100の基本 松浦弥太郎のベーシックノート

著者 :
  • マガジンハウス
3.85
  • (93)
  • (114)
  • (111)
  • (15)
  • (1)
本棚登録 : 1702
レビュー : 122
  • Amazon.co.jp ・本 (419ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838724932

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • プレゼントに最適。
    心が洗われる文体も素晴らしい。

  • 松浦弥太郎の100の基本と、カウブックスの100の基本。あなたの100の基本の欄もあります。

  • 自分の心にすっと入ってくる言葉がたくさんありました。考えさせられる言葉が並んでいます。ボク自身も100の基本をつくって、自分がぶれないような材料にしていこうかなぁ。。。

    ステキな一冊!

  • この基本は、松浦氏およびCOW BOOKSにとっての基本である。しかし、私自身共感できた点もあった。

  • 一日一ページ読んでみるか。

  • はっ!と、するんだな。いつも。

  • 母娘そろって松浦弥太郎さんのファン。カウブックス中目黒店にたまに行くと、いつも店員さんの接客が気持ちいいな〜と思う。
    この歳では今更堂々と口に出せないけど、本当は大事にしたいなー、と思うことはいろいろある。そう思うことばかり書かれている。

  • 仕事で悩んだとき、人生や人間関係に悩んだとき、
    いつでも初心に戻ろうと思ったときにも必ず読んでいます。
    基本の軸に自分を重ねていつも穏やかな自分でありたい。

  • 仕事や日常生活において大切にした100のこと。
    毎朝、気分でページを開いている。
    自分の気持ちに沿えばそれを実践する。
    いつもの1日より丁寧に過ごせる気がする。

    自分の100の基本はまだ作成途中。

  • 特に印象に残った言葉。
    「100冊の本を読むよりも良い本を100回読む」
    「100人の友人と付き合うよりも、本当に信頼できる友人と100回会う」
    「普通、絶対と言う言葉を使わない」
    「それは人の幸せにつながるか?と、自問する」

    私もオリジナルの100の基本を作って、部屋の壁に貼って、一日一度確認しようと思った。

    まわりの人と、どれが出来てるか?とかどれが印象に残ったか?とか、話し合うと、その人のこと、自分のこと、新たな発見があると思います。

全122件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。エッセイスト。渡米後、アメリカの書店文化に触れ、日本におけるセレクトブックストアの先駆けとして「COW BOOKS」を立ち上げる。2005年から2014年まで『暮しの手帖』の編集長。その後、「くらしのきほん」を立ち上げ、株式会社おいしい健康・共同CEOに就任。「くらしのきほん」主宰。著書多数。執筆活動の他、クリエイティブ・ディレクターとしても活躍。

「2019年 『くらしのきほん 100の実践』 で使われていた紹介文から引用しています。」

100の基本 松浦弥太郎のベーシックノートのその他の作品

松浦弥太郎の作品

ツイートする