飯島風

著者 :
  • マガジンハウス
3.99
  • (30)
  • (39)
  • (27)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 423
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (109ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838722013

作品紹介・あらすじ

映画「かもめ食堂」「めがね」「プール」そして「マザーウォーター」。フードスタイリスト、飯島奈美のスピリットと映画チームのエスプリが詰まった全65品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 奈美さんのこの本のお料理は定番のものがたくさん載っている。どれもおいしそうだ。おなかがぐぅっとなる・・・とてつもなく憧れる。
    今更ながら『かもめ食堂』にはまlってしまった。
    昨日小説を読んだら、どうしてもおいしそうな料理が気になって気になって仕方なくなり図書館へ飛んでいった。
    『かもめ食堂』のお料理レシピ。
    飯島奈美さんを知った。料理が好きで楽しそうに作るヒトは素敵だ。
    つい本に載っている料理を作ってみようなんて思い切ってしまった。作り始めるとなんでだろう・・・楽しい。料理はおいしい魔法なのかもしれない。
    豚のしょうが焼き。アンチョビ入りのポテトサラダ。
    おいしそうに出来たぞ。
    家族の笑顔には特別凝ったモノはいらない。
    ふだんのごはん。それが幸せのモト。
    ふだんのごはんを丁寧に作ること。それがこれからのわたしの楽しみながら頑張ること。

  • 2010年発表。


    フードスタイリスト・
    飯島奈美さんが
    映画で作った料理を
    ほぼまとめたのが
    この写真集です。
    (厳密にはレシピ集ですね)


    『かもめ食堂』で飯島さんを知って以来、
    この人の料理が好きで、
    彼女が携わってるなら
    映画も観てみようってくらい
    ハマってます(笑)。
    (とにかく飯島さんの作る料理は、単純に
    シャケや玉子焼きなど懐かしくてシンプルでいて、どれもめちゃくちゃ美味しそうなんです笑)


    今回は映画で作った料理総集編ということで
    『かもめ食堂』から
    日本のソウルフード・おにぎりに、
    日本人もフィンランド人も大好きな
    サーモンの網焼き、
    そして豚のしょうが焼き、
    シナモンロール、
    少し甘い玉子焼き、
    チキンの唐揚げ、
    豚肉の肉じゃが。
    (関西は牛肉オンリーなのでちょっとビックリでした汗)


    『めがね』からは
    ちらしずし、氷あずき、
    茹で野菜、レモン酢豚など。


    『プール』からは
    表紙になった
    タイ風ちらしずし、
    カリカリの揚げバナナや


    最新作『マザーウォーター』からは
    かき揚げ、じゃがいものチーズグラタン、
    そら豆とベーコン炒め、
    うずら豆煮、ビフカツサンド、
    などなど
    心あたたまる65品が
    飯島さん自らが撮った綺麗な写真と
    ちょっとした映画の裏話を含むエッセイと共に
    オールカラーで収められています(^_^)



    眺めているだけで
    映画のシーンがリアルに浮かんでニンマリ(^^)


    彼女の書く文章やレシピは
    料理に対する愛情が溢れていて
    きどったところが全くないので
    誰もが共感得られるだろうし、
    分かりやすくて
    簡単に作れるものばかりなので
    料理が得意でない人にもオススメです♪



    大型本なので
    台所で見開いて使うにもピッタリだし
    映画と料理が好きなら是非是非♪

  • 数年前、親友と東京で会った時に、
    ふらり、とある映画を観た。
    本当になんとなく、ただ映画館のポスターを見た時に、
    私も彼女も「これはお互いのツボにはまる映画だ」と
    びびっときてしまったからであった。

    果たしてその映画は「ツボ」な映画で、
    見終わって二人は大満足、おまけに大変お腹が
    空いてしまい、その映画館近くの店に飛び込んで、
    電車の時間を心配しつつも仲良く食事をした想い出が
    ある。

