茶味空間。 茶で読み解くニッポン (CASA BOOKS)

著者 :
  • マガジンハウス
3.70
  • (4)
  • (12)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 110
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838724499

作品紹介・あらすじ

雑誌『カーサ ブルータス』の人気連載が待望の書籍化。利休の末裔、現代茶の湯の若き牽引者による、目からうろこの日本文化解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 武者小路千家家元後嗣千宗屋が、茶の湯、日本文化、美術、宗教に関わるキーボードを印象的なビジュアルと共に読み解いたエッセイ集。
    千利休のDNAを感じさせる審美眼と博識が、美しい日本語と鮮明な写真で表現されており、茶の湯の精神が特別で非日常的な世界ではなく、日々の生活に豊かさを与えてくれるものであることを教えてくれる。

  • ここのところちょっと関心のある千宗屋さん。相変わらずの博識ぶりに美しい写真の数々。もっと大判で出すべき本だと思う。銀閣や美術館に足を運びたくなりました。

  • <閲覧スタッフより>
    この本はいわゆる茶道のおけいこの本ではありません。芸術や文化を武者小路千家次期家元が語ったものです。日本画や茶道具、食文化から海外の文化・芸術まで、お茶を通して読み解けば、ニッポンを読み解くことができるのです。
    --------------------------------------
    所在記号:791.04||セン
    資料番号:20100350
    --------------------------------------

  • 現代美術と茶道には共通点が多い、か。なるほど言い得て妙。お茶以外にも仏教や日本美術の貴重な品が写真となって掲載されていて目にも福。私も大好きなルーシーリーの作品をお茶碗に見立てたしつらえ、末富の吹き寄せの干菓子、火災から燃え残ったのを軸装した、青地に銀色の文字の写経が特に印象的。

  • p.161縺ョ縲後?主商莠玖ィ倥?上?縺ェ縺九↓縲檎ィス蜿、辣ァ莉翫?阪→縺?≧險?闡峨′蜃コ縺ヲ縺阪∪縺吶?ゅ?後>縺ォ縺励∴繧堤怐縺ソ縺ヲ縲∽サ翫↓辣ァ繧峨☆縲阪?√▽縺セ繧翫?∵?縺九i莨昴o繧句梛繧?イセ逾槭r蟄ヲ縺ウ縲∽サ翫?閾ェ蛻?↓逶ク辣ァ繧峨☆縲√ヵ繧」繝シ繝峨ヰ繝?け縺吶k縺ィ縺?≧縺薙→縺?遞ス蜿、窶昴↑縺ョ縺ァ縺吶?ゅ?阪▲縺ヲ縺ョ縺悟魂雎。逧?□縺」縺溘?ゅ%縺ョ譁ケ縺ョ闡嶺ス懊?縺昴%縺昴%隱ュ繧薙〒縺?※縲∬幻驕薙〒縺ッ縺ェ縺剰幻縺ョ貉ッ縺ィ縺?≧縺ィ縺薙m縺ィ縺九?∝茜莨代r闌カ閨悶→縺励※縺ァ縺ッ縺ェ縺上?∵帆豐サ荳翫?繝輔ぅ繧ッ繧オ繝シ繧??コ縺ョ蝠?ココ縺ィ縺励※縺ョ髱「縺ォ繧ょ?繧貞ス薙※繧九→縺薙m縺ィ縺九′縲∝?倶ココ逧?↓縺ィ縺ヲ繧りウ帛酔縺ァ縺阪k縲ゅ◎縺?>縺医?縲∝、ァ豐ウ繝峨Λ繝槭?檎悄逕ー荳ク縲阪〒繧ょ膚莠コ縺ィ縺励※縺ョ驛ィ蛻?′縺?▽繧ゆサ・荳翫↓蠑キ隱ソ縺輔l縺溷鴻蛻ゥ莨代□縺」縺滓ー励′縺吶k繧薙□縺代←縲∬ソ大ケエ縺ョ遐皮ゥカ縺ョ謌先棡縺?縺」縺溘j縺吶k縺ョ縺九@繧峨?

  • 武者小路千家の15代目が、茶の湯にとどまらず日本文化に関する様々なキーワードを取り上げ、その背景を語る。

  • 最後には、杉本さんとの対談も。いいベンキョーになった。お茶って、とっても、面白いなぁ、と前から思っていたけど、ほんと、その通りだな、と思う。(13/6/5)

  • テレビで千宗屋さんを見て、本を購読。茶にまつわることを本人の見解も含めて語っています。印象に残ったのは、「わび・さび」についての話。今まで自分が持っていたわび・さびのイメージが変わりました。

  • お茶を習ってみたい。

  • 『カーサ ブルータス』2007年7月号〜2012年1月号に掲載された「茶味空間。」が元になっています。「好みと写しーオリジナリティとコピーへの視線」において、「形」を重視する日本の価値観を指摘しています。「好み」とは「形」に宿る精神の継承を「写し」を通じて行なうことである。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1975年京都生まれ。武者小路千家一五代家元後嗣。明治学院大学非常勤講師(日本美術史)、慶應義塾大学総合政策学部特別招聘教授。2001年、慶應義塾大学大学院修士課程修了。2003年、後嗣号「宗屋」を襲名。同年大徳寺にて得度、「随縁斎」の斎号を受ける。領域を限定しない学際的な交流の中で、茶の湯の文化の考察と実践の深化を試み、国内外を問わず活動。著書に『茶 利休と今をつなぐ』(新潮社)など、近著にインスタグラムの投稿をまとめた『茶のある暮らし 千宗屋のインスタ歳時記』(講談社)がある。

「2022年 『千 宗屋の和菓子十二か月』 で使われていた紹介文から引用しています。」

千宗屋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×