100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート

著者 :
  • マガジンハウス
3.85
  • (93)
  • (114)
  • (111)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 1701
レビュー : 122
  • Amazon.co.jp ・本 (419ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838724932

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分の中にある小さなルールに目を向けるきっかけをくれた一冊。
    今までのルールを可視化するとともに、新たな指標も作っていきたいと思いました。

  • すこし見直してみるきっかけになるかもしれません。

  • 絶対、普通、は言わない。

  • 読みながら、ふと背筋が伸びる、そんな本。

    自分にとって、当たり前と思うことや苦言ともなる厳しいことも書いてあるけど、いいな、素敵だなって思える気持ちいい本。
    時々取り出してきて読み返したいと思います。

  • とても簡単で、とても分かりやすい。
    松浦弥太郎氏の持つ愛が伝わる本でした。
    私の100の基本も作らなきゃ!

  • さらっと読めて、自分の気になるところを覚えておく。また数年後に読んでみたい本。多分読み方や気になる部分が変わってくるのだろうなあ。

  • 軽くさっとページをめくり、響く言葉を噛み締める。

  • すばらしい。松浦さんの100だけでいいかと思ったけどそんなことなかった。

  • すべては自分の責任
    シンプルプラン すべきことは最小限
    壊さない、破らない
    育てる、守る、続ける
    挨拶する
    経験、体験に自己投資
    毎晩復習
    呼吸法
    最高と最低を知る
    悪口をいわない
    トイレをきれいにする
    週に一回掃除する

  • 共感出来るところ、出来ないところ、参考にしたいところなどありましたが、私も自分の100の基本を作りたいな、と思いました。
    自分の中にぶれないものを持ちたい、目標や夢とすることを常に掲げていたいと感じました。

全122件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。エッセイスト。渡米後、アメリカの書店文化に触れ、日本におけるセレクトブックストアの先駆けとして「COW BOOKS」を立ち上げる。2005年から2014年まで『暮しの手帖』の編集長。その後、「くらしのきほん」を立ち上げ、株式会社おいしい健康・共同CEOに就任。「くらしのきほん」主宰。著書多数。執筆活動の他、クリエイティブ・ディレクターとしても活躍。

「2019年 『くらしのきほん 100の実践』 で使われていた紹介文から引用しています。」

100の基本 松浦弥太郎のベーシックノートのその他の作品

松浦弥太郎の作品

ツイートする