらざら」でおなじみのキャラクターのスピンオフ作品の他、恋人のお祖母さんの幽霊に出会う表題作、「蛇を踏む」のような川上ワールド全開の「海石(いくり)」など楽しい短編がたくさん。なんて贅沢。個人的には「ざらざら」より好きかもしれません。

  • 「川上弘美の文章は美しい」
    どこかで誰かが書いていたこと。
    そのことはずっと頭のすみに記憶されていた。
    私が最初に読んだ川上さんの本は『センセイの鞄』
    その時はそのことをそれほど感じなかったけど…
    この本を読んで「川上弘美の文章は優しい」と思った。
    小川のようにさらさら~と心に流れこんでくるような感じ。
    大きな波も、とつぜん深みにはまるようなこともないけれど
    安心して流れに身をまかせてみようと思えるような・・・
    川上ワールドにもう少し入り込んでみたくなった。

  • 久々に読んだかも、の川上弘美。22篇から成る短編集。決してHappy endのお話ではないけど、ふーっと息を抜いちゃう感じ。中林さんと修三ちゃんのがイタかった。

  • ほんとによい。

    うまくいかない恋の話が多い。

    『萄子』という名前いい。

    修三ちゃんみたいな友達が欲しい。

  • 週刊ブックレビュー、6月に藤田弓子さんがお薦めの一冊で紹介したもの。
    人気作家川上弘美さんの本は初めてです。

    モダンアートの展覧会を歩いているようでした。
    なんとなく楽しい。面白い。たまにはいい。

    少し歩くと、さっき見た絵のモデルがまた違う感じで出てきます。
    短編集だからあいた時間にちょっとずつ読めばいいと思っていましたが、そうして同じ人物が出てくると、やっぱり時間をおいてはいけないなと思い、結局一気に読んでしまいました。

    「ざらざら」を先に読んだ方がいいのかもしれない。
    探してみます。

  • 川上弘美のエッセイ集『パスタマシーンの幽霊』は女性視点の恋に関する話題が中心の短編集です。でも、主人公が好きになった、振られたといった情熱的な恋愛モノではありません。誰かが誰かを好きになったり、振られたり、つらい目にあったときの、一緒にいた時の気持ちであったり、その時の友達のやりとりであったり、そんなことを散りばめた作品集です。

    いんちき霊感商法の商品として売る石を毎日河原で拾う染谷さんの話(「染谷さん」)。霊媒師の彼女はわたしの気持ちを見抜いているかのように、「割りなさい」といって生卵のセットを渡してくれます。「わたし」は卵を割るにつれ、だんだんと興奮してきて、割り終わった後には高揚感を感じるのです。

    表題作「パスタマシーンの幽霊」は、彼氏の家にあるパスタマシーンに女の影を感じ取った「あたし」の話。でもそれはばあちゃんの形見だそうです。そして死んだ後も出てきて次々パスタをつくってくれるといいます。ここが彼の単なる言い訳なのか、本当のことなのか?「あたし」は彼氏の家に行かなくなり、連絡も来なくなったので、別れることします。別れて半年後に、ばあちゃんが出てきます。そして料理を教わり、少し上達したそうです。彼氏に対抗する気持ちはまだ思いがあるということなのでしょうか?

    急にモテるようになって複数の人と身体を合わせるようになったけれど、万年筆で彼らの名前を試し書きしてときめかないことに気づいた話、都合のよい女として扱われていることをはっきりと指摘してくれるゲイの友達の話など、切り口が多彩な物語が満載です。

    この多彩な切り口は川上弘美の人生とリンクしているのでしょうか。エッセイのような雰囲気ですが、実際にはきちんと小説になっている。けれどもこの人生視点は普通の人には表現できない、そんな複雑な状況が見えてくるのは気のせいなのでしょうか?

  • 川上弘美さんの小説を読むのは久しぶり。
    なんとなくほわほわした感じの物語だな。

  • 10ページほどのお話が詰まった短編集。
    ひとつひとつの話は短いが、そこに描かれた感情の揺らぎが美しい。
    『ほねとたね』『ピラルクの靴べら』『少し曇った朝』が好き。

    <収録作品>
    海石/染谷さん/銀の指輪/すき・きらい・らーめん/パスタマシーンの幽霊/ほねとたね/ナツツバキ/銀の万年筆/ピラルクの靴べら/修三ちゃんの黒豆/きんたま/お別れだね、しっぽ/庭のくちぶえ/富士山/輪ゴム/かぶ/道明寺ふたつ/やっとこ/ゴーヤの育て方/少し曇った朝/ブイヤベースとブーリード/てっせん、クレマチス

  • 特にナツツバキ、海石、道明寺ふたつ、庭のくちぶえが最高だった。どの話も濃い。短くて読みやすいのにいつまでも考えてしまう。

  • 好きになったり、一緒にいたいなと思ったり、ダメになったり、ダメになるだろうなと予感したり。そんなこんなの人間関係がたゆたう日常。

全155件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1958年東京都生まれ。お茶の水女子大学理学部卒業。著書に『蛇を踏む』(芥川賞)、『センセイの鞄』(谷崎潤一郎賞)、『真鶴』(芸術選奨文部科学大臣賞)、『水声』(読売文学賞)等。

「2018年 『話しベタですが… 暮らしの文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パスタマシーンの幽霊のその他の作品

川上弘美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パスタマシーンの幽霊を本棚に登録しているひと

ツイートする