100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート

著者 :
  • マガジンハウス
3.85
  • (86)
  • (108)
  • (103)
  • (13)
  • (1)
  • 本棚登録 :1531
  • レビュー :113
  • Amazon.co.jp ・本 (419ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838724932

作品紹介・あらすじ

『暮しの手帖』編集長、松浦弥太郎が自分の基本として書き出し普段から意識している100の項目。『100の基本』は、自分を知るために、自分について考えるために、自分を整理するために、自分の成長のために、自分の学びのために、そして自分らしくいるために、しっかりと身につけておきたい基本の心がけ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても良かったです。
    定期的に読み返して、基本に帰れるようにしたいと思います。
    私の100の基本も、作っていきたいと思います。

  • 意識して行うことが大切である
    個人の気づきとしては共感できるところが多かった
    後半の仕事の取り決めは変だ
    みうしなってることが多くないか

  • 私の中の、「もっと素敵になりたい」良い子ぶりっこ病が
    騒いでいる時、こう言う本を手に取ってしまうのだ。

    ふーむ、なるほどと思う項目もあるけれど、

    だんだんだんだん叱られているような気持ちに…

    私、「風の谷のナウシカ」見ていると
    ナウシカの清らかさ、正直さ、健気さ諸々に
    ずっと説教されているようで辛いんだ。

    そんな訳で、松浦弥太郎さんのことは『男ナウシカ』と
    あだ名をつけさせていただいた。

    これが全部出来ている人がいたら
    なんだか気持ち悪いし、

    これを全部やろうとしたら病気になる、と思います。

    ほどほどに…

  • 松浦弥太郎さんの本2冊目。大変良かった。

    『LIFE SHIFT』と同じ時期に読んだのだけど、LIFE SHIFTで言う「活力資産」、健康であるとか、バランスの取れた生活であるとか、人間関係であるとか、そうしたものから得られる安定した感情であるとか、そういったものを日々の中で大切にしていくための具体的な生活レベルの言葉に落とし込むとこういうことになるんだろうなと思った。

  • 表紙がトレーシングペーパーっぽいところが素敵。内容もシンプルで読みやすそうです。

  • 私のベーシックはなんだろう。手元に置いて何度も読み返したい1冊。

  • 前半の「100の基本」は、著者が自分の基本として普段から意識している100の項目、後半の「100の基本」は著者が経営する書店『COW BOOKS』のスタッフと共有している100のルール。自分を整理し、成長させ、自分らしくいるために身につけておきたい基本の心がけを綴る。

    最近著者のエッセイを読み漁っているので、他のエッセイと重複する部分もあって若干飽きてしまった感は否めない。しかしこういった自分だけのルールを持つのは、自分を戒め、めりはりのある生活を送るのには良いと思う。


    印象に残ったことば

    友だちをつくる力。
    「友だちをつくる力とは、相手の『いいところ』を見つける力。いいところを見つけて相手に伝えれば、友だちになれます。人にもものにも出来事にも、いいところを見つける力があれば幸せになれます。」

    心のこもったおいしいものを食べる。
    「おいしいものとは、高級料理ではありません。心を込めてつくられたものこそ、おいしいと思います。世の中にはあらゆる食べ物があり、放っておくとなんでもありになってしまいます。その中で自分がつくったもの、家族がつくったもの、ていねいにつくられたお店のものを選ぶ努力が必要です。」

    味方が欲しければ敵をつくれ。
    「本当の自分の味方が欲しければ、きちんと自分の意見を述べるべきです。それに対して『支持できる』と思ってくれる人、『そんなの全然違う』と思う人が出てきます。全員に支持されるなど、あり得ないのですから。そこで支持してくれた人と関係を深めていくのが、コミュニケーションの本来の姿ではないでしょうか。意見を曖昧にしてふらふらしている人は、敵をつくらないかわりに味方もいない、八方美人になってしまいます。」

    愛するとは相手を生かすこと。愛し合うとは生かし合うこと。
    「愛するとは、自分との関係の中で相手の翼をのびのびと広げさせてあげること。相手が可能性という翼で遠くまで飛べるようにしてあげることです。」

    スタッフ、お客様、まわりの方々、目に入るすべての人への思いやりを。
    「あらゆることに関心を持ち、無関心を遠ざけましょう。そうすれば変化に気づきます。変化に気づけば、思いやりが生まれます。思いやりとは、相手が何を考え、何を感じているかを知ることです。それを自分の仕事の糧にしていきましょう。」

  • いつも手元に置きたい本。

  • リスト化してみる、というアイデアがおもしろいと思いました。

    自分でも「100の基本」を作ってみようと思います。

  • 「絶対」「普通」という言葉を使わない。絶対などないし、万人にとっての普通もまた、存在しません。
    「お金がない」「時間がない」と言わない。限られたお金や時間でものごとを進めるのは、自分の責任です。不足の原因は、自分の生活態度にあるのかもしれません。それなのに「社会のせい、世の中のせい」と責任転嫁をしていたら、いつまでたっても足りないままでしょう。
    いつもバランスを整える。
    もっと良くするにはどうしたらいいかの工夫を続ける。「まだまだ良くできる」と考え抜き、できる限りのことを行動に移す。
    身の回りにひとつ増やしたら、ひとつ減らす。
    自分がどう生きていくかは、どう時間とつきあうかと通じています。
    自分の働き方をお客様に見てもらう気持ちで働く。「常に見られている」という意識があれば、背筋も自然に伸びるはずです。
    今日のことをていねいに、先のこともぬかりなく
    こんなふうになりたいという個人的な目標、夢を持つ。
    いつも、素直、初々しさを心がけて働くこと。
    常に「自分はCOUBOOKSの人間だ」という自覚を忘れてはいけません。「自分のことは誰も知らない」と思っていても、どこかで誰かしら見ています。
    所作は常に美しく、ていねいに。「いつも見られている」という意識を持ち、「どうやったらより美しくみえるだろうか」と考えることが大切。
    どんなに忙しくても、不機嫌になって仕事をしない。誰にでも事情はあります。体調、気分の波、私生活のあれこれ。忙しすぎて余裕がなくなることも珍しくはありません。だけど、それはそれ。仕事に持ち込まない。
    何事にも想像力を働かせること。
    目の前のことの先のその先まで想像力を働かせて、よく考えること。
    準備と段取りをできる限り入念にすること。仕事のほとんどは準備で終わる。
    何事も私物化しない。すべて共有していることを忘れない。

全113件中 1 - 10件を表示

100の基本 松浦弥太郎のベーシックノートのその他の作品

松浦弥太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョン・キム
佐々木 圭一
村上 春樹
ジャレド・ダイア...
村上 春樹
村上 春樹
佐藤雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印

100の基本 松浦弥太郎のベーシックノートに関連するまとめ

100の基本 松浦弥太郎のベーシックノートを本棚に登録しているひと

ツイートする