岡村靖幸 結婚への道

著者 :
  • マガジンハウス
4.20
  • (19)
  • (23)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 189
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784838728183

作品紹介・あらすじ

いつもファッション誌を逸脱しそうなファッション誌「GINZA」で連載中の大人気対談「岡村靖幸 結婚への道」が、ついに書籍になります。「結婚したい、けどどうしたら理想の相手に巡り会えるのか? 結婚したら愛は冷める? 育児ってやっぱり大変?」。「結婚」という大きなステージの前で逡巡しながら、21世紀の青春を悩み謳歌するミュージシャン・岡村靖幸。作家、ミュージ シャン、女優…尊敬する先輩、同輩たちに「実際のところ、結婚ってどんなものなんでしょう? 」と率直な疑問をぶつけます。坂本龍一、横尾忠則、糸井重里、藤井フミヤ、内田也哉子、吉本ばなな…まっすぐでピュアな岡村ちゃんにだけ語っ てくれた、驚くべき「結婚の真実」。豪華ゲスト30人まとめて収録!
緻密なリサーチ(!)をベースに阿川佐和子さんもびっくりの、粘り強く、率直&素っ頓狂な質問の連続 に、「そこまで言って大丈夫ですか?」とこちらが聞きたくなる、本音と秘蔵エピソードが満載の約300ページ。 「結婚」への見方が大きく変わる、揺さぶられること間違いなし。結婚してる人も、してない人も、してた人、しようとしてる人も全国民必読(!?)の結婚バイブルが誕生しました!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結婚は千差万別。人に聞けば聞くほどわからなくなると思うんですが。

  • とにかく面白かった。
    毎晩寝る前に1話ずつ読んでいったが、色々な恋愛や結婚の形があってもそれぞれが他者を思いやる気持ちに溢れていて、また岡村ちゃんへの「結婚のススメ」や「結婚への足止め」など面白い主観が溢れている。

    時々読み返してみることで、自分の価値観をほぐしてくれるような本。
    「結婚とはこうあるべき」みたいな考えになりそうだったらぜひ読んで欲しい。

  • 結婚について色んな人から話を聴いていてそのセレクトの面白さから手にとってみた。一般人ではない特殊ケースかもしれないけど全体としてみた場合は勉強になったかな。

  • とっても面白かったです。結論の出ない不毛な議論ネタではあるけど、一人一人の含蓄ある話に夢中になり一気に読んでしまいました。この企画、ずーっと続けて欲しいです。文字だけでなく、ラジオやライブイベントに展開してくれるといいな、と思ってしまいました。

  • 岡村ちゃんだから読めた!結婚本。やっぱり印象に残ったのは最後の鮎川さんのシーナへの思いかな。

  • 914.6

  • 奇才なミュージシャンの岡村靖幸が「結婚したい」「子供も欲しい」。なのに結婚は出来ない。挙句、「そもそも結婚とは何だ?」と疑問を持つ。まず岡村さんに結婚願望があったことに衝撃を受けた。そして「ジョンレノンとオノヨーコ」の関係に憧れ過ぎていて苦笑。「結婚」についての答えを求め、32人の幅広い分野で活躍されている人々の懐にグイグイと入りこみインタビューをする岡村さん。岡村さん流の婚活だろう。日本は、同性愛結婚、事実婚などを認める戸籍制度の見直しという課題がどうもあるようだ。「結婚」の求道者、岡村靖之に幸多かれ!

  • マイノリティの話はおもしろい。
    ミッツ・マングローブ「結婚について」http://ameblo.jp/mitz-mangrove/archive3-201412.html

    岡村さんは、どんな時に自分の中の報われない想いに気がつくんだろう?
    それにしても、謙虚で勤勉な人だ。

  • まさに同じことが知りたくて読んだ。
    分かったような、分からないような。
    人それぞれなんだなぁっていう月並みな感想は抱いた。

    戸籍制度には反対だけど、って発言が複数から出ていて、まぁそうだよねぇとは思った。
    不幸な、辛い部分はあまり語られず、いかに幸せか、という前向きな話が多いような(当たり前か)

  • 結婚とは、人を好きになって添い遂げようと思うとは、、ということで悩んでしまい、というかそういうの私できなさそう、と思って、本屋でエッセイ集をぐるぐる見ていたがどれも反吐が出そうな感じしかせず、そこで岡村ちゃんの本なら信頼できそうと思って衝動的に買ってしまった


    いろんな人にはなしをききにいっていろんな意見を聞けるのがいい。多様性はだいじ
    結婚とは、といっても、十人十色なんだなあと思った。誰でもわかるじゃんそんなの、と言われそうだけど、頭で理解できても納得ができなかったりするので、納得できるのはだいじだと思った。

    岡村さんは基本結婚できない側に立っていてくれるので優しい
    結婚してしまった人からはした人の意見しか出てこないので

全21件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1965年生まれ、兵庫県出身のシンガーソングライターダンサー。数多くのアーティストの作品に作曲家として 関わった後、1986年、「Out of Blue」でデビュー。ブラックミュージック、ロック、ポップス、歌謡曲等、様々な音楽のエッセンスを吸収、発展させたメロディ、アレンジは、グルー ヴィーであったり、じっくり聴かせるものであったりと自由自在。レコーディングでは、ほぼ全ての楽器を自ら演奏して いる。加えて、青春や恋愛の機微を描いた瑞々しいワン&オンリーな歌詞が唯一無比、圧倒的な支持を得ている。オリジ ナルアルバムを6枚発表。2011年にセルフカヴァーアルバム「エチケット」を2枚同時リリース。ここんとこは、は 年2回のツアーを行いながら、ワクワクする作品を発表している。ニックネームは「岡村ちゃん」。

「2015年 『岡村靖幸 結婚への道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡村靖幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
又吉 直樹
西 加奈子
リンダ グラット...
宮下 奈都
川上 未映子
佐々木 圭一
いとう せいこう
みうら じゅん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

岡村靖幸 結婚への道を本棚に登録しているひと

ツイートする