脳内物質仕事術

著者 :
  • マガジンハウス
3.71
  • (11)
  • (28)
  • (19)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 244
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838721689

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 脳内で分泌される7つのホルモン物質が、どの様にして作用しどうすると分泌されるのかが書いてあり、腑に落ちやすく即使える。

    要点を抜粋。

    ・「なに不自由ない生活」「満足した生活」ではドーパミンが出なく、それ以上の目標設定や目標達成が出来なくなり、幸福感が得られなくなる

    ・10年20年という努力の先に幸せがあるのではなく、その努力をしている「今」が、実は一番幸せ

    ・「心臓がドキドキするのは脳も身体も最高のパフォーマンスを発揮できる状態」

    ・側坐核の神経細胞はある程度の「刺激」がないと活動を始めない。
    とにかく行動すると側坐核が刺激され「アセチルコリン」と言う物質が分泌され、どんどん気分が乗ってくる。
    すなわち「やる気が出ないから、とりあえず始める」

  • 脳内物質にはいくつかの種類がある。これらの特徴を簡易に教えてくれる。生活習慣をなんらか変える時に、脳内物質の作用、効用を理解することでより良い行動の選択に役立つとおもう。生活の向上を図りたい場合に役に立つとおもう。

  • 「苦しいが楽しいに変わる本」を読み、著者に感心が湧き、本書を読んでみた。今のストレス社会を乗り切る上での、具体的メソッドがわかりやすく書かれている。7つの脳内物質の分泌を意識した行動で、「心と体の健康」を両立が可能になる。仕事に忙殺されているビジネスマンには、是非必読をお勧めしたい。科学的根拠があるのも、説得力がある。

  • 今まで、経験則として身につけていた仕事・勉強のノウハウが、
    脳内物質を通して、客観的に論拠づけられていて、とても興味深かった。

    内容もよくまとまっていて、読みやすかった。

    後は、これを知識としてでなく、行動に反映させていかないと。

  • ドーパミンやエンドルフィンなどの脳内物質の出し方と効用をビジネスマン向けに。仕事をバリバリやり過ぎて心の病にならないでね、と医者である著者が結んでいたのが考えさせられた。

  • ①ドーパミン
    幸福物質、モチベーション向上。
    ・報酬サイクルを回す
    ・マイルストーンと大目標
    ・目的達成セルフイメージを高める
    ・楽しみながら実行する
    ・脳はチャレンジを好む

    ②ノルアドレナリン
    恐怖とプレッシャーによる効率アップ
    ・闘争か逃走
    ・ノルアドレナリンで注意力、集中力、覚醒度アップ
    ・締め切りを設定する
    ・ほめる(ドーパミン)としかる(ノルアドレナリン)のモチベーションを使い分ける
    ・うっかりミスが増えてきたら脳が疲れている証拠

    ③アドレナリン
    怒りと興奮を味方に変える
    ・勝負物質
    ・身体機能を瞬間的に高める
    ・腹の底から大声を出すとアドレナリンが出る
    ・心臓がドキドキするのは成功の証拠
    ・満員電車はアドレナリンを分泌させ、かなりのストレスになっている
    ・アドレナリンをオフにする習慣
    1.興奮系娯楽はほどほどに
    2.風呂、シャワーは温度に注意する
    3.入眠前に激しい運動はしない
    4.遅くまで残業をしない
    5.ゆるい時間を持つ
    6.家族や仲間と過ごす
    7.休息を意識する

    ④セロトニン
    癒し物質で朝の仕事の効率化と気分転換
    ・日光を浴びる、リズム運動、咀嚼
    ・カーテンを開けて寝る
    ・起床後2~3時間は脳のゴールデンタイム
    ・脳を活性化するには朝食は不可欠
    ・セロトニン気分転換
    1.外食ランチ
    2.歩きながら考える
    3.深呼吸
    4.音読
    5.首回し運動
    6.上記気分転換の組み合わせ
    7.セロトニン活性化を習慣にする
    ・感動の涙はセロトニンを分泌→共感力を鍛える
    ・うつ病予防になる

    ⑤メラトニン
    睡眠物質
    ・熟睡、疲労回復には不可欠
    1.真っ暗にして眠る
    2.入眠前は薄暗くしてリラックス
    3.入眠前は蛍光灯の光を浴びない
    4.深夜のコンビニで立ち読みしない
    5.入眠前にゲームやパソコンをしない
    6.日中のセロトニンの活性化
    7.朝、太陽の光を浴びる
    ・1日に7~8時間寝る

    ⑥アセチルコリン
    認知機能とひらめきを高める
    ・作業興奮によってやる気は高まる
    ・26分間の昼寝で脳の効率は34%UP
    ・運動は脳を活性化する最も簡単な方法
    ・シータ派を出すとひらめきが生まれやすくなる
    1.外に出る
    2.昼寝をする
    3.座ったまま手足を動かす
    4.好奇心を刺激する
    ・創造性の4B Bar, Bathroom, Bus, Bed
    ・午前中は論理作業、午後は創造的作業
    ・ひらめきはインプットあってのこと
    ・ひらめきは一瞬の花火だからすぐにメモすること
    ・アセチルコリンの原料であるレシチンは卵黄や大豆から摂取する

