eatlip gift  COOK BOOK for COOKING PEOPLE

著者 :
制作 : 長島 有里枝撮影 
  • マガジンハウス
3.86
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838722211

作品紹介・あらすじ

香りと味を楽しめるグリーンオリーブの鶏檸檬煮込み。やさしい甘みに癒される玉葱のスープ。目にも鮮やかなクール野菜のテリーヌ。食欲をかきたてる味わい深いパエリヤ。滋味溢れるカリフラワーのおかゆ。家に伝わる押型ちらし寿司も。写真家・長島有里枝さんが撮り下ろす、豊かな食の風景。"eat"+"lip"食べる、口から始まり、人を豊かにする。食の可能性を伝える「eatrip」を主宰するフードディレクター・野村友里さんが提案するジャンルにとらわれないおもてなし料理の数々。すべての人に贈る、珠玉のおいしい57レシピ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画eatrip監督である、フードディレクター野村友里さんのレシピ本。
    前半で料理を写真集のように見せていき、
    後半文字のみでレシピを紹介している。
    色彩と言葉、ふたつの感覚で味への想像を掻き立てる一冊。

  • この本の写真はちょっとよりすぎていたり、イメージ的な要素が強すぎて料理本としては訴求力に欠けるけど、でもこの方の料理は美味い。料理の見た目もすごい魅力的。食べる前に見てるのも楽しい、そんな料理をつくりだす人だな〜と尊敬。
    なので、もっとその辺に特化した本にしてほしかった、なあ。
    ブログは本当に素敵。

  • ビジュアル本。
    良いのですが、本のサイズの割に写真が大きすぎるページが多く、
    一体何を見ているのかわからなくなる。
    そこが個人的には好きじゃないかなぁ。

    このビジュアルは好きだけど、
    これを見て料理を作りたい気持ちにはならない。

  • 写真が、料理のおいしさというよりも、雰囲気や面白さを中心にしてあるので、実用的な料理本ではない。
    クッキングアートブック、のような、それにしては、物足りないような。

  • 写真とスタイリングのセンスの良さにうなってしまう一冊。
    渇いたようなざらっとした質感がお料理本としては異色かつ新鮮。女性の好む可愛さよりも、クールでオトコマエな感じがおしゃれです。
    キッチンの棚に飾っておきたい!
    お母様譲りの美味しさにご本人のスパイスが感じられるレシピは
    不思議とどこか懐かしさも。
    試してみたいものがたくさんありました。(Y)

  • 素敵な写真の数々。
    雰囲気がとても好きです。
    レシピ全部作ってみたいな!

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

料理人。フードクリエイティヴチーム「eatrip」主宰。原宿にある「restaurant eatrip」オーナー。お店以外にも、ケータリングフードの演出や料理教室、雑誌の連載やラジオ出演を通し、食の可能性を伝えている。映画『eatrip』では監督を務め、日本の食の行方や問題点を捉える。野村がキッチン経験もあるカリフォルニアの名店「Chez Panisse」のシェフとともに、食とアートの体験イベントも開催するなど、海外の食文化との交流も積極的に行っている。

「2018年 『Tokyo Eatrip』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野村友里の作品

eatlip gift  COOK BOOK for COOKING PEOPLEを本棚に登録しているひと

ツイートする