アダルト 上 二階堂ふみがきいた大人の話

著者 :
  • マガジンハウス
3.52
  • (4)
  • (9)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 106
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838727940

作品紹介・あらすじ

女優・二階堂ふみが、十九歳から二十歳の間に出会った魅力的な大人たちとは?

ハマ・オカモト、エリイ、博多大吉、水原希子、椎名林檎、楳図かずお、江口寿史、染谷将太、太賀、

村上虹郎、美保純、ピエール瀧、臼田あさ美、笑福亭鶴瓶 (登場順)       

『POPEYE』の人気連載が1冊に!!



私がお会いできた方々は皆、輝かしいアダルトな部分を持っていながらも、

真っすぐでかっこ良くて、唯一無二の魅力のある方々でした。

この『アダルト』は楽しい対談集であり、

人生の教訓本であり、二階堂ふみの成長記録です。――本文「はじめに」より



★撮り下ろしカラー写真、本誌未掲載写真も収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2016/5/15 19
    こども

  • 幅広い年代の芸能人が対談者となり、これまでを振り返りながら自分の経験や感じたことを話してくれている。この時、二階堂ふみさんの年齢は19〜20歳。若い人に向けた内容かと思っていたが、もうすぐ30歳になる自分が読んでも、そうかぁ、そうだよな、そんな風に感じられるようになるのかな?と面白く読ませてもらうことができた。なにより、二階堂さんの質問力がすごい。そんな質問考えつかなかったなと思うものばかり。
    いろんな考え方があるのだと知る良い一冊だった。

  • 二階堂ふみさんの対談集『アダルト 上 二階堂ふみがきいた大人の話(2015)』を読了。

  • この本をきっかけに好きになった人がたくさんいる

  • 対談相手がほんとセンスいいね

  • 女優二階堂ふみが自分の好きな人とを迎えて対談した、雑誌POPEYEに連載されたものをまとめた本。本書は上巻。
    対談相手は、ハマ・オカモト、エリィ、博多大吉、水原希子、椎名林檎、楳図かずお、江口寿史、染谷将太・太賀、村上虹朗、美保純、ピエール瀧、臼田あさ美、笑福亭鶴瓶と多岐にわたる。インタビュー時が19歳から20歳になる過渡期だったようで、その話題が結構入っていた。下巻のときにも書いたが、単行本化するときには、雑誌掲載時にはカットされたところをボーナストラックとして入れてほしかった。一個一個の対談短すぎで残念。もっと読みたかった~。

  •  気になる女優さんである二階堂ふみさんがインタビュアーになり、大人なみなさまとの対談をまとめた本。この時点では二階堂ふみさんはまだ10代である。
     さて、書き手も対談相手も興味がある人なのに、さっぱり頭に入らないのはなぜだろう。もしや、相手との世間話なのかと途中で気づく。会話であるけれども、相手の懐に入り込んでその人をあきらかにする質問が少ない。
     当たり前だが、対談というかインタビューというのもスキルが必要なのだなぁと感じた。

  • 2016/07/18

  • 二階堂ふみさん、特別ファンってわけでもなかったけど人の話を引き出すのが上手くて素直な感じが可愛いとこの本を読んで思いました。インタビューしてる人もツボをおさえた素敵な人ばかり!鶴瓶さんの結婚のエピソードはかなりよかった。華丸さんの中学のときイケてなくて変なアダ名つけられた話も笑ってしまった(^^ゞ下巻も出てるみたいなので借りてきてみようかな。

  • さくっと読了!

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

二階堂ふみ (FUMI NIKAIDO) 女優。1994年9月21日、沖縄県出身。2009年公開の役所広司監督の『ガマの油』で映画デビュー。12年『ヒミズ』でヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(最優秀新人賞)、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。他の出演作に、映画『悪の教典』『四十九日のレシピ』『ほとりの朔子』『私の男』『この国の空』など。テレビドラマに『Woman』『問題のあるレストラン』、舞台に『八犬伝』『不倫探偵』などがある。16年には映画『蜜のあわれ』『オオカミ少女と黒王子』『ふきげんな過去』『SCOOP!』が公開予定。1月よりフジテレビ系列『ぐるナイ ゴチになります!17』にレギュラー出演。

「2016年 『アダルト 下 大人になった二階堂ふみがきいた話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

二階堂ふみの作品

アダルト 上 二階堂ふみがきいた大人の話を本棚に登録しているひと

ツイートする
×