    ⑦エンドルフィン
    脳内麻薬
    ・至福感、恍惚感
    ・アルファ派でエンドルフィンが出る
    ・集中力、想像力、記憶力が高まる
    1.運動
    2.激辛料理
    3.脂っぽいもの
    4.チョコレート
    5.熱い風呂に入る
    6.鍼治療
    ・目標は細分化してTODOリスト化→フロー状態への準備
    ・感謝する
    ・頼まれ仕事は喜んでやる
    ・失敗が次のモチベーションになる

  • ためになることが多すぎてメモをとりつつ読む。とりあえずたんぱく質は超重要…!子供には肉かな。あと豆か。
    todoリストがあると「次何をすべきか」に迷わず集中できる、というのは家事にも是非いかしたい。

  • ドーパミン仕事術
    ドーパミンは「もっともっと」が大好き。「もっと難しく」「もっと早く」という目標設定によって、ドーパミンを分泌させる

    ドーパミンの分泌には、チロシン タケノコ、鰹節、肉、牛乳、アーモンド、ピーナッツ、糖質といっしょに摂る
    ビタミンB6が不足していると生成が進まない マグロ、サケ、カツオ、牛乳、バナナ

    ノルアドレナリン仕事術
    ノルアドレナリンの「背水の陣」効果を借りてさっさと片付ける
    不快な仕事に快を見つける(リフレーミング)
    自分にご褒美を与えることで、快仕事に置き換える
    不快な仕事を断る

    アドレナリン仕事術
    身体機能や瞬間的に高めてくれる

    セロトニン仕事術
    セロトニンを活性化する方法は、日光を浴びる、リズム運動、咀嚼の3つ
    外食ランチで午後のセロトニンが完全にチャージされる
    座ったままできる首回し運動
    感動の涙がセロトニンを活性化

    メラトニン仕事術

    アセチルコリン仕事術
    とりあえずの気持ちがやる気を生み出す 作業興奮
    30分の昼寝
    シータ波がアイデアを引き出す アセチルコリンが海馬を刺激してシータ波を出す
    新しいものに出会ったり、初めての場所に行ったり、興味を持ったものを調べたり、検索しているとき 新しい刺激が多い環境で生活するとき、などシータ波が出やすい
    午前中 論理的で判断力を要する仕事
    午後と夜 想像力と創造力を求められる仕事 人と会ったり、話したりして、人からインスピレーションを受ける
    アセチルコリンを分泌するレシチン 大豆、卵黄、玄米、レバー、ナッツ
    アイデアを出したければ、創造性の4B Bar、Bathroom、Bus、Bed
    シータ波を出す為には、外に出る、昼寝をする、座ったまま手足を動かす、好奇心を刺激する

    エンドルフィン仕事術
    至福感・恍惚感が出る ランナーズハイ
    フローを生むための準備過程
    ①長期目標と短期目標を設定する
    ②今日やるべきことを「TO DOリスト」に落とし込む
    ③TO DOリストへの落とし込みは可能な限り詳しく行う
    ④TO DOリストの各項目に制限時間、または終了時間の目安を書き込む
    ⑤終了したらTO DOリストを斜線で消して、進展状況を把握する
    ⑥チャレンジの精神を大切にする
    ⑦適度な難易度の課題を設定する
    ⑧仕事に必要なスキルを日頃から磨いておく

    仕事をする場合は、「喜んで」取り組むべき。そして、仕事を出してくれた人に感謝すること
    嫌々やればノルアドレナリンが出て、喜んでやればエンドルフィンとドーパミンが出る
    失敗しても失敗に感謝すること

  • 成功系の自己啓発書には必ずと言って良いほど書いてあること
    「目標を設定しなさい」
    「目標を達成したイメージを明確に描きなさい」
    なんとなくいいんだろうと感じていても、何故良いのか?が判然としなかった。
    本書ではこの?に科学的根拠を与えてくれる。

    まず1回目読んだ中で、実行していくと決意したこと。
    ドーパミン仕事術
    目標を設定する→達成イメージを描く→実行する→達成→自分にご褒美→更なる高い目標を設定する

    この為に、手帳を活用する。
    宝地図を作る。

    何回も読んで、1つずつ脳内物質と仲良くなったいこう

  • 7種の脳内物質の働きを科学的根拠に基づいて仕事術と結びつけた内容の本で、読み応えがあった。著者が精神科医と言うことで、なるほどと納得させられる説得力があるのだが、なにせ7種の脳内物質が複雑に絡み合って、時には相乗効果、時には相殺効果、とケースバイケースで非常に複雑!もう一度ざっと復習して、頭を整理しないと(帯の片面にまとめたの表があるのだが・・・)、実効には結びつきにくいかも?

著者プロフィール

精神科医

「2018年 『人生うまくいく人の感情リセット術』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脳内物質仕事術のその他の作品

脳内物質仕事術 Kindle版 脳内物質仕事術 樺沢紫苑

樺沢紫苑の作品

ツイートする