さようならと言ってなかった わが愛 わが罪

著者 :
  • マガジンハウス
3.69
  • (4)
  • (13)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838727155

作品紹介・あらすじ

辞任以来の沈黙を破る書き下ろし!

都知事就任、五輪招致に邁進する中、
妻は突然の病に倒れ、帰らぬ人となった。

五輪招致成功の秘話、5000万円の真実、
妻と過ごした40余年の日々。

この作家の夫婦愛に泣き、不運さに憤る。
妻という女神を失った時、男はどう生きるか。
ーーーー林真理子


駆け落ち同然で結婚し、作家デビューまでの生活を支え、
公務も共にこなしてくれた、かけがえのない妻。
二人三脚で共に生きた昭和の時代と、嵐のように過ぎた2013年を、交互に描く。
そして明かされる、五輪招致成功の秘話、5000万円の真実、アマチュア政治家の意味……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 涙なくしては読めない。

    あの東京五輪誘致の舞台裏での猪瀬家族の闘い。
    この作品は、猪瀬さんの奥様•ゆり子さんへのレクイエムであり、“素人政治家”の反省文でもあるんだろう。

    しかし、この作品が私の心を震えさせたのはそこではない。

    猪瀬直樹が生み出してきた作品は何がっても否定出来ない後世に残る名作ばかりだ。
    『天皇の影法師』『昭和16年の敗戦』『ミカドの肖像』などなど。

    この作品はこれらの名作の“行間”が埋まって行くような感覚になるのだ。
    作品に“裏舞台”は必要ないという意見もある。
    きっとそれは正しい。

    しかし、舞台裏が分かって通われる血もある。


    名作の“行間”にゆり子さんがいた。


    作品の中で猪瀬さんは夏目漱石の『こころ』に言及している。
    「『こころ』には生活がない」と。

    この作品は猪瀬直樹という作品に「生活」を流し込む作業だったのではないか。
    結果、猪瀬直樹という人物の“虚像”が晴れていった。

    そうなることを祈る。

  • さすが名作家、淡々とした語りながら引き込まれていく。やはりこの人は作家が合っている。

  • 徳洲会から借りた5000万円の事情について自身はなんと言っているのか知りたかったので読んだ。都知事在任中に亡くなった奥様との思い出、闘病を、進行中の五輪招致と絡めて綴っているので、都政中心ではないが、知りたかったことは読めた。政治家ではなくて作家なんだな、と思った。でも素晴らしい奥様だったというのは発見だった。

  • この人には都知事を続けて欲しかった
    例の話も含め、もっと政治家時代の話も読みたかったが、それはいつか別の機会に期待
    場面の切り替わりもテンポよく読みやすい

  • 事件の真相を知りたい、と夫が図書館で借りたのでついでに私も読んでみました。
    夫が知りたかった徳洲会5000万円事件のことはさらっと触れられるだけにとどまり、ほとんどは奥様との思い出。出会い、苦労し、闘病から亡くなるまでの夫婦愛の物語でした。
    奥様のことは胸を打たれましたし五輪招致の舞台裏などそれなりに興味深く読みましたが、今出版すべき内容だったのか疑問に感じました。
    事件がすっきり解決した感じではなかったのでどうも全体的に言い訳がましく感じ、なんとなく素直に読めないで終わってしまった。

  • 都知事辞任のきっかけになったことよりも奥様のゆり子さんはどんな方だったのかということに興味があって、手に取った本。

    猪瀬さんを支えていたのはこんなに魅力的な女性だったのかとしみじみ実感。

    病が発覚してから脳へのダメージでコミュニケーションがとれなくなるまでがあっという間で、ご家族はもちろんのこと、ゆり子さんも無念だっただろうと思う。

  • 猪瀬直樹元都知事はセミナーなどで二度ほど拝見しました
    とても聡明で決断力のある方であんな形で政治の世界から身を引く形になった事を残念に感じています
    出る杭は打たれるという諺は日本の悪しき習慣でそれを示したような気がします
    ただ彼の本業は作家なので妻ゆり子さんへの鎮魂歌としてこの本を書き上げたことで、私ごときまでスッキリした思いです

  • 猪瀬さんの著作をちゃんと読んでなかったが、読んでみたいと思った。5000万円も受け取らなければ。奥様への思い、来歴も、悲しみにも共感しつつ夫婦睦まじい様子に微笑ましく。

  • 元都知事で2020年五輪招致の主役で成果をあげながらも5000万円事件で奈落におとされたアマチュア政治家猪瀬直樹氏の著書。
    本作は五輪招致で華々しくプレゼンをしていた一方、40年二人三脚で歩いてきた最愛の妻、ゆりこさんに対する鎮魂歌でもある。
    奥様の主治医から余命数ヶ月の一報を知らされながらも職務を全うし多大な成果もあげた。
    それから数カ月後に皮肉にも徳洲会5000万円問題で辞任させられることになった史実。
    メディアで見る限り愛想の無い不器用な作家上がりの政治家という印象だったが、その裏では最愛の人を失う恐怖と闘いながら重大な任務をこなしていた。
    読みながら何度も心が締め付けられる思いになりました。

    5000万円事件の事についても書かれているが、お粗末な認識だったことは否めない。だが、書かれていることは嘘では無いだろうし強く同情してしまった。

    個人的には、
    本来やることを全く解っていない消去法で急遽選ばれた今の都知事よりも、猪瀬さんの方が東京都知事として適任だと思う。作家になんて戻らないで欲しい。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。1946年長野県生まれ。87年『ミカドの肖像』で第18回大宅壮一ノンフィクション賞。2002年6月小泉純一郎首相の下で道路公団民営化委員に就任。07年6月石原慎太郎東京都知事の下で副知事に就任。12年に東京都知事に就任、13年12月辞任。現在、日本文明研究所所長、大阪府市特別顧問。主著に『昭和16年夏の敗戦』『天皇の影法師』(以上、中公文庫)『道路の権力』『道路の決着』(以上、文春文庫)、『猪瀬直樹著作集 日本の近代』(全12巻、小学館)がある。近著に『東京の敵』(角川新書)『民警』(扶桑社)。

「2017年 『黒船の世紀 <外圧>と<世論>の日米開戦秘史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さようならと言ってなかった わが愛 わが罪のその他の作品

猪瀬直樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
又吉 直樹
伊藤 計劃
村田 沙耶香
ウォルター・アイ...
松下 幸之助
ウォルター・アイ...
クリス・アンダー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする