きょうの猫村さん 6

著者 :
  • マガジンハウス
4.18
  • (59)
  • (59)
  • (32)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 481
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838724888

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 緊張してお耳ぺったんこな猫村さんっ♡
    あの猫たちのお耳ぺったんこな瞬間大好き!
    猫村さんはネコが大好きな人たちが猫に対して
    たまらないポイントをいちいちついてくれるから
    本を片手にふにゃふにゃになっちゃう♡

    ご主人様と言わずに「ご主人~」なところも
    庶民的な猫村さんの雰囲気が出てていいなぁ。

    コマちゃんと猫村さんのコンビも大好きだから
    2人のシーンも増えてうれしい♪
    "猫が一生懸命茶道をしてるのを見る"。
    いい!!ほんとこみ上げる!!!猫村さん茶道してー♡

  • 今回も最高でした!
    「ねこするの」がツボ!

  • 相変わらず猫村さんの仕草が可愛くて癒される。
    いくつかの物語が同時進行しているが、どれも内容が散らばらないので、前巻発行から期間が開いていても読んでいるうちに流れを思い出せる。
    笑えて感動して、そしてちょっとしんみりする。今回もそんな風に、まったりとした雰囲気で次巻へと続く。

  • 5巻までは、ククククッと笑える話ばかりだったのに、

    ここにきて青春&セツナさ&感動とは!

    ピチ夫くんをバックにつけてる強が、
    どういう経緯でピチ夫を手に入れたかの場面。

    うぅ、セツナイ。

    猫村さん、電柱にのぼったはいいが、
    降りるのが苦手で
    ちょっとずつちょっとずつ・・と
    プルプルしてる姿が可愛すぎ。

  • 何に惹かれて読み続けているのか、
    いまだによくわからない。

    この、いつの時代なのかわからない背景の設定?
    妙に気になる人物群?
    もちろん、違和感のない?主人公の猫?
    と、さらっと描かれていて実は巧みな絵?

    癖になるマンガです。

  • あぁ、猫村さん欲しい(..)

  • 猫村さんてほんとうにおかしくて可愛らしい

  • 猫村さん、相変わらずマイペース。ぼっちゃんの思い出が可愛い。

  • やっぱりぼっちゃんとの思い出を振り返る猫村さんが一番かわいいんだなあ・・・
    コマちゃんとのやりとりもかわいいけど・・・
    「安心してください、たとえどんなに醜いものがからまっても あなたの美しさは損なわれない(CV石田彰)」

  • 最初ほどの感激はないものの、ねこむらさん可愛いなーとゆるゆる読みました。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年生まれ。関西在住。2003年7月より、「きょうの猫村さん」をネット上で連載。2005年7月に初の単行本『きょうの猫村さん 1』を出版し、日本中の老若男女を虜に。2015年には『逢沢りく』で手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。著書に『きょうの猫村さん』『カーサの猫村さん』シリーズのほか、『僕とポーク』『山とそば』『B&D』がある。

「2017年 『2018年「きょうの猫村さん」卓上カレンダー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

きょうの猫村さん 6のその他の作品

ほしよりこの作品

きょうの猫村さん 6を本棚に登録しているひと

ツイートする