    その映画が「めがね」だった。
    海辺の美しさや皆がやる不思議な体操も
    忘れ難いが
    そこに出てくる宿屋のユージさんの作る食事の美味しそうなこと。

    あのちらし寿司のお弁当を作りたくて
    この本を買った。
    そして昨年の母の誕生日に、
    ついにこのちらし寿司を作った。
    料理が得意な母は、あれやこれや言ったが、
    その後、ちゃっかりこの酢飯の配合を
    メモしていたのを私は知っている。

    飯島さんは、ただ映画に出てくる小道具を
    作っているのではない、
    彼女の料理が登場する映画を見た人達が、
    観終えた後、今度はその人達自身が愛する人達と
    新たな物語を生み出す力を与えてくれる、
    そんな料理を作っていると思う。

    映画は、「めがね」と「かもめ食堂」しか
    まだ観ていないが、
    「プール」と「マザーウォーター」も
    見たくなった。

  • 飯島奈美さん好きなら必読です。奈美さんの写真や、映画のエピソードなども載ってます。

  • ≪内容≫
    飯島奈美が携わってきた「かもめ食堂」「メガネ」「プール」「マザーウォーター」で制作した65品のレシピ本。

    ≪感想≫
    『シネマ食堂』よりも(彼女が携わった映画のレシピなので当然だろうが)飯島奈美らしさが良く出ていて、どれも美味しそうで良かった。そんなに凝った難しい料理ではなく、卵焼きのような基本的なものも沢山載っているのが嬉しい。レモン酢豚(p.79)は実際に作ってもとても美味しく、自分の中の酢豚レシピが増えただけでも嬉しかった。

  • レシピだけでなく、飯島さんの文章がとても良いのです。

    また映画が見たくなります。

  • 目で楽しみ、味で楽しみ。
    読むたび、作るたびにワクワクする本。
    最近、料理にまたハマり始めた。
    生活に目を向けられているという、心穏やかな証拠。

  • 飯島さんの料理を初めて知ったのは「かもめ食堂」。それ以来、ドラマや映画でフードスタイリストのクレジットをチェックするようになった。

    映像でも写真でも、飯島さんの料理はとても魅力的。全く手の込んでない料理(失礼)でも目を奪われます。そして少し載っている文章に飯島さんのお人柄が表れてて、お腹は満たされないけど、なんだか飯島さんの料理をご馳走になったようにほっこりします。

  • 最近シナモンロールにはまっている。レシピや美味しそうなお店を検索したら「かもめ食堂を見て、お約束なシナモンロール」ってブログ写真を目にした。図書館にあった「かもめ食堂」をはじめ数々の作品手掛けたフードスタイリスト飯島奈美さんの本。だけど失敗した。映画を見てからにすれば良かった。どれも美味しそうな料理とともに映画のエピソードが入っててすごく引かれる一方でネタバレを見たくなくて料理だけを眺める。料理好きな彼女の、母親と台所の思い出エピソードも素敵、映画見てから絶対また借りてシナモンロール作る

  • ★2015/12/8読了。

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。フードスタイリスト。テレビCMを中心に広告、映画などで幅広く活躍中。2005年の映画『かもめ食堂』参加をきっかけに、映画やテレビドラマのフードスタイリングも手がけるようになり、映画『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン』『めがね』『南極料理人』『海街diary』『真実』、ドラマ・映画『深夜食堂』、連続テレビ小説「ごちそうさん」、ドラマ「カルテット」といった話題作を担当。『LIFE』『深夜食堂の料理帖』(共著)『おいしい世界の台所』『ワインがおいしいフレンチごはん』(共著)など著書多数。

「2020年 『沢村貞子の献立 料理・飯島奈美』 で使われていた紹介文から引用しています。」

飯島奈美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
飯島奈美
伊藤まさこ
有効な右矢印 無効な右矢印

飯島風を本棚に登録しているひと

ツイートする
×