21世紀の英会話

著者 :
  • マガジンハウス
3.41
  • (8)
  • (19)
  • (33)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 182
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838725823

作品紹介・あらすじ

グローバル化時代に欠かせない英会話。それなのになぜ、日本人はいつまでたっても英語が話せないのか? 世界を仕事場にする高城剛が、日本人の英会話力が低い原因を探っていく中で辿り着いた、最も効率的で最もコストのかからない学習法とは? ①オンラインスクールで英語の基礎を作り②フィリピン留学で集中的に英語漬けになる。お金をかけずに気軽に、しかも最短で英語をマスターする超実践的学習メソッド。チーム高城が実際に現地取材した「セブ島英会話学校の辛口ランキング」付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <メモ>
    ・日本語と英語の言語間距離は遠い
    日本人が習得しやすい言語(難易度1~4)
    1 インドネシア、スワヒリ、マレーシア、韓国
    2 中国、スペイン
    3 英語
    4 ロシア、ポーランド、チェコ、アラビア
    2006大学書林国際語学アカデミー調べ

    ・スカイプ用のフリー録音ソフトTapur

    ・オンライン英会話に向いてる人…初級~中級、格安希望、忙しい人
    逆に高いビジネスレベルの英語やプレゼン能力を磨きたい人は留学の方が◎

    ・講師選びの基準…大学で英語教育学を専攻もしくは英語教育の資格(CELTA,DELTA,TESOL)とキャリア歴

    ・オンライン英会話スクール選び…目的とペース

    ・お勧めの英語学習法
    自分の興味ある分野の雑誌やサイトを読み込む、広告や子供向け映画の英単語は最低限理解

  • 英語学習についてはオンライン英会話及びフィリピン留学を勧めています。

    要は語学を覚えるには環境が必要だ、という話です。

    確かに留学して英語漬けの生活になれば習得は早いでしょうね。

  • 沢尻エリカさんと結婚していたことで知られるハイパーメディアクリエイター高城剛さんが日本人の英語力を憂い、英語力を上げるためのフィリピン留学やオンライン英会話に関して自費で調査して書いた書籍。
    前半は日本人の英語力の低さと韓国人の英語力の高さを歴史を含めて比較して伝えている。
    後半はオンライン英会話とフィリピン留学に関する具体的な学校名を含んだレビュー。
    個人的に気になったのはカランメソッドという英語の問に対し、すぐに英語で返すというメソッド。
    通常の4分の1のスピードで学習が可能とのことなので今後注目してみようと思う。
    フィリピン留学に興味があり具体的に動く人には情報満載の良い本。

  • たしかにSkypeでの英会話はすごく良い。

  • 150621

  • この本を読んだことがきっかけで、セブ島のQQ Englishに2週間短期留学。短期間とは言え、学習効果を実感。
    また、帰国してからは時々Skypeで学習継続中。
    本を読んで悩んでいるなら、書を捨て旅にでよう。と今なら自信を持って言える。

  • インターネット英会話とセブ留学。流行っているから興味あって読んだけど、やっぱり私は興味ないや。ご本人も書いているけれど企業で働く人間だからニーズがちょっと違う気がする。

  • 読了

  • 英語話せるようになりたいなぁと思って結局いつも中途半端にしか勉強出来てない。オンライン英会話始めたい。

  • フィリピン留学とオンライン英会話のお話。
    ガンガンやれと。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高城 剛(たかしろ つよし)
1964年東京都葛飾区柴又生まれ。
日本大学芸術学部在学中に、「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。自身も数多くのメディアに登場し、NIKE、NTT、パナソニック、ソニー・プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。2008年より、拠点を欧州へ移し活動。現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。著書に『世界はすでに破綻しているのか?』『空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?』『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ!?』(集英社)、『ヤバいぜっ! デジタル日本』『オーガニック革命』(集英社新書)、『2035年の世界』(PHP研究所)、『人生を変える南の島々』『LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵』(パブラボ)などがある。

「2017年 『不老超寿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

21世紀の英会話のその他の作品

21世紀の英会話 Kindle版 21世紀の英会話 高城剛

高城剛の作品

ツイートする